本文へジャンプメニューへジャンプ
北北海道人権啓発活動ネットワーク協議会
menuここからメニューですトップページ

ホーム >

ここから本文です

人権DVDの貸し出し

人権啓発DVD 貸出し申請書

DVDの貸出しを希望される方は,こちらの申請書をFAXか郵送でお送りください。

旭川地方法務局 人権啓発DVD目録

※啓発VHSビデオもございます。詳しくは人権擁護課までお問合せください
TEL: 0166(38)1114

番号 題名 制作
年度
映写
時間
(分)
内容 視聴対象 備考
1 プレゼント H15 17  小学校4年生の綾香は,同級生の誕生日に手作りの物をプレゼントしたが,気に入ってもらえず,意地悪を受ける。
やがてクラスで孤立し,学校を休むことに・・・。
(アニメーション)
小学生
中学生
53 小さな勇気 H5 18  公園を掃除しているお年寄り。皆にのけ者にされている友だち。そういう人たちに思い切って手をさしのべられずに胸を痛めている少女の心の葛藤を描きます。 小学生
(高学年)
(画像なし)
55 しらんぷり H11 21  アキラはドンチャンがいじめにあっているのを知っているのに『しらんぷり』。しらんぷりをすることはいじめに加わることと知り,心の葛藤を描いた作品
(アニメーション)
小学生
(高学年)
(画像なし)
64 翔太のあした
〜子どもの目から見た
男女共同参画社会〜
H13 54  翔太の一家をとりまく日常的なエピソードを通じて,それぞれの場面での男女の意識の差を描くことにより未来を担う子ども達に,男女共同参画社会の実現がどのような意義をもつのかを考えてもらう。 小学生
(高学年)
(画像なし)
75 どんぐり森へ   15  虫をいじめていたわんぱく少年が,どんぐり森で体験する不思議な出来事をとおして,どんな生き物にも命があり,それはたった一つしかなく,失うと二度とは戻ってこない大切なものであることを学んでいく姿を描いている
(アニメーション)
小学生
(低学年)
幼稚園生
82 この街で暮らしたい
〜外国人の人権を考える〜
H14 32  近年,様々な国からやってきた外国人が私たちの町で暮らすようになりました。しかし,言葉や宗教,文化や価値観などの違いから,様々な人権問題が生まれています。今後,ますます国際化が進む中で,日本人と外国人がお互いに違いを認め合って,共に生きていくことが出来る社会を築いていくことが求められています。
 この作品では入居拒否の例をもとに外国人の人権について考えていきます。
一般
104 とべないホタル   18  ある夏の夜のことです。小川の畔にある「ホタルのお宿」から,成長したホタルたちが,舞うように,次々と夜空に飛び立ちました。でも,一匹だけがじっとしたままです。羽が縮んで生まれたため飛ぶことができないのです。仲間のホタルたちは,知恵をしぼって,柳の枝に登らせるのに成功しました。高い木の上からの眺めは,それはそれは素敵でした。でも,たくさんの危険も待ちかまえていたのです。仲のよい姉と弟がホタルを取りにやってきて,飛べない蛍を捕まえようとします。「危ない!」身動きのできないホタルをかばって,勇気あるホタルが男の子の手の中へ飛び込みました。でも,二人は心の優しい子どもたちでした。足が不自由で歩けない妹に,ホタルを見せたいばかりに,取りに来たのです。
(アニメーション)
小学生
(低学年)
109 人KENまもる君と
あゆみちゃん
世界をしあわせに
H17 15  世の中のすべての人が幸せになることを願い,旅している心優しい人KENまもる君とあゆみちゃん。ある日,野菜村を訪れた二人は,アニマルタウンに届ける新鮮な野菜がマントオバケに襲われ,村人が困っていることを知って,手助けをしようと出かけるのだった。マントオバケの正体とは・・・
(アニメーション)
幼稚園生
110 未来への虹
〜ぼくのおじさんは,
ハンセン病〜
H17 30  ハンセン病元患者の平沢保治さんをモデルにして書かれた子ども向けの本「ぼくのおじさんは,ハンセン病−平沢保治物語−」をもとに小学生高学年以上の方を対象に作られたものです。
(アニメーション)
小学生
高学年
以上
111 未来への道標
〜ハンセン病とは〜
H17 30  記者としてハンセン病問題を取材した経験を持つ元アナウンサーの薮元雅子さんが,ハンセン病療養所の入所者や元入所者の方々のもとを訪れインタビューなどを通してハンセン病患者・回復者が置かれてきた実態や現状を明らかにしていくとともに,医学的観点からもハンセン病に関する正しい知識・理解を深め,ハンセン病に対する偏見・差別の解消を目指します。
 ナレーションは俳優の渡部篤郎が担当。
中学生
以上
120 桃色のクレヨン H16 28  8年ぶりに再会したいとこの雪ちゃんに知的障害があることを知った美奈子は,そのことをクラスのみんなに隠すためにうそをつきますが,そのうそがばれて仲間はずれに・・・。
 雪ちゃんのやさしさにふれることで,美奈子は大切なことに気づいていきます。
(アニメーション)
