文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ

岡崎人権啓発活動地域ネットワーク協議会

ここから本文です

「人権の花」運動

平成30年度は碧南市立鷲塚小学校で実施しました。

碧南市立鷲塚小学校

「人権の花運動」は,学校に配布した花の種子,球根等を子どもたちが育てることを通じて,子どもたちに命の大切さを実感してもらい,優しさや思いやりの心を持ってもらうことを目的とした人権啓発活動です。毎年,岡崎ネットワーク協議会の地域において,いずれかの小中学校で実施していますが,平成30年度は,碧南市立鷲塚小学校が取り組むことになりました。

碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

「人権の花集会」

平成30年6月29日,鷲塚小学校の5年生(3クラス112名)が参加して「人権の花」集会が行われました。

集会では,まず,校長先生から,絆の大切さについてと無視は絶対にいけないというお話があり,心の花と人権の花を咲かせることを誓っていただきました。次に人権擁護委員が,人権はお互いに幸せに生きるためのもので,思いやりの心が大切であると話しました。


碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

挨拶する校長先生

碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

人権について話す刈谷人権擁護委員協議会長


また,集会に先立ち,「人が人として生きていくことをみんなが守っていけるような言葉を考えてください」との呼びかけにより,人権標語の募集が行われ,全校児童から計641点の作品が集まりました。そして,集会の中で,優秀な作品を応募してくれた5年生の児童に対して表彰が行われました。また,優秀作品に選ばれた人権標語を「人権の花」を植えるプランターに貼りました。


碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

人権標語優秀作品のうち5年生の作品

碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

人権標語優秀者に対する表彰

碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

プランター


碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

メッセージボード

集会の最後には,名古屋法務局刈谷支局長が「私た ちは一人では生きていけません。私たちの隣には必ず誰かがいます。自分の隣に誰かがいることに気付くこと,そこから思いやりが始まると思います。人権の花運動に取り組みながら,思いやりって何だろう,優しさって何だろうと考えたり話し合ってくれると嬉しいです。」とコメントした後に,「人権の花の取組で感じたことなどをメッセージにして素敵なボードに変身させてください」と児童の代表にメッセージボードを手渡しました。


人権の碧南市立鷲塚小学校人権の花運動花運動
碧南市立鷲塚小学校人権の花運動
碧南市立鷲塚小学校人権の花運動
碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

とても風が強い日でしたが,5年生のみんなが人権擁護委員と一緒に「人権の花」の苗を植えました。そして,みんなで協力して水やりをして,しっかり育てることを約束してもらいました。


碧南市立鷲塚小学校人権の花運動
碧南市立鷲塚小学校人権の花運動

人権の花集会終わり式

平成30年10月25日,人権の花集会(終わり式)が鷲塚小学校の体育館で行われ,全校児童677名が出席しました。

終わり式では,代表児童から人権の花運動の活動報告が行われました。春に5年生が花の苗を植え,みんなで夏の暑い時期に頑張って水をあげたこと,台風で大変だったこと,みんなと協力して取り組んだ時間はとても充実したものだったことなど,上手に発表してくれました。

その後,児童たちが作成した素敵なメッセージボードが名古屋法務局刈谷支局長に返却されました。

続いて,人権擁護委員による人権教室が行われ,人KENまもる君と人KENあゆみちゃん,刈谷協議会長の相棒たまちゃんも体育館まで来てくれました。

「人権の花」運動を通して,思いやりや命を大切にする心をたくさん育てることができました。


人権の花集会終わり式

人権擁護委員の斎藤委員より
校長先生のお話開式の言葉

人権の花集会終わり式

校長先生のお話
人権という言葉の意味について
お話していただきました。

生徒代表から活動報告


人権の花集会終わり式

園芸委員前期委員長及び後期委員長から発表がありました。

「花の手入れなどの作業をしていると,進んで手伝ってくれる子もいて,うれしかったです。

みんなと協力して取り組んだ時間は,とても充実したものになりました。

育てた花は,鷲塚公民館と鷲塚児童クラブへ持っていきました。重くて運ぶのが大変でしたが,『きれいなお花ですね。大切に育てます。ありがとうございました。』と喜んでくださいました。とてもうれしかったです。また,保育園や交番,病院などへも持っていきました。地域の人たちもプランターに書かれた言葉と美しく咲く花を見て,ちょっと立ち止まって,人権について考えてくれていると思います。」と活動の報告をしてくれました。


