人権相談窓口・事例のご紹介

法務局・地方法務局又はその支局では、法務局職員や人権擁護委員が、皆様の日常生活の中で、「これは人権問題ではないだろうか?」と感じることなどについてお話を伺い、皆さんの人権を守るために必要な助言をしたり、その問題を取り扱う関係機関や法テラス等に紹介するなど、解決の手助けをしています。
相談内容は、差別、私的制裁、いじめ、体罰、虐待、家庭内の暴力、セクシュアルハラスメント、ストーカー、近隣とのもめごとなど幅広い相談を受けています。
電話やメールによる相談のみならず、面接による相談も受け付けています。
相談は無料で、相談内容の秘密は厳守されます。

画像

相談事例あなたのその悩み人権侵害かも?

画像

夫から暴力を受けている

夫から暴力を受け、子どもとともに着の身着のまま家を出たという相談があったものです。直ちに救急病院での受診や警察への通報、当日の宿泊場所の確保等について助言・紹介を行いました。
また、相談者の生活保護や市営住宅入居申請に人権擁護委員が付き添い、生活基盤の構築を図りました。

画像

学校でいじめを受けている

通学する小学校でいじめを受けている女子児童から相談があったものです。
法務局は学校側に対して、いじめ防止に向けた具体的対策を講じるよう働きかけるとともに、女子児童の両親と学校の信頼回復のため、協議の場を設けました。
また、同学校に人権擁護委員が出向き、児童に対し、人を思いやる心の大切さを理解してもらう人権教室を行いました。

画像

外国人であることを理由にサービスを拒否された

理容店において、外国人であることを理由に散髪を拒否されたという相談があったものです。同店店長に話を聴いて事情を把握した上で、合理的な理由のない不当な差別はしないよう説示しました。

人権相談窓口法務局・地方法務局

みんなの人権110番(全国共通)

ゼロゼロみんな の ひゃくとおばん

子どもの人権110番(全国共通・通話料無料)

0120-007-110

ゼロゼロななのひゃくとおばん

女性の人権ホットライン(全国共通)

ゼロナナゼロ の ハートライン

みんなの人権110番(全国共通)

ゼロゼロみんな の ひゃくとおばん

パソコン、携帯電話、スマートフォン共通