本文へジャンプメニューへジャンプ
千葉県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会

当協議会は、千葉地方法務局佐倉支局、匝瑳支局、及び香取支局管内の市町村に所在する人権啓発活動にかかわる機関等が連携・協力関係を確立して、各種人権啓発活動を総合的・効果的かつ効率的に推進することを目的として発足しました。平成13年10月9日発足当初は佐倉支局管内のみを活動区域としていましたが、その区域を拡大し、匝瑳支局管内・香取支局管内を取り込み現在の組織形態となっています。さらに、平成16年10月25日名称を変更し現在の北総人権啓発地域ネットワーク協議会となっています。

構成員は次のとおりです。

千葉地方法務局佐倉支局
〒285-0811
佐倉市表町1-20-11
Tel:043-484-1222
佐倉人権擁護委員協議会
〒285-0811
千葉地方法務局佐倉支局内
Tel:043-484-8599
佐倉市
〒285-0013
佐倉市海隣寺町97
Tel:043-484-1111
四街道市
〒284-0003
四街道市鹿渡無番地
Tel:043-421-2111
八街市
〒289-1115
八街市八街ほ35-29
Tel:043-443-1111
成田市
〒286-0033
成田市花崎町760
Tel:0476-22-1111
印西市
〒270-1327
印西市大森2364-2
Tel:0476-42-5111
白井市
〒270-1422
白井市復1123
Tel:0474-92-1111
富里市
〒286-0292
富里市七栄652-1
Tel:0476-93-1111
酒々井町
〒285-0922
印旛郡酒々井町中央台4-11
Tel:043-496-1171
栄町
〒270-1515
印旛郡栄町安食台1-2
Tel0476-95-1111
千葉地方法務局匝瑳支局
〒289-2141
匝瑳市八日市場ハ678-3
Tel:0479-72-0334
匝瑳人権擁護委員協議会
千葉地方法務局匝瑳支局内
Tel:0479-72-3199
匝瑳市
〒289-2198
匝瑳市八日市場ハ793-2
Tel:0479-73-0080
旭市
〒289-2595
旭市ニ1920
Tel:0479-62-8070
銚子市
〒288-8601
銚子市若宮町1-1
Tel:0479-24-8181
多古町
〒289-2292
香取郡多古町多古584
Tel:0479-76-5401
芝山町
〒289-1692
山武郡芝山町小池992
Tel:0479-77-3911
横芝光町
〒289-1793
山武郡横芝光町宮川11902
Tel:0479-84-1214
千葉地方法務局香取支局
〒287-0001
香取市佐原ロ2122-40
Tel:0478-52-3391
香取人権擁護委員協議会
千葉地方法務局香取支局内
香取市
〒287-8501
香取市佐原ロ2127
Tel:0478-54-1111
神崎町
〒289-0292
香取郡神崎町神崎本宿163番地
Tel:0478−72−2111
東庄町
〒289-0692
香取郡東庄町笹川い4713番地の131
Tel:0478-86-1111

法務局や各市町村において、人権相談をお受けしています。相談は無料で秘密は堅く守られます。こまり事など人権に関するご相談がありましたら、電話でお問い合わせの上お越し下さい。対応は、法務大臣が委嘱した地域の人権擁護委員又は法務局職員です。

写真:千葉人権の花しゃくやく

平成29年度の行事予定

1.人権啓発活動の年間予定

実施予定年月日 人権啓発活動の内容
平成29年
12月2日(土)
地域人権啓発活動活性化事業 「みんなで人権を考える集いinしすい」
内容:講演会,人権作文発表会
場所:印旛郡酒々井町 プリミエール酒々井文化ホール

2.事業の概要

平成29年度地域人権啓発活動活性化事業

 「みんなで人権を考える集いinしすい」

日時
平成29年12月2日(土)午後1時00分(午後0時30分受付)
内容
■ 講演会
  演題:かんたん人権講話 涙と笑いの人権ばなし
  講師:林家うん平
■ 中学生による人権作文の発表
■ 酒々井町立酒々井中学校吹奏楽部による演奏
場所
プリミエール酒々井文化ホール
会場住所
印旛郡酒々井町中央台3−4−1
アクセス
JR酒々井駅徒歩10分,京成酒々井駅徒歩15分
東関東自動車道佐倉インターより国道51号線を成田方面に向かい約15分
その他
入場無料
主催
酒々井町,酒々井町教育委員会
北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会

「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成25年度の活動として、平成26年2月1日(土曜日)に八街市中央公民館において「みんなで人権を考える集いin八街(主催 八街市・八街市教育委員会・北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会)」を開催しました。

当日は、八街市立八街北中学校吹奏楽部の演奏によるオープニングで始まり、佐倉人権擁護委員協議会管内の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から選出された4名の方が作文を発表し、大きな反響を得ました。


