本文へジャンプメニューへジャンプ
千葉県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会

当協議会は、人権啓発活動を総合的、効果的かつ効率的に推進することを目的とし、地域が一体となって活動しやすいよう、千葉市周辺の地域を中心として、平成12年9月21日に発足しました。

そして、平成16年1月14日には、一宮町周辺の地域を、平成20年4月1日には山武市を組み入れ併わせて18市町村で活動しています。

構成員は次のとおりです。

千葉地方法務局、千葉人権擁護委員協議会、千葉市、千葉市教育委員会、習志野市 、市原市、東金市、山武市、大網白里町、九十九里町、千葉地方法務局茂原支局、茂原人権擁護委員協議会、長生村、一宮町、白子町、睦沢町、茂原市、長柄町、長南町、いすみ市、御宿町、勝浦市、大多喜町

東金市人権ミニフェスティバル

千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会では,平成27年12月6日(日曜)に,東金文化会館大ホールにおいて,「東金市人権ミニフェスティバル」を開催しました。

第一部では,「世界がもし100人の村だったら」のベストセラー作家・池田香代子氏をお招きして,人権講演会「100人の村,あなたもここに生きています」として講演がされました。池田氏からは,ニュース番組にも取り上げられたネパールでの取材をもとに,深刻な子どもの貧困問題などをはじめとした人権問題について,熱く来場者に語りかけられました。視聴した来場者からは,「講演会の内容が良かった。」,「とても感動した。」など,多くの賛辞の声がありました。

第二部では,千葉県警察音楽隊による演奏会も実施されました。同音楽隊は昭和45年に創設され,県民と県警を結ぶ音のかけ橋として,県内各地で演奏活動を行っております。演奏会では,演奏の合間に人権擁護委員の活動や警察としての人権問題への取組に触れながら,行進曲などの定番のメニューから,クリスマス・メドレー,東日本大震災の被災地及び被災者の物心両面の復興を応援するために制作されたチャリティーソング「花は咲く」などの演奏のほかに,後半には,千葉県警察カラーガード隊とタイアップした,カラーガード隊のフラッグと音楽隊によるアップテンポなリズムによるディズニー・メドレーもありました。本演奏会は,曲調も強弱織り交ぜながらの豊富な内容で,多くの来場者を楽しませ,そして,感動させてくれました。

「東金市人権ミニフェスティバル」は,400名を超す多くの来場者の皆様に来ていただき,「とても良かった。」など声が寄せられ,人権について分かりやすく,また,楽しく充実したひとときとして,満喫していただけた機会だったようです。

人権ミニフェスティバル

平成24年度の行事

1.人権啓発活動の年間予定

人権啓発活動の年間予定
実施予定年月日人権啓発活動の内容
5月〜翌年1月人権教室 千葉人権擁護委員協議会管内小・中学校
(千葉人権擁護委員協議会)
9月〜12月人権教室 茂原人権擁護委員協議会管内小学校
(茂原人権擁護委員協議会)
10月〜11月人権の花運動 千葉市内及び市原市内小学校
(千葉人権擁護委員協議会)
10月28日人権啓発活動
場所:国際武道大学(勝浦市)
講師:ダニエル・カール氏
内容:人権講演会
12月街頭啓発活動
茂原人権擁護委員協議会管内2ヶ所において実施予定
(茂原人権擁護委員協議会)

2.事業の概要

人権啓発活動

日時
平成24年10月28日(日曜)午後1時30分〜午後3時
内容
人権講演会(講師:ダニエル・カール氏)
「人と人とのつながり(仮)」
場所
国際武道大学1114教室
会場住所 千葉県勝浦市新宮841番地
定員
約500名
主催
勝浦市、千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会

勝浦市で人権講演会が開催されました!