小学生
121 社会福祉施設等における
人権
私たちの声が聞こえますか
H19 30  本作品は,女優の渡辺美佐子さんによる「ひとり芝居」(施設職員編・入所者編)を中心に,施設職員の人権意識を高める必要性・手法等に関する専門家へのインタビューや,人権意識を高める取組として実際に施設内で行われた人権啓発活動の紹介等「どんな行為が入所者の人権を侵害する行為に当たるのか」ということが自然に理解されるような構成になっており,施設の運営に人権の観点が不可欠であることを強調しています。 一般
122 「見上げた青い空」
(いじめ問題・中学生向け)
H19 34  このDVDは,巧妙かつ残酷ないじめの現実。そして,いじめられる側もいじめる側も苦しんでいる“いじめ”の本質を直視していただき,あらためて“いじめ”について考えていただくきっかけになることを企図して作成されました。
 ご覧になった方の一人一人に,人ごとではなく自らの問題としての「気付き」があることを願っています。
中学生
123 デートDV
−相手を尊重する
関係をつくる−
H18 30  DV(ドメスティック・バイオレンス)は親密な関係の相手に対してふるう,からだと心への暴力です。これは大人だけの問題ではありません。若者の間でも広くおきています。デート相手にするので,「デートDV」と呼びます。若者たちが,DVをする人にもされる人にもならないために学ぶ教育が,今必要とされています。若者たちが「デートDV」とは何か,なぜおきるのかを理解し,それが自分の問題だと気づくことや学ぶことが必要です。学校などで若者たちが,相手を尊重する関係をつくる大切さを,具体的にわかりやすく学べるようになっています。 高校生以上
125 じんけんの森の大冒険 H20   ○お話:これまでに子ども向けに作成された人権啓発教材(冊子)の中から,マンガを含め12話を収録。音声入り。
○メッセージ:子どもたちに人気の4人(佐藤弘道さん,松本梨香さん,森本稀哲さん,やなせたかしさん)から届いた応援メッセージを紹介。
○クイズ:人権についてのクイズに挑戦するコーナー。クイズ(全19問)に正解するとパズルが手に入り,完成したパズルはパソコンで壁紙に設定できる。9問で1種類のパズルが完成し,パズルは2種類。
○ギャラリー:人権についてのポスターやパンフレット,ビデオの紹介。
○資料室:人権に関する条約等を,子どもが理解しやすいようにまとめたコーナー。
○キャラクター:人権イメージキャラクター人KENまもる君・人KENあゆみちゃんと人権イメージキャラクターソング「世界をしあわせに」の紹介。
小学校
低学年〜
高学年
126 同和問題と人権
−あなたはどう考えますか−
H20 28  友一・佳美・美優・由香・西原の5人は,休日を利用して友一の実家に帰省する道すがら,故郷の話がきっかけとなり,みんなで同和問題について話し合うことになりました。部落差別,同和問題についての印象や考えはみんな様々で,父・友造と母・恵子の体験も聞いて知識を深めることにしました。
 差別の実態,歴史,国の同和対策への様々な取組について等。話し合いを通じて,7人は同和問題に対する思いをそれぞれ新たにしました。
高校生以上
127 わかってください
手をかしてください
〜障がい者からのメッセージ〜
H21 34  障がいのある方が自立した生活を営むためには,一般の方たちが障がいの特性を知り,理解したうえで,障がいのある方とどのように接することが必要なのか,どのような配慮をしたらよいかなど,具体的なイメージを持ってもらうことが必要です。このDVDでは,実際に障がいのある方自身が具体的な事例を紹介します。 小学校
中学年
以上
128 配偶者からの
暴力の根絶をめざして
〜配偶者暴力防止法のしくみ〜
H20 35  配偶者からの暴力は,犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。配偶者からの暴力は,あなたの身近なところでおきています。「配偶者暴力防止法」は平成13年に制定され,平成19年7月に保護命令の拡充や市町村の取組の強化を柱とした改正法が成立し,平成20年1月に施行されました。このDVDでは,配偶者からの暴力の根絶をめざして,「配偶者暴力防止法」のしくみ等についてわかりやすく紹介しています。 一般
129 ある日突然
最愛の娘を奪われて
H20 41  鈴木和子さんの長女,幸子さんは大学の同級生にストーカー行為を受け,殺害されました。幸子さんを亡くしたことだけでも,耐えきれないほど苦しんだご家族をさらに傷つけたのは,事件後における周囲の人々の様々な態度や反応でした。犯罪被害によって大切な家族を失った方の喪失感,孤独感,不信感は計りしれません。あなたも,気づかないうちに誰かを傷つけていませんか? 一般
130 自分らしい明日のために
〜早見優が案内する
成年後見制度〜
H21 30 事例紹介1〜
オープニング…9分5秒
成年後見制度の概要…2分31秒
法定後見制度〜後見人の選任と仕事…8分3秒