「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(1)

※クリックすると拡大します。

「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(2)

※クリックすると拡大します。

「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(3)

※クリックすると拡大します。

「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(4)

※クリックすると拡大します。

「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(5)

※クリックすると拡大します。


続いて、エッセイストであり、高校教師としても活躍されている宮本延春さんの「オール1先生からのメッセージ〜人は、夢・目標があれば変われるんだ!〜」と題した講演が行われました。

ご自身がいじめを受けたり、ご両親を亡くされたりと苦労してきた体験談を、ユーモアを交えて話され、経験から学んだ、自分を支えてくれる周りの人たちに感謝の気持ちを伝えること、目標を持つことの大切さ、それを実現するためにひたむきに努力することの大切さを、改めて来場者に伝えました。


「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(6)

※クリックすると拡大します。


また、会場内にて、同協議会管内において出品された、子どもの人権ポスター原画コンテストの作品展示を同時開催しました。


「みんなで人権を考える集いin八街」が開催されました!(7)

※クリックすると拡大します。


「みんなで人権を考える集いin東庄」が開催されました!

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成24年度の活動として、平成24年11月17日(土曜日)に東庄町公民館 大ホールにおいて「みんなで人権を考える集いin東庄(主催 東庄町・東庄町教育委員会・北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会)」 を開催しました。

当日は、東庄町立東庄中学校吹奏楽部の演奏によるオープニングで始まり、香取人権擁護委員協議会管内の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から選出された4名の方が作文を発表し、大きな反響を得ました。

みんなで人権を考える集いin東庄:東庄町立東庄中学校吹奏楽部の演奏によるオープニング

※クリックすると拡大します。

続いて、作家として活躍する落合恵子さんの「HUGのとき・・・ 誰かを、そして自分を抱きしめよう」と題した講演が行われました。

落合さんは、執筆活動だけでなく、女性問題や子どもの人権問題をテーマとしての視点から講演などの活動を積極的に展開しており、今回も女性や子どもの人権問題について話してくださいました。また、ご自身のお母様をおよそ7年、介護をされて見えてきたこと、今後の福祉に願うことなど高齢者の人権問題についてもお話しをされました。

現在は、東日本大震災以降、被災地の子どもたちに本を送るプロジェクト「HUG&READ」を立ち上げ活動されているということで、一人でも多くの子どもたちの心が癒え、豊かになっていくことを心から願っていることが、講演の参加者にも伝わり人権問題のお話しと同様に、会場に一体感のようなものが感じられました。

みんなで人権を考える集いin東庄:HUGのとき・・・ 誰かを、そして自分を抱きしめよう

※クリックすると拡大します。

また、同館ロビーにて、香取人権擁護委員協議会管内において出品された子どもの人権ポスター原画コンテストの入選作品の展示が開催されました。

みんなで人権を考える集いin東庄:人権ポスター原画コンテストの入選作品の展示

※クリックすると拡大します。

みんなで人権を考える集いin東庄:人権ポスター原画コンテストの入選作品の展示

※クリックすると拡大します。


「みんなで人権を考えるつどいIN印西」が開催されました!

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成23年度の活動として、平成24年2月4日(土曜日)に、印西市文化ホールにおいて「みんなで人権を考えるつどいIN印西(主催 印西市・印西市教育委員会・北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会)」を開催しました。

当日は、印西市立西の原中学校吹奏楽部演奏によるオープニングで始まり、佐倉人権擁護委員協議会管内の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から選出された印西市在住の3名の方が作文を発表し、大きな反響を得ました。

続いて、ジャーナリストとして戦場での取材を行っておられる山本美香さんは、取材した戦争中の国において、子どもや女性の人権が侵害されている事実を含め、取材写真を交えながら、平和の大切さ命の尊さを来場者に伝えました。

また、会場内にて、同協議会管内において出品された人権ポスターコンテスト入選作品や人権標語の入選作品展示が同時開催されました。

みんなで人権を考えるつどい in印西

※クリックすると拡大します。

みんなで人権を考えるつどい in印西

※クリックすると拡大します。


「みんなで人権を考えるつどいin銚子」が開催されました!