メッセージボード返却


人権の花集会終わり式

6月29日に行われた人権の花集会において,名古屋法務局刈谷支局長から「人権の花の取組で感じたことなどをメッセージにして素敵なボードに変身させてください。」とお渡ししたメッセージボードは,とても素敵なメッセージボードになって返ってきました。


人権の花集会終わり式

心の花をみんなで咲かせよう!


とても素敵なメッセージボードを作ってくれました。


人権の花集会終わり式

人権の花集会終わり式
人権の花集会終わり式

人KENまもる君
人KENあゆみちゃん
刈谷協議会長の相棒
たまちゃんも鷲塚小学校まで来てくれました。

SOSミニレターについて説明しているところです。


人権の花集会終わり式
人権の花集会終わり式

全校児童による校歌の大合唱 びっくりするほど上手で元気いっぱいの児童に
人KENまもる君,あゆみちゃんもパワーをもらいました。


人権の花集会終わり式

最後にみんなで記念撮影!


人権の花集会終わり式

退場時には,人KENまもる君,あゆみちゃんと全校児童でハイタッチ!


平成29年度は岡崎市立形埜小学校で実施しました。

岡崎市立形埜小学校

6月30日,全校児童が参加して第1回人権集会が行われました。

「人権の花」運動を全校児童に広めるために,事前に全校児童からキャッチフレーズを募集しており,その中から緑化委員会で選んだ作品を,形埜小学校の「人権の花」運動の目標として全校児童で唱和しました。「か」「た」「の」を頭文字に使った作品を募集したところ,感謝や思いやりを大切にする作品が多数集まり,「かんしゃしよう たいせつな人との のどかな毎日」が選ばれました。

人権の花運動

12月15日,第2回人権集会が行われました。

始めに緑化委員長を中心にキャッチフレーズの唱和を行い,続いて,人権にまつわるクイズとゲーム,最後に各学年の誓いと思いが書かれたメッセージシートの贈呈を行いました。

人権の花運動
人権の花運動

2月26日,第3回人権集会が行われました。

各学年で,学年の誓いをもとに1年間の取り組みについて振り返り,話し合う時間を設けました。その後,学年の反省や今後の目標を発表し合い,「人権の花」運動のまとめとしました。

6月と11月に花の苗を植え,緑化委員の児童が水やりや草取り,施肥などの世話をし,夏休みには全校児童で世話を続けた結果,児童の思いやりと優しさを体現したかのような綺麗な花を咲かせてくれました。

育てた花は,校門前,来賓玄関前,児童玄関前などに並べ,全校児童だけでなく,学校を訪れる人の目に触れるようにし,また,形埜保育園や形埜郵便局などの地域の施設に届けて大変喜んでもらいました。

人権の花運動
人権の花運動

児童たちには,感謝と思いやりの気持ちを忘れずに,花のようにすくすくとまっすぐ成長していって欲しいものです・・・!


平成28年度は刈谷市立東刈谷小学校で実施しました。

刈谷市立東刈谷小学校

「人権の花」運動開始式

7月5日(火),東刈谷小学校6年生(4クラス 122名)が参加して「人権の花」運動の開始式が行われました。

開始式では,人権擁護委員が児童にメッセージシートの贈呈及び人権についてのお話をし,各クラスの代表者が「人権の花」運動の取り組みに対する決意表明を行いました。

開始式後,児童たちは,人権擁護委員らとともに元気よく花の苗を植えました。また,全員で児童たちが苗を植えたプランターと一緒に記念撮影をしました。

人権の花運動

「人権の花」運動閉会式

12月19日(月),刈谷市立東刈谷小学校において,同校の6年生が参加して「人権の花」運動の閉会式が行われました。

校長先生,名古屋法務局刈谷支局長及び人権擁護委員から今回の「人権の花」運動についての話があり,児童たちは自分たちの活動を振り返りながら真剣に聞いていました。そして,児童代表から人権擁護委員に児童たちが立派に完成させたメッセージシートが手渡され,支局長から東刈谷小学校に対し,感謝状を贈呈しました。

