本文へジャンプメニューへジャンプ
愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう 一人一人の 人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に
ここからメニューです

ホーム > イベント情報 > 愛媛県小学生人権メッセージコンテスト >

ここから本文です

「第9回愛媛県小学生人権メッセージコンテスト」実施要領

(1)主催

松山地方法務局、愛媛県人権擁護委員連合会

(2)後援

愛媛FC、愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会

(3)趣旨

次代を担う小学生が、人権をテーマとしたメッセージを書くことによって、人権尊重の重要性及び必要性について理解を深めるとともに、豊かな人権感覚を身に付けることを目的として実施する。

(4)応募規定
  1. 対象

    愛媛県内の小学校に在学する4学年以上の児童(外国人学校に在学する者で小学校4学年以上に準ずる児童を含む。)及び特別支援学校の小学部に在学する4学年以上の児童

  2. メッセージの内容

    「人権尊重」、「自由平等」、「平和」、「思いやり」、「友達」及び「友情」等、日常の家庭生活や学校生活又は地域でのグループ活動との関わりの中で得た体験等を通じて、人権を守ることの大切さや必要性について『誰かに伝えたいこと』などを題材としたものとする。

  3. 応募原稿の様式

    原稿用紙は、別途配布する専用用紙(小学生人権メッセージコンテスト原稿用紙)又は適宜の様式(400字詰原稿用紙等)とする。題名、学校名、学年及び氏名を除いて200字以内とする。

    外国語でメッセージを作成した場合又は視覚に障害があり、点字又は録音テープでメッセージを作成した場合には、それぞれ200字以内の翻訳文、墨字又は反訳文を付するものとする。

(5)推薦方法
  1. 推薦基準

    本大会の予選として地区大会を行い、地区大会主催者は、6編の作品を本大会に推薦する。

  2. 推薦方法

    各地区大会主催者は、応募作品及び応募作品送付書を、松山地方法務局人権擁護課宛て送付する。

  3. 推薦期限

    平成24年9月28日(金曜)必着

(6)表彰
賞は次の10賞とし、入賞者には表彰状及び副賞を授与する。
  • ・最優秀賞(2編)
    松山地方法務局長賞、愛媛県人権擁護委員連合会長賞
  • ・優秀賞(4編)
    うち1編を愛媛FC賞とする
  • ・奨励賞(4編)
(7)入賞者の発表

入賞者の発表は、平成24年11月中旬に愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会ホームページ(http://www.moj.go.jp/jinkennet/ehime/ehime_index.html)において発表する。

(8)応募に当たっての注意
  1. 応募作品は未発表のものに限る。

    ※未発表とは、他のコンテスト等に応募していないこと、又は作品集・ホームページ等で、一般に公開されていないことをいう。

  2. 応募作品は返却しない。
  3. 応募作品の著作権は,主催団体に帰属するものとする。
  4. 本大会入賞作品については、一般に公開することを予定しているので、公開を希望しない作品については応募することができない(公開部分:学校名、学年、氏名、本文、公開方法:作品集の発行、新聞・テレビ等による報道、ホームページへの掲載など)。
  • ア 作品の公開に当たっては、読者に不快な印象を与えるおそれのある表現等について、作品の趣旨を損なわない範囲で一部修正することがある。
  • イ 公開する作品中に登場する人物について、個人の特定が可能であると認められる場合には、当該人物に対し、一般に公開されることについての承諾を得るものとする。法人等の団体であっても同様の承諾を得るものとする。
  • ウ 一般に公表・公開された作品について、地方自治体等の広報誌や学校の教材等への転載を許可する場合、その都度本人の許諾を求めることはしないので、本人が転載を望まない場合又は望まなくなった場合には、主催団体にその旨を申し出るものとする。

このページの先頭へ