本文へジャンプメニューへジャンプ
福井県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 人権関係資料 >

ここから本文です

刑を終えて出所した人に関するもの

刑を終えて出所した人やその家族に対する偏見や差別は根強いものがあり、就職に際しての差別問題のほか、悪意のある噂の流布などの問題がおきています。

刑を終えて出所した人などが、地域社会の一員として円滑な社会生活を営むためには、本人の強い更正意欲とあわせて、家族、職場、地域社会の理解と協力が必要です。そのためこれらの人々に対する偏見や差別をなくすための啓発活動に努めるとともに、自立を援助するため関係機関の連携を図ることが重要です。

このページの先頭へ