※クリックすると拡大します。

千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、10月28日(日曜)に勝浦市の国際武道大学1114教室において、山形弁研究家のダニエル・カール氏をお招きして、人権講演会「人と人とのつながり」を開催しました。

当日は、あいにくのお天気にもかかわらず、熱心な来場者に恵まれ、笑いあり涙ありのとても有意義な講演会となりました。


ダニエル・カール氏からは、はじめて日本に来日した際のエピソードに始まり、国際化社会の現代における、異国文化との関わり方、また、どうすれば、お互いを思いやり、尊重することができるのか、人と人のつながりの大切さについて、これまでの経験談、体験談をもとに身振り手振りを交えながら、流ちょうな山形弁で、ユーモアたっぷりに熱く来場者に語りかけられました。

公演後は、来場者から、日本人よりも日本人らしいなどの感想が述べられるなど、ダニエル・カール氏の人間性の豊かさ、人権意識の高さについて、多くの来場者が感銘を受けました。


ダニエル・カール氏による人権講演会

※クリックすると拡大します。

ダニエル・カール氏による人権講演会

※クリックすると拡大します。


また、当日の会場入口には、「子どもの人権原画ポスター」、人権擁護委員の活動を紹介する「人権教室の様子」を掲示し、来場者の人権意識の向上を図りました。

人権教室の様子

※クリックすると拡大します。

人権教室の様子

※クリックすると拡大します。


山武市で人権講演会が開催されました!

人権問題講演会

※クリックすると拡大します。

千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、11月27日(日曜)に山武市成東文化会館のぎくプラザにおいて、戦場カメラマンの渡部陽一氏をお招きして、人権講演会「戦場の現場から祈りを捧ぐ〜命の大切さ 互いを愛し、敬いあうこと〜」を開催しました。当日は、13時の開演にもかかわらず、10時前から並んでいる来場者も多数おられるなど、講演前から熱気に包まれていました。

渡部陽一氏からは、世界の紛争地域の子どもたちの現状や命の尊さ、人と人が敬い合うことの大切さについて、世界各国で撮られたご自身の写真を使って、身振り手振りを交え、独特の語り口で熱く来場者に訴えかけられました。

最後は、地域の小学生、中学生らによる伝統芸「大富ばやし」の勇壮で力強い演奏によって人権講演会の幕が下ろされました。

渡部陽一氏の講演(1)

※クリックすると拡大します。

渡部陽一氏の講演(2)

※クリックすると拡大します。



伝統芸「大富ばやし」(1)

※クリックすると拡大します。

伝統芸「大富ばやし」(2)

※クリックすると拡大します。



「子どもの人権原画ポスター」、「人権マンガパネル(ぐらぐらもりのおばけ)」

※クリックすると拡大します。

また、当日の会場入口には、「子どもの人権原画ポスター」、「人権マンガパネル(ぐらぐらもりのおばけ)」の各ブースを設置し、小さいお子様からお年寄りまで多くの来場者が訪れるなど、大盛況の一日となりました。


長柄町フェスタ

長柄町フェスタ

千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、11月3日(水曜)の文化の日に長柄町役場駐車場において、「長柄農林商工まつり」に併せて啓発活動を行いました。

はじめに、地元中学生3名に対して「一日人権擁護委員」の委嘱状交付式を行いました。

山田茂原協議会長、矢ざき千葉協議会常務委員はじめ多数の人権擁護委員が、人権イメージキャラクターの人KENまもる君、人KENあゆみちゃんとともに、人権擁護活動周知のため啓発物品を配布しました。中学生の「一日人権擁護委員」も、会場内を回りながら、慣れない手つきで一生懸命啓発物品を配布してくれました。

会場には、「人権クイズ」コーナーや人KENまもる君と人KENあゆみちゃんのぬり絵コーナーも設けられ、小さいお子様からお年寄りまで多数訪れていました。

長柄町フェスタ長柄町フェスタ

子どもたちは、人権イメージキャラクターの人KENまもる君と人KENあゆみちゃんを見つけると、近寄って触ったり、お父さん、お母さんと一緒に写真を撮ったりして楽しそうにしていました。

街頭啓発活動を実施しました!

