本文へジャンプメニューへジャンプ

豊田人権啓発活動地域ネットワーク協議会

ここから本文です

啓発活動の年間予定

人権を考える集い

豊田市では、地域啓発活性化事業として、市内の小・中学校において「人権を考える集い」を開催しています。この「人権を考える集い」は、児童・生徒及び保護者のほか、地域住民の皆様が人権問題について一体となって考え、人権に対する理解を一層深めていただくことを目的としており、講演会のほか公開授業や生徒による意見発表会などを行っています。

平成29年度も引き続き、市内の小中学校において、講師を招いて、人権に関する講演会を開催する予定です。

人権教育講演会

みよし市では、地域啓発活性化事業として、市内の中学校において「人権教育講演会」を開催しています。この「人権教育講演会」は、生徒及び保護者を対象に、人権意識を高めていただくことを目的として、講演会のほかパネルディスカッションなどを行っています。

総合福祉フェスタ人権映写会

みよし市では,市民の福祉に対する意識高揚を図ることを目的とした「総合福祉フェスタ」の会場において,地域活性化事業として,人権に関する映写会等を開催しています。

平成28年度は,9月17日(土),みよし市文化センターサンアートにおいて開催され,同小ホールにおいて,「アンダンテ〜稲の旋律〜」を上映しました。この映画は,人間不信から引きこもり生活に陥った主人公が,農家と交流し,農作業の手伝いを体験しながら,新たな自立の道を模索する様が描かれており,約300名の方が鑑賞されました。上映後は,人権への関心・理解度が深まったとの声が多数寄せられました。

人権移動教室

豊田人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、子どもたちに、「やさしい心」、「思いやりの心」、「命を大切にする心」などを育んでもらうために、豊田市・みよし市内の小学校、こども園、保育園、幼稚園などにおいて、園児・児童及び保護者などを対象とした人権移動教室を開催しています。

人権移動教室では、人権擁護委員による大型紙芝居、パネルシアター、人形シアターなどによる啓発を行っています。



愛知人権啓発活動ネットワーク協議会