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成22年度の活動として、平成23年2月5日(土曜)に、銚子市青少年文化会館において「みんなで人権を考えるつどいin銚子(主催 銚子市 銚子市教育委員会 北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会)」を開催しました。

当日は、銚子市立銚子高等学校吹奏楽部演奏によるオープニングで始まり、匝瑳人権擁護委員協議会管内の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から選出された銚子市在住の2名の方が作文を発表し、大きな反響を得ました。

続いて、声優として活躍する増岡弘さんの「マスオの人権問題考 ことばはプレゼント」と題した講演が行われました。

全国各地を講演で飛び回っている増岡さんは、そこで出会った人々とのふれあいを、笑いとマスオさんをはじめいくつもの声を交えながら話してくださり、「思いやりの気持ちを言葉で伝えることの大切さ」を来場者へ伝えました。

また、会場内にて、同協議会管内において出品された人権ポスターコンテスト入賞者作品や人権なぞかけ作品が展示されました。

みんなで人権を考えるつどい in銚子

出迎える人KENまもる君あゆみちゃん

みんなで人権を考えるつどい in銚子

市立銚子高校吹奏楽部によるオープニング

みんなで人権を考えるつどい in銚子

人権講演会

みんなで人権を考えるつどい in銚子

人権ポスター展示


「みんなで人権を考えるつどいin富里」が開催されました!

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成21年度の活動として、平成22年2月13日(土曜)に、富里中央公民館において「みんなで人権を考えるつどいin富里(主催 富里市 富里市教育委員会 北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会)」を開催しました。

当日は、富里中学校吹奏楽部演奏によるオープニングで始まり、佐倉人権擁護委員協議会管内の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から選出された成田市、富里市在住の3名の方が作文を発表しました。

続いて、スポーツジャーナリストとして活躍する増田明美さんが「自分という人生の長距離ランナー」と題して講演が行われました。

増田さんは、ロサンゼルスオリンピックでの挫折など自身の体験談を交え、「レース中、沿道の心無い声に苦しんでいたとき、一般ランナーの温かい言葉に救われたことがあります。人の心を守るためには、優しいまなざしと思いやりの気持ちが必要だと思います。」と来場者へ伝えました。

また、同館ロビーにて、同協議会管内において出品された人権ポスター及び小学生人権標語コンテスト入賞者作品展示が同時開催されました。

みんなで人権を考えるつどい in富里

富里中学校吹奏楽部によるオープニング

みんなで人権を考えるつどい in富里

中学生作文発表


みんなで人権を考えるつどい in富里

人権講演会

みんなで人権を考えるつどい in富里

人権ポスター・標語作品展示


「みんなで人権を考えるつどいin香取」が開催されました!

平成22年2月20日(土曜)に、香取市・香取市教育委員会の主催で「みんなで人権を考えるつどいin香取」が香取市佐原中央公民館において開催されました。

始めに、香取人権擁護委員協議会管内の中学生から応募のあった作品の中から、最優秀賞に選ばれた2名の人権作文の発表が行われました。

みんなで人権を考えるつどいin香取

続いて、社会福祉法人一粒会理事長の花崎みさを氏を講師に「虐げられた子どもたちの姿から」と題して講演が行われました。

親から育てられた経験のない子が親となり自らも子どもを育てることができず子育てを放棄しているなど、親から虐げられた子どもの実情が紹介されました。


みんなで人権を考えるつどいin香取

最後に、李政美氏のトーク&ライブ「ありがとういのち」が行われました。

オリジナル曲や朝鮮民謡など心に染み渡る深く透明な歌声で聴衆を魅了していました。


当日は、中学生の人権作文発表を始め、人権講演会、トーク&ライブと盛りだくさんの内容で参加された多くの方々も人権について考える絶好の機会となったようです。


人権教室及び人権講話のご紹介

小学生を対象として、「いじめのない楽しい学校生活を送るためにはどうすればよいか」について、人権啓発ビデオ等を通して一緒に考えてもらうことにより、人権尊重に対する理解を深めてもらうことを目的として人権教室を実施しています。 ここでは、佐倉人権擁護委員協議会が実施する人権教室及び講話の様子をご紹介します。

日時:平成21年11月24日(火曜) 午前11時20分〜午後12時5分
会場:間野台小学校
担当:植木 桂子委員
内容:
間野台小学校1年生(約89人)を対象とした人権教室を実施しました。
(担当は植木桂子委員でありますが、同じく人権擁護委員である岡野敦委員、酒井孝子委員も参加しました)
"人権"ってなんだろう?「みんなやまわりにいる人たちが毎日、明るく、楽しく、元気よく、やさしい気持ちで毎日、すごすことだよ」と子どもたちに一言ひとこと、丁寧に伝えました。 副読本「たねをまこう」を使って、人権や思いやりについて考えました。