千葉人権擁護委員協議会市原支部では、7月24日(土曜)に市原YOUホールでウォークバルーンを使用した啓発活動を実施しました。

当日は天候にも恵まれ、会場では市原市主催の子育て支援に関するイベントが開催されていたこともあり、多くの親子連れで大賑わいでした。

啓発物品のうちわも大変好評で、大きなウォークバルーンの人KENまもる君とあゆみちゃんを目にした子どもの中には、「ねえねえ?」と話しかける方もいました。

千葉人権擁護委員協議会では、今後も街頭などで啓発活動を実施し、国民の方々にさらに人権尊重理念を広めていきたいと考えております。街頭で人KENまもる君・あゆみちゃんのウォークバルーンを見かけたときは、是非とも近くにいる人権擁護委員へ気軽に声をかけて下さい。人権擁護委員は、あなたの街の相談パートナーです。

平成21年度活動紹介

全国一斉「人権擁護委員の日」特設相談所を開設

全国人権擁護委員連合会は、人権擁護委員法が施行された日(昭和24年6月1日)を記念して、毎年6月1日を「人権擁護委員の日」と定めています。この人権擁護委員の日を中心に、人権擁護委員制度を国民の皆さんに知っていただくための様々な活動を行っています。

千葉人権擁護委員協議会では、千葉市中央コミュニティセンターをはじめとして、習志野市、市原市、山武市、東金市、大網白里町内各所で全国一斉「人権擁護委員の日」特設相談所を開設しました。

特設人権相談

千葉市中央コミュニティセンター内相談室入り口

人権擁護委員

特設相談にあたる千葉人権擁護委員協議会の人権擁護委員


ヒューマンライツフェスティバルin習志野が開催されました

平成22年2月20日(土曜)、習志野市民会館において、ヒューマンライツフェスティバルin習志野(主催 習志野市 千葉・茂原人権啓発活動地域ネットワーク協議会)が開催されました。

当日は、中学生人権標語コンテスト(主催 千葉人権擁護委員協議会習志野支部会)表彰式、順天堂大学特任教授であり、日本陸上競技連盟専務理事でもある澤木啓祐氏(1968年メキシコ五輪、1972年ミュンヘン五輪出場)による記念講演「コーチング‐人を育てる・生かす‐」及び習志野市立大久保東小学校合唱部による合唱が行われました。

記念講演の中で澤木氏は、自身の指導者としての経験を通じて次代を担う若者達を心身共に育てていくことの大切さをお話され、また、中学生人権標語コンテスト表彰式の中で披露された標語は、いずれも中学生の心がこもった温かい作品であり、会場の皆さんは強く感銘を受けられていました。

同会場ロビーには中学生人権標語コンテスト入賞作品や、世界人権宣言パネルが展示され、多くの来場者が足を止めていました。

主催者挨拶

荒木市長による主催者挨拶

表彰式

人権標語コンテスト表彰式

記念講演

澤木氏による記念講演

合唱

大久保東小合唱部による合唱

人権標語コンテスト入賞作品

人権標語コンテスト入賞作品展示の様子

世界人権宣言パネル

世界人権宣言パネル展示の様子

啓発物品を配布する

啓発物品を配布する人権擁護委員


第61回人権週間活動紹介

国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会で世界人権宣言を採択し、1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会で、この12月10日を人権デーと定め、加盟国などに人権思想の啓発のための行事を実施するよう呼びかけています。我が国では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年から毎年12月10日を最終日とする1週間を人権週間と定め、全国的に啓発活動を展開し、広く国民に人権意識の高揚を呼びかけています。

千葉人権擁護委員協議会では、12月8日にJR千葉駅前及び「第61回人権週間 ちばハートフル・ヒューマンフェスタ2009」の会場である千葉県文化会館において、街頭啓発活動を行い、多くの国民の方々に人権尊重の呼びかけを行いました。 人KENまもるくんと人KENあゆみちゃんがプリントされた人権啓発グッズは大好評で、平成22年卓上カレンダーや人権イメージキャラクターキーリングなど、この日のために用意をした4、000個の啓発物品を全て配り終えました。

第61回人権週間活動紹介 第61回人権週間活動紹介

また、市原市では、人権週間の人権啓発事業の一環として、12月4日(金)に市原市市民会館で、「市原市人権問題講演会」を開催しました。

当日は、講師に日本ギニア友好協会広報官のオスマン・サンコン氏をお招きし、「みんな違ってみんないい」と題し講演をしていただきました。

また、人権擁護委員制度を市民の皆様に周知するため、人権擁護委員についての説明が行われ、市内で活動を行っている委員が紹介されました。

第61回人権週間活動紹介 第61回人権週間活動紹介

平成21年度Jリーグ連携・協力事業を実施しました。

<目的>

国民各層への人権啓発活動を推進するに当たり、従来からの啓発活動を引き続き展開する一方、これからの社会の担い手となる若年層を対象に、人権尊重思想の更なる普及を図るため、青少年や地域社会などに大きな影響力を有するJリーグと連携を図ることとされたものです。