児童たちは,春に苗植えをし,暑い夏にも水やりを続け,たくさんのきれいな花を咲かせてくれました。児童たちが育てた花は,思いやりの心とともに敬老会に届けられ,たいへん喜んでいただけました。

「人権の花」運動を通じて,東刈谷小学校のみなさんが,思いやりの気持ちを広めてくれたようでした。

人権の花運動

平成27年度は,知立市立八ツ田小学校,高浜市立吉浜小学校で実施しました。

知立市立八ツ田小学校

6月1日(月),全校児童が参加して「人権の花」運動の開始式が開催されました。

この開始式では,同校の栽培委員が「人権の花」運動の目的や活動予定の説明をし,各クラスの代表者が人権目標を発表してくれました。また人権擁護委員から栽培委員に「人権の花運動を通じて感じたことをこのシートいっぱいに表してください。」と言ってメッセージシートを進呈しました。

11月30日(月)には終了式が予定されています。小さな苗を育てることにより,大きな思いやりの気持ちを育んだ同校のみなさんと再会できることを楽しみにしています。

人権の花運動

知立市立八ツ田小学校

平成27年11月30日,八ツ田小学校体育館で,全校児童による人権の花運動の終了式が開催されました。

終了式では代表児童から運動の取組結果や感想が発表され,児童たちの作成した立派なメッセージシートを受け取りました。「人権の花」運動に取り組んでいただいた八ツ田小学校に対し,名古屋法務局刈谷支局長から感謝状を贈呈しました。

「人権の花」運動を通して,八ツ田小学校のみなさんが人権について考え,思いやりの気持ちをより一層広めてくれたようでした。



高浜市立吉浜小学校

6月30日(火),吉浜小学校4年生が参加して「人権の花」運動の開始式が開催されました。人KENまもる君とあゆみちゃんから児童代表にメッセージシートを進呈し,再会を約束しました。

吉浜小学校は,吉浜まちづくり協議会伝統文化グループとタイアップし,菊の栽培をするとともに,栽培した菊を使って菊人形を作成し,11月に開催される菊祭りに出展する予定です。

開始式終了後,児童,吉浜まちづくり協議会の方,高浜市職員及び人権擁護委員とで菊の苗植えを行いました。



高浜市立吉浜小学校

平成27年12月9日,吉浜小学校4年生が参加して「人権の花」運動の終了式が開催されました。

終了式では,児童代表から,人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが,メッセージシートを受け取りました。続いて,名古屋法務局刈谷支局長から,吉浜小学校に対し,感謝状が贈呈されました。

なお,吉浜小学校の児童が育てた菊は,11月に開催された高浜市の菊祭りに,ソーラン節を表現した菊人形として出品されました。



平成26年度は,幸田町立坂崎小学校で実施しました。

幸田町立坂崎小学校

7月7日(月曜),全校児童が参加して「人権の花」運動開始式が開催されました。開始式では,同校の園芸委員による劇「人権の花を育てよう」や,金子みすゞの詩を基にした福祉委員によるクイズ「人権とはなんだろう」が行われ,低学年児童にも運動の趣旨が伝わるように工夫されていました。

また,いじめ問題に対する理解を子どもたちに促すために人権擁護委員が寸劇「いっちゃんごめんね」を行ったところ,開始式の締めくくりとして,歌手の加藤登紀子さん作詞作曲の幸田町イメージソング「ハッピーランド」を全校生徒で合唱してくれました。

元気いっぱいの劇「人権の花を育てよう」


小さな子どもたちにも分かりやすいクイズ「人権とはなんだろう」
みんなは,「赤帽子」,「白帽子」,「帽子なし」で答えよう!


退場時には,人KENまもる君,あゆみちゃん,人権擁護委員とハイタッチ!


