本文へジャンプメニューへジャンプ
北北海道人権啓発活動ネットワーク協議会
menuここからメニューです

ホーム > 人権が侵害された場合は? >

ここから本文です

人権擁護委員

人権擁護委員は、あなたの街の相談パートナーです。相談は無料で秘密は厳守しますので、困ったことがあったら、お気軽に御相談ください。

人権擁護委員は、法務大臣が委嘱した民間の人たちです。この制度は、様々な分野の人たちが、地域の中で人権思想を広め、住民の人権が侵害されないように配慮し、人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたものであり、諸外国にも例を見ないものです。

現在、約14,000 名(うち女性委員約44%)の委員が全国の各市町村(東京都においては区を含む。)に配置され、積極的な活動を行っており、人権擁護委員組織体に、子どもの人権問題や男女参画等、個別の問題に取り組む委員会(又は部会)が設けられています。

あなたの街の人権擁護委員名簿はこちらでどうぞ

【人権擁護委員名簿】
名称 管轄市町村
旭川人権擁護委員協議会 旭川市・上川町・愛別町・鷹栖町・東川町・比布町・当麻町・東神楽町・深川市・妹背牛町・秩父別町・幌加内町・雨竜町・北竜町・沼田町・富良野市・美瑛町・上富良野町・中富良野町・南富良野町・占冠村
名寄人権擁護委員協議会 名寄市・下川町・美深町・中川町・音威子府村・士別市・和寒町・剣淵町・枝幸町・浜頓別町・中頓別町
紋別人権擁護委員協議会 紋別市・雄武町・滝上町・興部町・西興部村
留萌人権擁護委員協議会 留萌市・増毛町・羽幌町・苫前町・小平町・初山別村
稚内人権擁護委員協議会 稚内市・天塩町・遠別町・利尻町・豊富町・礼文町・幌延町・利尻富士町・猿払村

子ども人権委員

いじめは、大人の目につきにくいところで行われていることが多く、自殺など重大な結果に至って初めて気がつくという例が少なくありません。
そのほかにも、教師による体罰や親による子どもの虐待などの子どもの人権問題が数多く生じています。

旭川人権擁護委員連合会では、子どもをめぐる様々な人権問題を専門に扱う「子ども人権委員」を配置しています。

子ども人権委員の仕事

アンケート調査や「子ども人権相談所」の開設により、常に子どもの人権に関する情報の収集に努めるとともに、PTA、子ども会、婦人会等との連携を深め、子どもが発信する人権SOSをいち早くキャッチし、その解決に努めます。

子ども人権委員は、20歳未満のすべての皆さんを対象に活動しています。中・高校生の皆さんの意見・悩みも含め広く相談を受け付けています。

男女共同参画委員

今でも、「女だから…。」などと言う人がいます。女性というだけで社会参加や就職の機会が奪われることはあってはなりません。

男性と女性は平等であるということは、日本国憲法にはっきりとしめされており、法律の上では男女平等の原則が確立されているところですが、現実には今なお、例えば、「男は仕事、女は家庭」といった男女の役割の固定的にとらえる意識が社会に根強く残っており、このことが家庭や職場において様々な男女差別を生む原因となっています。

また、夫・パートナーからの暴力、職場などにおけるセクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為など、依然として数多く発生している状況にあります。

旭川人権擁護委員連合会では、女性に対する様々な人権問題を専門的に取扱う「男女共同参画委員」配置し、これらの相談に応じるとともに、啓発活動などに取り組んでいます。

男女共同参画委員の仕事

旭川人権擁護委員連合会の男女共同参画委員の活動として、女性の人権問題に関する相談を受け付けているほか、啓発活動として、主に高等学校、専門学校、短期大学、大学において、デートDV(=交際中の男女間で起こるDV)講座を実施しています。



このページの先頭へ