本文へジャンプメニューへジャンプ
愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう 一人一人の 人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に
ここからメニューです

ホーム > イベント情報 >

ここから本文です

人権週間行事

国際連合では、昭和23年12月10日の第3回総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し、第5回総会(昭和25年)において、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー」と定め、国連加盟国などに人権思想の啓発のための行事を実施するよう呼びかけています。

我が国では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年から、毎年12月10日(人権デー)を最終日とする1週間を「人権週間」と定め、全国的に啓発活動を展開しています。

愛媛県内では、新聞広告の掲載、テレビCMの放映、人権に関する講演会等を通じて広く国民に人権意識の高揚を呼びかけるほか、週間内に松山地方法務局及び愛媛県人権擁護委員連合会は相談電話番号を設け、12時間電話相談(午前9時〜午後9時)を実施しています。

(実施機関:松山地方法務局、愛媛県人権擁護委員連合会)

世界人権宣言(抜粋)
[第1条]すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。

(C)松山地方法務局 1999

このページの先頭へ