10月20日(月曜),人権擁護委員が参加する中、全校児童による「人権の花」運動終了式が開催されました。

終了式では,坂崎小学校の福祉委員による秋花壇コンクールの表彰,同校の園芸委員による劇「育てた人権の花のプレゼント」が行われました。児童が育てた人権の花は,家族や敬老会でお年寄りにプレゼントしたり,地域の施設にも届けられ,大変喜ばれたそうです。

また,人権について考えてもらうために人権擁護委員による「人権クイズ」を行いました。

「人権の花」運動を通して,思いやりの心,命を大切にする心をいっぱい育てることができ,人権の輪が学校全体に広がっていました。

人権の花運動

福祉委員,園芸委員のみんなと記念撮影!!



平成25年度は、碧南市立鷲塚小学校及び西尾市立荻原小学校で実施しました。

碧南市立鷲塚小学校

6月28日(金曜)、5年生の児童が参加して、「人権の花」運動の開始式が開催されました。この集会では、事前に全校児童が参加した「人権標語コンクール」の表彰式も行われ、優秀賞を受賞した児童代表に表彰状が贈られました。これらの優秀賞受賞作品は、「人権の花」運動に使用するプランターに貼られています。

また、人KENまもる君とあゆみちゃんが、メッセージシートを児童に進呈し、10月の再会を約束しました。

式の後、児童、人権擁護委員等全員で、プランターとメイン花壇に、サルビアとマリーゴールドの花苗を植えました。

みんなで心を込めて植えたから、きっと、きれいな花が咲きそろうことでしょう。


平成25年10月22日(火曜)、人権の花運動の終了式が体育館で行われました。

式には、運動に参加した5年生児童126人全員が出席し、代表児童から運動の取組結果が上手に披露された後、児童たちの作成による立派なメッセージシートが人KENまもる君とあゆみちゃんに贈呈されました。

続いて、名古屋法務局刈谷支局長から鷲塚小学校に対し、「人権の花」運動に取り組んでいただいた感謝状を贈呈しました。

児童たちは、春の種まきからこの運動に取り組み、暑い夏の水やりを頑張って、秋にたくさんのきれいな花を咲かせてくれました。

本当にありがとうございました!!

人権の花運動の様子-1
人権の花運動の様子-2


西尾市立荻原小学校

6月28日(金曜)、全校児童が参加して、「人権の花」運動の開始式が開催されました。

舞台に飾られているマリーゴールドとサルビアの鉢は、事前に行われた「プランターづくり」で全校児童が植えたものです。「プランターづくり」には、人権擁護委員も参加し、児童のみなさんと協力して苗を植えました。

開始式では、児童会のみなさんから「荻原っ子人権の誓い」が発表され、全員が大きな声で誓いを読み上げました。

開始式に登場した人KENまもる君とあゆみちゃんは歓声で迎えられ、会場に「思いやりの心を持って、仲良く、明るく、お互いの人権を守っていきましょう。」と呼びかけました。開始式の後、児童と人KENまもる君とあゆみちゃんが一緒に写真撮影を行い、交流を深めることができました。

10月16日(水曜)には終了式が予定されています。小さな苗を大切に育てて、きれいな花をたくさん咲かせてくれた、荻原小学校の皆さんとの再会が楽しみです。


6月14日(金曜)プランターづくり  みんなで力を合わせて花の苗を植えました。

6月28日(金曜)開始式 「荻原っ子人権の誓い」をみんなで読み上げました。

10月16日(水曜)に、「人権の花」運動の終了式として、人KENまもるとあゆみちゃんも出席して「思いやり集会」を行う予定でしたが、残念ながら台風の影響で中止となってしまいました。

10月18日(金曜)、児童会のみなさんからメッセージシートを受け取りました。「思いやりいっぱい、えがおいっぱい」のメッセージシートは、各学級で考えた"人権を守るための言葉"が書かれたひまわりの花で埋め尽くされていました。

11月1日(金曜)、今度は晴天に恵まれて、秋の花を植える行事が行われました。名古屋法務局西尾支局長から荻原小学校に、「人権の花」運動に取り組んでくれた「感謝状」が贈呈されました。その後、児童と人権擁護委員が一緒になって、パンジーとビオラを植えました。1年生が植える時には、6年生が手助けをする光景が見られ、相手の気持ちを思いやる心と学校全体が1つにまとまっている様子が伝わってきました。