<事案の概要>

「Jリーグ百年構想・子ども人権プログラム」と名称が定められています。これは、Jリーグが「Jリーグ百年構想」の一環として、「スポーツを通じて青少年の健全な育成を図る」ことを目標としていることから、法務省人権擁護局では、「みんなで『人権サポーター』になろう。」としており、千葉地方法務局では、千葉県子どもの人権専門委員会、千葉人権擁護委員協議会及びジェフユナイテッド市原・千葉と連携・協力し、本年8月19日(水曜)、フクダ電子アリーナにおいて当日来場したジェフユナイテッド市原・千葉サポーター(先着9、000名)へ子どもの人権110番マグネットの配布を行いました。

また、試合開始前及びハーフタイムには、スタジアム内のモニター及びアナウンスにて「子どもの人権110番」の周知を行いました。

マグネットを手にした来場者からは、「わあ、かわいい!」とか「今日来てよかった。」などの声も聞かれ、試合開始前には配布予定数を配り終えるほどの盛況ぶりで、多くの方に「子どもの人権110番」を知ってもらうことができました。

当協議会では、次のとおり人権相談に応じています。

相談は、法務大臣が委嘱した人権擁護委員または法務局職員がお受けします。

相談は無料で、秘密は固く守りますので、お気軽にご相談ください。

特設人権相談所
相談機関 相談会場 相談日 時間 電話番号
千葉市 千葉中央コミュニティセンター2階 毎週火曜日 10時〜15時 043-245-5140
習志野市 サンロード津田沼ビル6階 毎月第3火曜日 13時〜15時 047-454-2223
市原市 市原市役所 毎週月曜日 10時〜15時 0436-22-1111
東金市 東金市役所 毎月15日 10時〜15時 0475-50-1117
山武市 山武市役所 毎月火曜日の内月2〜4回
詳しくは、直接お問い合せください。
13時30分〜16時30分 0475-80-1271
山武福祉センター
山武市役所蓮沼出張所
松尾ふれあい館
大網白里町 大網白里町中央公民館 毎月第3水曜日 10時〜15時 0475-70-0342
九十九里町 九十九里町保健福祉センター 毎月第2火曜日 10時〜15時 0475-70-3162
長生村 長生村総合福祉センター 毎月第2月曜日 10時〜15時 0475-32-2115
一宮町 一宮町保健センター 毎月第1木曜日 13時30分〜16時 0475-42-1431
白子町 白子町役場 毎月第2水曜日 10時〜15時(注)要予約 0475-33-2111
睦沢町 睦沢町農村環改善センター 毎月第2水曜日 13時〜16時 0475-44-2503
茂原市 茂原市役所 毎月第2火曜日 13時〜16時 0475-20-1505
茂原市本納公民館 毎月第3木曜日 13時〜16時 0475-20-1505
長柄町 長柄町福祉センター 毎月10日、20日 10時〜15時 0475-30-7200
長南町 長南町中央公民館 毎月1日、15日 10時〜15時 0475-46-2116
いすみ市 いすみ市大原文化センター [直接お問い合わせください] 0470-62-1111
いすみ市岬ふれあい会館 月に一度金曜日 13時30分〜16時 0470-87-8857
いすみ市夷隅児童館 毎月第1、2、3水曜日 13時30分〜16時 0470-86-2114
御宿町 御宿町社会福祉センター 毎月22日 9時〜12時 0470-68-6725
勝浦市 勝浦市役所、勝浦市保健センター、勝浦市興津公民館、勝浦市上野集会所、勝浦市総野集会所、の内、毎週いずれか1会場 毎月第1、2、3、4火曜日 13時〜16時 0470-73-1211
大多喜町 大多喜老人福祉センター 毎月第3火曜日 10時〜15時 0470-82-4969

このページの先頭へ