秋田県人権啓発活動ネットワーク協議会
  • メニュー
  • 当協議会の紹介
  • 主な活動
  • 人権擁護委員とは?
  • 人権相談
  • 人権啓発ビデオ・DVD目録
  • リンク

秋田県人権啓発活動
ネットワーク協議会
〔事務局〕
〒010-0951
秋田市山王七丁目1番3号
秋田地方法務局
人権擁護課
Tel:018-862-1443


ホーム > 活動紹介・各種行事 > 秋田地方法務局・秋田県人権擁護委員連合会の活動紹介 > 全国中学生人権作文コンテスト 秋田県大会 > 第26回全国中学生人権作文コンテスト(平成17年度) >

ここから本文です

平成17年度最優秀賞 秋田地方法務局長賞 母からの贈りもの

大館市立田代中学校一年 小坂 夏実

平成5年5月 7月14日

夏実の上の前歯が生えました。

9ヶ月頃,1・2歩アンヨしました。

10ヶ月頃,アンヨ上達。

平成5年8月8日 1歳になりました。

歩くのが速くて,長い時間お散歩するとご機嫌です。ベビーカー,自転車に乗りたがりません。自分で食べようと必死です。お話の語尾をまねして,少しずつおしゃべりが・・・。

平成6年3月2日。1歳6ヶ月。

・パパ,ママ,お兄ちゃんの名前,ぶーぶー,チョウチョウ,赤ちゃん語ですが,ずいぶん言葉が増え,まねっこが大好きです。

・猫や犬をみると「おいでおいで」といってだっこしたがります。

これは,わたしの母が残してくれた,わたしの赤ちゃんの時の記録です。私の母子手帳の記録はここで終わっています。

わたしの家族は,祖父母・父・兄・妹,そして,わたしの6人家族です。今お話したことからおわかりだと思いますが,わたしには母がいません。

わたしが幼い頃,わたしは東京に住んでいました。母はそこで,事故に遭い,亡くなりました。当時赤ん坊だったわたしには,母の記憶がほとんどありません。でも,わたしや兄の小さい頃の様子がびっしり書かれたノートを見ると,わたしたちのことを事細かく見てくれていたんだなあと,とてもうれしく思いました。

こんなことを思い出したのは,夏休みを通じて連日放送される多くの事件がきっかけでした。その一つは「幼児虐待」です。

親が自分の子供を傷つけ,あるいは最悪の場合には殺してしまう,こんなことがあっていいのでしょうか。殺すくらいなら初めから生まない方がいいと思います。人間は殺されるために生まれてくるわけではないのです。

もう一つは,私たちと同じ世代の若者が起こした数々の事件でした。何がそうさせるのかはわかりませんが,私たちと同じ中学生が,自分の親や兄弟,周りの人を傷つける事件が後をたちませんでした。

これらのことに共通していえることはなんでしょうか。わたしは,自分の周りの人が,自分にとっても,だれかにとっても,かけがえのない存在だ,という気持ちが足りないのではないかと思います。そしてまた,周りの人にとってその人自身も,かけがえのない存在であるという自覚がないのだと思います。

わたしは,わたしにとってたった一人の母を失いました。母の記憶はありません。母がいないことで大変だったことはたくさんありました。ですが,その大きな壁に突き当たる度に,母という存在の大切さを知り,壁を乗り越えるために,家族や周りの人たちの手を借り,その人たちの大切さを感じてきました。母も周りの人たちも,みんなわたしにとってかけがえのない宝物なのです。

わたしの母が今,この世に存在する人であったら,わたしのことを一番に考えて,優しく接してくれると,わたしは信じています。そして,将来,わたしが母親になったとき,わたしも自分の子どものことや周りの人を思いやり,子どもからも愛される母親になりたいと思います。

詩人相田みつをさんの作品に次のような詩を見つけました。

いのちのバトン

父と母で2人 父と母の両親で4人

そのまた両親で8人

こうして数えていくと

10代前で,1,024人

20代前では,なんと100万人を超すんです

過去無量の いのちのバトンを受け継いで

いま,ここに自分の番を生きている

それがあなたのいのちです

それがわたしのいのちです

母はここにはいません。でも,わたしは母からいのちのバトンを受け取りました。虐待や不登校,傷害事件など多くの問題で悩む人達も,数多くのいのちのバトンを受けついで,今生きていることを感じて下さい。理解して下さい。あなたがそこに存在するために,数百万の人達が,あなたを今そこに送り出すために一生懸命生きたのです。その証があなたなのです。

そのいのちのありがたさをかみしめながら,そのいのちを慈しみながら,今度は,私たちがそのいのちを伝えていく番なのです。

このページの先頭へ