本文へジャンプメニューへジャンプ
福井県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 人権関係資料 >

ここから本文です

同和問題に関するもの

同和問題について

同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程で形づけられた身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低位の状態を強いられ、今なお結婚を妨げられたり、就職で不公平に扱われたり、日常生活の上でいろいろな差別を受けるなどの我が国固有の重大な人権問題です。

この問題の解決を図るため、国は、昭和44年以来、三度にわたる特別措置法に基づき、地方公共団体等と一体となって地域改善対策に係る関係諸施策を行うとともに、偏見による差別の解消を目指して、積極的に啓発活動に取り組んでいるところですが、いまだに差別事象は後を絶っていません。

昭和40年の同和対策審議会答申は、同和問題の解決は国の責務であると同時に国民的課題であると指摘しています。その精神を踏まえて、今後とも、国や地方公共団体等が同和問題の解決に向けて努力していくことはもとより、国民の方々にも、同和問題を人権問題としてとらえていただくとともに、自分自身の課題として、その解決に向けて努力していただく必要があります。

総務庁が平成5年度に実施した「同和地区実態把握等調査」において、同和地区外に居住する者を対象に同和問題の解決に対する態度について質問を行ったところ、自分自身の問題として一定の理解を示している人が43.8%いましたが、一方、「よく考えていない(19.2%)」、「なりゆきにまかせるよりしかたがないと思う(18.7%)」、「誰かしかるべき人が解決してくれると思う(14.3%)」、「自分とは直接関係のない問題だと思う(2.2%)」とした人が54.4%と半数以上を占めており、今後も広く国民の方々に同和問題についての正しい認識をもっていただくための積極的な啓発活動の取組が必要です。

えせ同和行為の排除

同和問題解消のための啓発活動の大きな阻害要因になっているものに、いわゆるえせ同和行為の横行があります。えせ同和行為とは、「同和問題はこわい問題である」という人々の誤った意識に乗じ、例えば、同和問題に対する理解が足りないなどという理由で難癖をつけて高額の書籍を売りつけるなど、同和問題を口実として不当な利益や義務なきことを求める行為を指します。

えせ同和行為に対しては、昭和62年に全省庁参加の下、「えせ同和行為対策中央連絡協議会」が、また、福井県においても、福井地方法務局を事務局として「えせ同和行為対策関係機関連絡会」が設置されています。

このページの先頭へ