事例紹介2〜
任意後見制度とは…7分38秒
エンディング…2分58秒
合計30分15秒
資料集
一般
131 インターネットの
向こう側
H22 36  半年前,いじめ問題を克服したはずの青野北高校の2年A組だったが,ここにきて「学校裏サイト」を利用した「ネットいじめ」の問題が起きていた。同時に,「なりすまし」の「プロフ」を作られ被害を受ける生徒も。担任教師の高木雄介(袴田吉彦)は,インターネットを利用した誹謗中傷や個人情報の漏えいは『人権侵害』である,ということを理解してもらおうと,携帯電話やインターネットが抱える問題点について保護者や生徒たちと話し合う……。 中学生〜一般
132 「すべての人に人権が」
〜世界人権宣言と
法務省の人権擁護機関〜
H19 30  「人権」とは、人が生まれながらにして持っている基本的な権利のことです。この保障を初めて国際的にうたったのは、1948年に国連総会で採択された「世界人権宣言」でした。このビデオでは、タレントの早見優がナビゲーターとなり、「世界人権宣言」についてご紹介するほか、我が国における人権課題や、それらの解決のために法務省の人権擁護機関が行っている取組をご紹介します。 小学生〜一般
135 明日はわが身
〜老人介護と助け合い〜
H22
改訂
18  健康ですこやかな老後を送りたい。だが現実はどうか…
−今こそ老いを自分自身の問題として−
 高齢者の介護と,いつかくる自分自身の老いの問題を考えるドキュメンタリーとドラマで語る明日はわが身。
一般
136 あなたの職場は大丈夫? H22 46  「セクシュアル・ハラスメント」や「パワー・ハラスメント」,また同和問題を口実に,企業等に不当な利益や義務のないことを要求する行為である「えせ同和行為」は,見過ごすことのできない人権問題です。企業の社会的責任(CSR)が重視される時代,人権への配慮を怠った企業は,顧客や社会から信頼を失うことになります。
 このビデオでは,「セクハラ」「パワハラ」「えせ同和行為」をテーマに取り上げた3つのドラマを通じて,一人ひとりが人権問題に向き合い,人権について考えていくことを目的としています。
一般
137 お年寄りのための
防犯対策(住宅編)
今、高齢者が狙われている!
16  ここ数年,犯罪件数は著しく増加し,悪質化しています。そして社会が高齢化に向かって移行している中,その犯罪状況も大きく変化しています。
 とくに「おれおれ詐欺」や「年金詐欺」「ひったくり」に「強盗」など,お年寄りが犯罪の格好のターゲットとされています。お年寄りの体力的弱さ,判断力の低下につけ込んだ犯罪が増えてきているのが現状なのです。こういったお年寄りを狙う悪質な犯罪被害にあわないためには,どうしたらいいのでしょうか?
 毎日の生活の中から,もう一度振り返ってみることが大切です。何よりも,お年寄りを守るのは,お年寄り自身でもあるのです。
一般
138 青空球児・好児の
お年寄りの安全生活術
  22  一向に減る気配がない「振り込め詐欺」と「点検商法」を取り上げ,悪質な手口の特徴とその対策を考えます。 一般
139 勇気のお守り
自分の胸に手を当てて
H23 30 ①勇気のお守り(約16分)
転校生の林太郎は、クラスメイトとの間で起こった事件を契機に学校を休むようになってしまう。
しかし、友人の思いやりや「子どもの人権SOSミニレター」による人権擁護委員への相談をきっかけに、次第に立ち直っていく・・・
当事者同士では解決の難しい子どもたちのいじめについて、考えてもらうきっかけとなるアニメです。