児童に"人権"についてお話しする様子

人権教室及び人権講話のご紹介

「たねをまこう」を使った、人権に関する授業風景

人権教室及び人権講話のご紹介

日時:平成21年11月30日(月曜) 午後1時50分〜午後2時50分
会場:上志津中学校
担当:加瀬 皓三委員
内容:
上志津中学校の全校生徒(284人)を対象に「人間とは」、「基本的人権とは」、「学校・友だちとは」などの課題をあげて、生徒の発表を聞きながら、講話を行いました。
あなたたちはこれからの日本を支えていく、日本の「至宝」である。今日の話の中から、一つでもいいので考え、感じとって欲しいと講話が始まりました。
「学校・友だちとは」では、社会で強く生きていくために、学校で友だちと切磋琢磨し、他人の長所を認め、自分の短所を知ることで、自己の鍛練並びに、他者を認めることを学ぶことにより、社会に出てからも立派に生きていく基礎を作ってもらいたいと話をしました。
また、けんかとは自己主張の対立であるが、いじめは、正義がないことを知って行う卑劣な行為である。「いじめはなくならない」「社会に出てからはもっと辛いことがあるかもしれない」「いじめた人は忘れるが、いじめられた人は一生忘れない」、「いじめられている人も、負けない強い意志で立ち向かってほしい」などリアリティのあるお話をしました。(この人権教室には同じく人権擁護委員の酒井委員も参加しました。)

全校生徒を相手に講演をする様子

人権教室及び人権講話のご紹介人権教室及び人権講話のご紹介
日時:平成21年12月3日(木曜) 午前10時30分〜午前11時15分
会場:和田小学校
担当:酒井 孝子委員
内容:
和田小学校1、2年生(32人)を対象に、ビデオ「プレゼント」を使用し、人権教室を実施しました。 「"人権"はみんなが幸せに暮らせるということです。"けんか"と"いじめ"は違います。今日は、"いじめ"についてみんなで一緒に考えてみましょう」とお話をし、ビデオを見ながら、登場人物の気持ちを話し合いました。子どもたちからは、「いじめられてかわいそう」「仲直りできてよかった」など、たくさんの感想が発表されました。

児童に"人権"についてお話をする様子

人権教室及び人権講話のご紹介

「プレゼント」を使った、授業風景

人権教室及び人権講話のご紹介

日時:平成21年12月9日(水曜) 午前10時30分〜午前11時30分
会場:内郷小学校
担当:酒井 孝子委員
内容:
内郷小学校3、4年生(38人)を対象に、ビデオ「プレゼント」を使用し、人権教室を実施しました。
(担当は酒井孝子委員でありますが、同じく人権擁護委員である齊藤惠藏委員、齋藤玲子委員、加藤浩子委員も参加しました)
まず、"人権"は他人のことではなく、自分にとっても相手にとっても大切なもの、と子どもたちに伝えました。また、「"けんか"と"いじめ"は同じですか?」と子どもたちに尋ねると、子どもたちからは、「"けんか"は二人でするけど、いじめはみんなで一人をいじめる」などの意見が出ました。
その後、ビデオ「プレゼント」を見て、登場人物の気持ちを話し合いました。最後に子どもたちに「自分の気持ちを伝えられる人になってください」とお話をしました。

児童に"人権"についてお話をする様子

人権教室及び人権講話のご紹介

「プレゼント」を使った、授業風景

人権教室及び人権講話のご紹介

日時:平成21年12月10日(木曜) 午前10時35分〜午前11時20分
会場:弥富小学校
担当:酒井 孝子委員
内容:
弥富小学校3、4年生(16人)を対象に、ビデオ「プレゼント」を使用し、人権教室を実施しました。
(担当は酒井孝子委員でありますが、同じく人権擁護委員である林委員も参加しました)
「"人権"ってなんだろう?」と問いかけ、「みんなと仲良くなること、そして、みんなが幸せになることだよ」とお話しをしました。また、ビデオ「プレゼント」をみたあと、「"けんか"と"いじめ"はちがいます」「けんかは後で仲直りすればよい」「いじめは絶対にしてはならないこと」「いじめを見ているだけでもいじめと同じです」「いじめは犯罪です」など、子どもたちにたくさんのことを伝えました。
最後に、「自分の気持ちを相手に言える人になってほしい」とお話しをしました。

児童に"人権"についてお話をする様子

人権教室及び人権講話のご紹介

平成20年度活動紹介

みんなで人権を考えるつどいin香取が開催されました !

北総人権啓発活動地域ネットワーク協議会では、平成20年度の活動として、平成20年11月29日(土曜)に、香取市佐原文化会館において「みんなで人権を考えるつどいin香取」を開催しました。

当日は、香取人権擁護委員協議会管内の香取市、神崎町及び東庄町の中学生から寄せられた人権作文コンテスト応募作品の中から、最優秀賞に選ばれたお二人の作文の発表が行われました。

続いて、「ブルーリボンに願いを込めて」と題して、横田滋、横田早紀江ご夫妻による人権講演会が行われました。

横田めぐみさんが拉致されてから31年がたちますが、その間のお二人の悲しみやご苦労に、会場に集まった多くの方々が心を打たれ、拉致問題に対する認識を新たにしたところです。

みんなで人権を考えるつどい みんなで人権を考えるつどい

このページの先頭へ