本文へジャンプメニューへジャンプ
愛媛県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう 一人一人の 人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に
ここからメニューです

ホーム > 人権相談ってなに? >

ここから本文です

子どもの人権問題

ポスター:愛媛FCは今年も人権サポーター宣言!

近時、我が国では、いじめ、体罰、不登校、児童虐待など子どもの人権問題が大きな社会問題となっています。子どもの人権については、1989年(平成元年)の国連総会で「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」が採択され、日本も1994年(平成6年)4月にこの条約を批准し、子どもの人権問題の解決に積極的に取り組んでいます。

また、松山地方法務局では、「子どもの人権110番」(Tel:0120-007-110)を設置して、下記のような子どもの人権問題に関するご相談をお受けしています。

いじめ

最近の子どもの「いじめ」の実態は、子どもが考えたとは思われないほど巧妙で、その態様も次第にエスカレートしていく傾向にあります。「いじめ」は、それが原因で自殺や殺傷事件、あるいは不登校などに至る場合があり、重大な人権侵害であるという認識が必要です。

体罰

教育職員による体罰については、学校教育法第11条で明確に禁止されているところですが、体罰による人権侵犯事件は依然として高水準にあります。

体罰は、「いじめ」のモデルになったり、校内における暴力容認の雰囲気を作り出したりするなど、児童・生徒のいじめや不登校を誘発・助長する要因になるとも考えられています。

児童虐待

最近、助けを求めるという意思表示ができないような幼児や児童を、親等がせっかん、虐待し、中には死にまで至らしめるという痛ましい事件が多発しています。この問題に対し、平成12年11月には、「児童虐待の防止等に関する法律」が施行されるなど、各機関で積極的な取組が行なわれています。

このページの先頭へ