②自分の胸に手を当てて(約15分)
学校裏サイトの掲示板への心ない書き込みをきっかけに、不登校となる優子。そして、書き込んだ未唯もネットいじめのターゲットとなっていく。問題解決のために、洋平は「子どもの人権110番」へ相談し、クラス全員で話し合うことになるが・・・
近年、社会問題となっている学校裏サイトやネットいじめについて、その本質を理解してもらうアニメです。
小学校3〜6年生
140 デートDVって何?
〜対等な関係を築くために〜
H24 21 ①僕は君だけのもの?
 「デートDV」に関する3つの事例紹介の後に人権擁護委員による事例解説が入ります。
 このDVDは,若者が交際相手との間で,暴力の被害者にも加害者にもならずに対等な関係を築けるよう,デートDV防止の啓発に役立てるための教材として作成しました。
高校生〜一般
141 パワーハラスメントを
考える
①パワハラを正しく
理解するために
H25 28  上司だけでなく、誰もがパワハラ被害者になりえる現在、何がパワハラを生み、どのような行為がパワハラになるのか、3つの事例から職員全員でパワハラを正しく理解する基礎的教材。

●事例1 「根性論を振りかざす上司」
●事例2 「組織からはじき出された上司」
●事例3 「同僚からのパワハラ」
一般
142 パワーハラスメントを考える
②パワハラにならない叱り方
H25 27  指導・叱責はコミュニケーションの一環で行われることが大切であり、相手に正しく伝わらなかったり、受け入れられなければ意味がありません。このDVDは、3つのケースから部下にどう対応すればいいのか、パワハラにならない叱り方、指導法を解説する管理職向け教材。

