秋田県人権啓発活動ネットワーク協議会
  • メニュー
  • 当協議会の紹介
  • 主な活動
  • 人権擁護委員とは?
  • 人権相談
  • 人権啓発ビデオ・DVD目録
  • リンク

秋田県人権啓発活動
ネットワーク協議会
〔事務局〕
〒010-0951
秋田市山王七丁目1番3号
秋田地方法務局
人権擁護課
Tel:018-862-1443



ホーム > 夏祭り人権啓発特集

ここから本文です

夏祭り人権啓発特集

猛暑の中、秋田県内で行われた夏祭り会場において、色々な人権啓発活動が行われました。その中から「秋田竿燈祭り(秋田市)」、「湯沢絵どうろう祭り(湯沢市)」での活動を紹介します。

秋田竿燈祭り

平成23年8月3日から6日の4日間、「秋田竿燈まつり」が行われました。祭りの期間中、秋田協議会の人権擁護委員が啓発活動を行いました。真夏の暑さの中、そろいのオレンジのはっぴを身にまとって人権の大切さをPRしました。

秋田竿燈祭り 秋田竿燈祭り

啓発用のうちわを配布する時間は、演技開始前の10分ほどでしたが、暑さのせいか欲しいという人が後を絶たず、あっという間に配布が終わりました。

秋田竿燈祭り 秋田竿燈祭り

お囃子屋台にも重点目標がしっかり掲げられています。人権イメージキャラクターのまもる君とあゆみちゃんをあしらった提灯は、とてもかわいらしい仕上がりです。

秋田竿燈祭り 秋田竿燈祭り

啓発うちわを手にした観客の前で、秋田市立旭北小学校、秋田市立山王中学校、秋田市立秋田南中学校の皆さんがすばらしい演技を披露してくれました。約一か月練習に励み、この日を迎えた生徒たちの背中にもうちわがちらほら見られます。

秋田竿燈祭り 秋田竿燈祭り

今年は例年に比べ人出が少なく感じられましたが、一本の竿を操りながら次の生徒に渡す中学生の見事な演技を通して、夜空にゆらめく稲穂のように、観客の心の中にも人権の大切さが実るようにと願っています。

湯沢絵どうろう祭り

平成23年8月5日から7日の3日間、湯沢市の代表的な夏祭りである「七夕絵どうろうまつり」が行われました。

祭りの期間中、県南地域人権ネットワーク協議会の事業として制作された「人権啓発七夕絵どうろう」が湯沢市柳町南本通りに掲げられ、5日には湯沢協議会の人権擁護委員による街頭人権啓発活動が行われました。

湯沢絵どうろう祭り 湯沢絵どうろう祭り

当日は晴天に恵まれ、たくさんの人出と共に、「人KENあゆみちゃん」も登場して、子ども達の大人気の的となりました。夕方になっても30℃近く気温がある状況でしたが、「人KENあゆみちゃん」はとても気持ちの良い汗をかいたようです。

湯沢絵どうろう祭り 湯沢絵どうろう祭り

今年度の絵どうろうのテーマは「姉弟愛と祈り」です。絵どうろうの大きさと人KENあゆみちゃんの大きさがちょうど良いバランスです。幻想的な絵どうろうと共に、人権の大切さが観光客の皆さんの心に響いたのではないでしょうか?

このページの先頭へ