本文へジャンプメニューへジャンプ
愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう 一人一人の 人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

今治市内の高校生と連携して人権啓発活動を行いました

人権啓発活動

平成25年8月12日、今治市内の7つの高等学校、中等教育学校で組織する「今治地区高等学校等生徒人権委員会」の生徒の皆さんと今治の人権擁護委員・法務局職員が合同で人権啓発活動を行いました。啓発活動の内容は、JR今治駅において、その利用客等に対して人権啓発チラシを配布するというものです。

人権啓発活動
人権啓発活動

当日は、朝から気温が上がりじっとしていても汗ばむような暑さでしたが、参加した生徒の皆さんは、夏の朝の日差しを受けながら熱心に人権啓発のチラシを配っていました。配布したチラシは、この日のためにそれぞれの学校で生徒さんが作成したもので、オリジナルな絵が描かれており、通勤通学で今治駅を出入りするたくさんの人が足を止めて受け取っていました。また、人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが登場したことで、周囲を行き交う人の注目を受けていました。活動が終了したとき生徒の皆さんから「暑かったけどいい経験ができた」との感想の言葉がありました。

この活動は約30分間行いましたが、発着する列車の比較的多い時間帯であり、今治駅を利用する皆様に人権擁護委員や法務局職員の存在をPRできたものと思います。また、一緒に活動した生徒の皆さんにもタオルハンカチを配り、いじめ問題や悩み事を相談できるパートナーとして人権擁護委員や法務局職員がいることをPRしました。今後も地域密着型のこのような啓発活動を続けて行きたいと思います。


高校の生徒さんたちの作成した人権啓発チラシの一例

(高校の生徒さんたちの作成した人権啓発チラシの一例です。)

このページの先頭へ