●事例1 「報告しない部下」
●事例2 「協調性のない部下」
●事例3 「ケアレスミスをくり返す部下」
一般
143 中学生篇
いじめと戦おう!
〜もしもあの日に戻れたら〜
H24 23  いじめによる中学生の自殺報道が相次ぎ、全国的に子どもの命や尊厳を守るための取り組みが必要とされています。
 いじめはどのようにして起こり、どうすれば防げるのかは保護者や教員にとって大きなテーマともいえます。本教材は、鑑賞した生徒がいじめのメカニズムや対策を自分の身に置き換えて考えることができるドラマ形式の教材です。
 いじめられっ子の立場だけでなく、傍観してしまっている生徒たちが如何にして、クラスの”いじめの構図”を崩せるかという視点を中心に、いじめ問題全体について話し合うために活用頂けます。
中学生
144 平成24年度
人権啓発ビデオ
虐待防止シリーズ
H24 46  このビデオでは、「児童虐待」「高齢者虐待」「ドメスティック・バイオレンス(DV)」を取り上げ、子どもや高齢者、配偶者に対する虐待の事例をドラマで描くとともに、問題点や第三者としての関わり方について専門家のコメントを紹介します。ドラマを通して、虐待を他人事ではなく、身近な問題として捉え、虐待の防止・解決について考えていくことを目的にしています。 一般
145 小学生篇
いじめと戦おう!
〜私たちにできること〜
H24 21  連日いじめの報道が相次ぎ、全国的に子どもの命や尊厳を守るための取り組みが必要とされています。その中で、いじめはどのようにして起こり、どうすれば防げるのかを知っておくことは、現代に生きる小学生児童にとって必要な事と言えると思います。
 本教材は鑑賞した児童が、いじめの当事者、被害者、傍観者の立場を理解し、考えることができるドラマ形式の教材です。また,クラスの大多数を占めるであろう傍観者が如何にして”いじめの構図”を崩せるかという視点を中心に、いじめ問題全体について話し合うために活用頂けます。
小学生
146 私たちの声 3人の物語
〜「全国中学生
人権作文コンテスト」
入賞作品をもとに〜
H25 45 ・いじめをなくすために、今
作者の中学生が、自らの重い体験を通して、命の大切さを知り、いじめを傍観することをやめた経験を振り返ります。
・温かさを分け合って
作者の中学生が、東日本大震災を機に人の温かさに触れる一方で、偏見や心ない言動に接し、人権について考えを深めていく経験をつづっています。
・リスペクト アザース
作者の中学生が、アメリカと日本の対人関係を比較しながら、人権を尊重し合うために何が大切かを考えます。(各作品15分)
中学生〜一般
147 同和問題
〜過去からの証言、
未来への提言〜
(人権教育・啓発担当者向け)


同和問題
未来に向けて
(一般向け)
H26 61/19  この教材は、我が国固有の人権問題である同和問題に焦点を当て、国や地方公共団体、企業等のさまざまな団体における人権教育・啓発に携わる職員等が身に付けておくべき同和問題に関する歴史的経緯、当時の社会情勢、問題の本質等について、関係者の貴重な証言や解説等を中心に分かりやすく簡潔にまとめています。また、一般市民を対象とした、啓発現場においても使用できる有効なツールとしての映像も併せて制作し、同和問題の解決のために次世代へ伝承するものです。 一般
148 老いを生きる
−今日も何処かで
高齢者のサインが!−
  35  誰もが通らなければならない老いの問題を自分のこととして捉え、日常生活の中で高齢者に対するやさしさや思いやりの心が、態度や行動に表れるような人権感覚を身につける作品です。 一般
149 ぬくもりの彩   36  この作品は、突然、障害を持った高齢者との同居を余儀なくされた家族が、同和地区に住む青年との出会いをきっかけに、それぞれが同和地区に対する差別意識の誤まりに気づき、人を思いやる心や家族のぬくもりを取り戻していく「心の変化」を描いた作品です。 一般
150 未来を拓く
5つの扉
〜全国中学生
人権作文コンテスト
入賞作品朗読集〜
H26 46  全国中学生人権作文コンテストでは、次代を担う中学生が、身の周りで起きたいろいろな出来事や自分の体験などから、人権について考えています。このビデオでは、入賞作品の中から5編の作文を朗読して、アニメーションやイラストで紹介します。中学生が作文の中でつぶやいている言葉に、あなたも耳を傾けてみてください。それが、きっと、新しい明日への一歩につながっていくでしょう。 中学生〜一般
151 あなたが
あなたらしく
生きるために
〜性的マイノリティと人権〜
H26 30  性・セクシュアリティはとても多様です。しかし、それをしっかり理解している人はごくわずかでしょう。そのため、性的マイノリティの多くが、生きづらさを感じています。誰もがありのままで受け入れられ自分らしく生きたいと望んでいます。そんな社会を実現させるためには、まず相手を正しく理解し、偏見や差別をなくす必要があります。
 この教材は、性的マイノリティについて人権の視点で理解を深めるのがねらいです。性的マイノリティの入門編としてご活用ください。
中学生〜一般
152 自分を守る!
SNSの安全な使い方
【中高生向】
H26 22  中高生にSNSの安全な使い方を解説する映像コンテンツ