6月に植えた花は、夏に、近くの図書館や尾崎士郎記念館に思いやりの心と一緒に届け、たくさんの方々に喜んでもらったそうです。

人KENまもるくんとあゆみちゃんを交えての「思いやり集会」ができなかったことは本当に残念でしたが、花運動をきっかけに、荻原小学校のみなさんが人権について考え、周囲の人を大切に思いやる気持ちを、より一層大きく育ててくれたようでした。


10月18日(金)

児童会のみなさんから、メッセージシートを受け取りました。

荻原小学校のキャラクター・オギラは、各学級のメッセージに囲まれてます。

人権の花運動_H25/10/18(1) 人権の花運動_H25/10/18(2)

11月1日(金)

名古屋法務局西尾支局長から感謝状をお渡ししました。

その後、みんなでパンジーとビオラを植えました。

人権の花運動_H25/11/1(1) 人権の花運動_H25/11/1(2)

平成24年度は、岡崎市立上地小学校及び安城市立高棚小学校で実施しました。

岡崎市立上地小学校

7月5日(木曜)、全校児童による「人権の花」運動集会が開催されました。福祉委員による劇を上演し、全校児童が花の気持ちになってお世話し、大切に育てることを誓いました。

その他、人権擁護委員による人権寸劇による人権教室などが行われました。

10月22日(月曜)、全校児童による「人権の花」運動集会が開催されました。各学年代表が人権の花運動の取組を報告した後、児童が詩を朗読しました。また、児童が「人権の花」運動の感想などをつづったメッセージシートを、人KENまもる君と人KENあゆみちゃんに渡しました。

人権の花運動

安城市立高棚小学校

7月3日(火曜)、全校児童による「人権の花」運動集会が開催されました。

6年生と4年生が「親子で考える人権標語」を作成し、標語の優秀作品を発表しました。その他、人権擁護委員による人権に関する講話に続き、人権擁護委員と児童が「種をまこう」を朗読しました。また、児童が花の苗植えを行う際には、地域住民の方々も参加し、お手伝いをしてくださいました。

10月16日(火曜)、6年生と4年生による「人権の花」運動集会が開催されました。

集会では、人権アンケートから考えたことや、「人権の花」運動を通して考えたことを中心に、「たかたな人権メッセージ」を発表しました。

また、児童が作った「人権かるた」を使い、人権擁護委員や法務局職員なども交えて、かるた大会も行われました。

最後は、「未来はぼくらが主人公」を斉唱し、育った花々のように、元気で明るい児童の姿が見られました。

平成23年度は、岡崎市立三島小学校で実施しました。

4月25日は全校児童による「人権の花」運動オープニング集会が開かれ、7月7日七夕の集会では、全クラスが「人権の花」のちかいを書いた短冊を作り、それぞれのクラスの「人権の花」のちかいを大きな声で読み上げました。10月21日の集会では、全クラスが作成したそれぞれのメッセージシートを紹介しました。児童が作ったメッセージシートは、ラッピングカーとともに来た人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが受け取り、11月27日に行われた人権ハートフルフェスティバルの会場で展示されました。

7月7日と10月21日の集会には、人権擁護委員による人権寸劇と電子紙芝居による人権教室が行われました。

平成22年度は、刈谷市立平成小学校と一色町立一色中部小学校で実施しています。本年で開校20周年を迎える刈谷市立平成小学校では、7月7日及び10月13日に人権教室が開催されました。7月に人権擁護委員が行った人権に関する講話に基づいて、10月には色画用紙を貼ったメッセージシートに人権に関する標語を児童に書き込んでもらい、「人権標語の花」を完成させました。このメッセージシートは、11月22日に行われた人権週間をPRするラッピングバスの出発式において紹介されました。

また、人権教室にはラッピングカーとともに人KENまもる君とあゆみちゃんが小学校にやってきて子どもたちは大喜びでした。

一色町立一色中部小学校では、6月29日及び10月12日に人権教室が開催されました。前期が1、2、3年生、後期が4、5、6年生を対象に啓発ビデオ「プレゼント」を上映し、思いやりの心を育みました。
また、5月31日には、人権擁護委員とともに、苗植え式を行いました。


愛知人権啓発活動ネットワーク協議会