本文へジャンプメニューへジャンプ
愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう 一人一人の 人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に
ここからメニューです

ホーム > 人権相談ってなに? >

ここから本文です

HIV感染者等の人権問題

リーフレット:ハンセン病の正しい理解のために

現在の社会においては、様々な病気、特に感染症に対する正しい知識と理解が十分に普及しているとはいえず、エイズ、結核、ハンセン病などの感染症にかかった患者・元患者や感染者が、これらの感染症に対する誤った知識や偏見などにより被る、職場での迫害、入園や入学の拒否、医療現場における差別、プライバシー侵害などが問題となっています。

エイズに関していえば、研究の進展に伴い、その原因がHIVといわれる非常に感染力の弱いウイルスであり、うつりにくい病気であることが分かっています。ハンセン病も極めてうつりにくく、かつ、現在では治療薬により完全に治る病気になっています。

しかし、今なお誤った認識や偏見が存在しています。患者・元患者や感染者が、偏見や差別に苦しむことがないよう、正しい知識を普及啓発する取組が必要です。

このページの先頭へ