■SNSとは?
■具体的に何が危ないのか?
■プロフは信用できるのか?
■SNSは匿名ではない
中学生〜一般
153 思いやりが命を救う
〜いじめゼロを願って〜
H26 20  横浜市神奈川区では、区内の中学校の代表が集まり、学校と警察が連携して、いじめや非行などに立ち向かおうと『防犯サミット』を開いてます。いじめを題材にしたロールプレイを自ら作り、演じることによって、それぞれの立場を理解していく姿を通して、一人ひとりがいじめとどう向き合っていけば良いかを考えます。
 また、北海道小樽市の中学校では、友達同士の助け合いによって、いじめなどを解決する取り組みをしています。その様子を捉え、いじめを見かけたら、各自、自分ができるサポートの仕方で行動していくことの大切さを訴ます。
中学生
154 ハンセン病問題
〜過去からの証言、
未来への提言〜
(人権教育・啓発担当者向け)


家族で考える
ハンセン病
(一般向け)
H27 56
20
 この教材は、ハンセン病問題に焦点を当て、国や地方公共団体、企業等の人権教育・啓発に携わる職員等が身に付けておくべきハンセン病問題に関する歴史的経緯、当時の社会情勢、問題の本質等について、関係者の貴重な証言や解説等を中心に分かりやすく簡潔にまとめています。また、広く一般市民を対象とした啓発現場においても使用できる有効なツールとなる映像も併せて制作し、次世代へ伝承しようとするものです。 中学生〜一般
155 無関心ではいけない!
障害者の人権
H25 24  人は誰でも、老化によって足腰が弱ってきたり、視力や聴覚が衰えてきます。いつかは障害者と同じような不自由を感じる可能性があります。障害者に対して無関心ではいられない時代になってきているのです。
 この作品は、現在、日本が取り組んでいる国連の「障害者の権利条約」批准に向けての要件である「差別解消法」への理解を深めてもらうためのものです。具体的に、視覚障害者、聴覚障害者、車椅子の方の日常を通して、障害を理由にした直接差別、障害を理由にしない間接差別、合理的配慮を怠った場合の差別について考えていくものです。
 これによって、血の通った温かい人間関係を含め、誰もが不自由を感じない社会環境づくりこそが、障害者の人権を守っていく第一歩であることを訴えます。
人権擁護委員
156 防ごう高齢者虐待
〜日常の介護から考える〜
H27 28  高齢化の進む現代社会において、親や年老いた夫・妻の介護は、多くの人にとって避けて通れない問題となっています。日常の介護の中で思い通りにならず、弱い立場の高齢者を心ならずも虐待してしまうことは、誰にでも起こりうるかもしれません。
 本作品では、働きながら認知症の親の介護をしている2つの事例を、老老介護の話も含めドラマで描いていきます。どのような場面で虐待をしそうになるか示すことで、視聴者が虐待発生を未然に防ぐにはどうすればいいかを考え、理解できることを目的に制作しています。
一般
157 すべての人々の
幸せを願って
〜国際的視点から考える人権〜
H27 35  世界には、性別や人種、皮膚の色の異なる人々、大人や子ども、障害のある人など、一人ひとり違いを持ったたくさんの人たちが暮らしています。
 すべての人々の人権が尊重され、相互に共存し得る、平和で豊かな社会を実現するためには、私たち一人ひとりが人権に対する理解を深め、相手の違いを認めつつ、同じ一人の人間として相互に尊重し合うことが必要です。

○国連の人権への取り組み(世界人権宣言国際人権諸条約)5分
○女性の人権(女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約)9分
○子どもの人権(児童の権利に関する条約)7分
○障害のある人の人権(障害者の権利に関する条約)9分
○外国人の人権(あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約)6分
中学生〜一般
158 くらしの中の人権問題
<家庭編>
H22 22  親として当然と、子どもの携帯を見る親と、勝手に見ないでと怒る子ども。果たして子どものプライバシーを優先すべきか。座談会では、子どものしつけと虐待の境界線について話し合います。また家庭での男女の役割分担は、差別につながらないのか考えます。
 ドキュメンタリーではDV被害者が、どのような人権侵害があったかを語ります。老人問題では、家庭の中でも孤立する老人の孤独とコミュニケーションの大切さを伝えます。
一般
159 外国人と人権
〜違いを認め,共に生きる〜
H28 33  我が国に入国する外国人の増加に伴い,言語,宗教,習慣等の違いから,外国人をめぐって様々な人権問題が発生していることから,こうした状況を改善するため,人権啓発担当者の研修や一般市民を対象とする人権教室等において使用することにより,外国人の人権に関する理解や関心を深める事を目的とします。 一般
160 わたしたちが伝えたい,
大切なこと
〜アニメで見る
全国中学生人権作文
コンテスト入賞作品〜
H28 30  近年の全国中学生人権作文コンテスト入賞作品から
①外国人問題
②障害者スポーツ
③障害者理解
を題材とする3作品をアニメ映像化し,講演会,人権教室等で上映を行うことで,人権尊重思想の普及高揚とともに,同時に同コンテストの周知を行うことを目的としています。
(アニメーション)
中学生
〜一般
161 インターネットと人権
〜加害者にも被害者にも
ならないために〜
H28 30  インターネットの急速な普及に伴い,中高生がインターネット上で深刻な人権侵害を受けることが増加していることから,こうした状況を改善するため,主として中高生やその保護者を対象とする人権教室において,インターネット上における人権尊重やその安全な利用に関する理解や関心を深めることを目的とします。 中学生
〜一般
162 スマホの安全な使い方教室
〜気をつけよう
SNSのトラブルに〜
H27 23  携帯電話,特にスマートフォンが子どもたちの間で急速に普及しています。スマホを介して,無料通話アプリや投稿サイトを利用することで,子どもたちはいつでもどこでも他人とつながることができます。しかし,スマホを介したSNSでのトラブルも増加しており,子どもたちへの教育が重要となっています。
 このDVDでは,ドラマとナビゲーターの解説を通して,個人情報の取扱い,SNSに潜む危険などのトピックを取り上げ,スマホの安全な使い方を学んでいきます。
中学生
163 クラッチヒッターみなみ H28 74  「人権の意義」をテーマに,小学生の子どもたちが「少年少女野球」を通じて,大人へと成長していく過程を描いた作品。
 メンバーの妹が「いじめ」による不登校となり子どもの人権SOSミニレターをきっかけとして,人権擁護委員からアドバイスを受けることによって,明るく元気な自分を取り戻していくストーリー。
小学生
〜一般
164 いじめを経験した
私たちから伝えたいこと
H29 備考  吉本興業の芸人が自らがいじめられた経験,いじめを傍観していた経験を語り,メッセージを送る。
出演者:木村祐一(司会進行)
ゆりやんレトリィバァ
ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)
田村裕(麒麟)

 3人の話が収録されたロングバージョンと,1名ずつに分けたショートバージョンがあります(導入,まとめの部分はすべて共通)。
小学生
〜中学生
DVD番号
164 フルVer.(23分)
164-1 ゆりやんVer.(14分)
164-2 ナダルVer.(13分)
164-3 田村Ver.(8分)
(画像なし)
165 障害者スポーツを通じて
「心のバリアフリー」
を考えてみよう。
H29 備考  ボッチャという障害者スポーツの競技紹介及び試合形式の対決によって障害者スポーツの魅力を伝える。

出演者:ペナルティ
廣瀬隆喜(リオパラリンピック・ボッチャ団体銀メダリスト)
根木慎志(シドニーパラリンピック・車椅子バスケ元日本代表キャプテン)

 ショートバージョンは,芸人との対戦場面をカットしたものです。
小学生
〜一般
DVD番号
165-1 フルVer.(22分)
165-2 ショートVer.(11分)
(画像なし)


このページの先頭へ