本文へジャンプメニューへジャンプ

福岡・筑紫地域人権啓発活動ネットワーク協議会

ここからメニューです
ここから本文です
人権イメージキャラクター
人KENまもる君&人KENあゆみちゃん

従前の福岡地域人権啓発活動ネットワーク協議会と筑紫地域人権啓発活動ネットワーク協議会は、平成18年5月15日に統合し、新しく、「福岡・筑紫地域人権啓発活動ネットワーク協議会」を設置しました。

21世紀は、「人権の世紀」といわれています。すべての人々の人権が尊重され、相互に共存できる平和で豊かな社会を実現するためには、国民一人ひとりが、人権尊重の精神の涵養を図ることが必要です。

目的
構成員
主な活動について
人権相談所のご案内
人権相談窓口のご案内
人権相談所
活動紹介
福岡・筑紫地域人権啓発活動ネットワーク協議会
福岡地域
  福岡法務局及び福岡人権擁護委員協議会
  福岡地域の構成機関
筑紫地域
  福岡法務局筑紫支局及び筑紫人権擁護委員協議会
  筑紫地域の構成機関

目的

福岡・筑紫地域人権啓発ネットワーク協議会は、福岡法務局本局及び筑紫支局管轄区域に所在する国、地方公共団体、人権擁護委員組織体及びその他の人権啓発の実施主体が、地域の実情に応じて相互に連携協力することにより、福岡及び筑紫地域における人権啓発活動を総合的、効果的かつ効率的に実施することを目的としています。

このページの先頭へ

構成員

下記のリンクをクリックすると、新規ウィンドウが開きます。

福岡地域 福岡法務局(本局) 福岡人権擁護委員協議会
福岡市 宗像市 糸島市 古賀市
福津市 糟屋郡宇美町 糟屋郡篠栗町 糟屋郡志免町
糟屋郡須恵町 糟屋郡新宮町 糟屋郡久山町 糟屋郡粕屋町
筑紫地域 福岡法務局筑紫支局 筑紫人権擁護委員協議会
筑紫野市 春日市 太宰府市 大野城市
筑紫郡那珂川町

※各構成員の人権啓発行事一覧(平成28年度はこちらから)

このページの先頭へ

主な活動について

  1. 構成員がそれぞれ実施する人権啓発活動について、意見交換、情報交換を行うことにより、啓発活動をより効果的、効率的に実施していきます。
  2. このホームページによって、人権相談所開催案内、講演会・イベント等各種行事案内等の人権関係情報を提供していきます。
  3. 市町村の伝統行事、お祭りといった地域住民の方が参加しやすいような場に併せて、参加しやすいような啓発活動やその地域に特有の人権問題をテーマとした講演会やシンポジュウムを実施する人権啓発活動活性化事業の企画・立案をします。

このページの先頭へ

人権相談所のご案内

人権相談窓口のご案内

相談には、法務局職員、人権擁護委員が応じます。

相談の内容についての秘密は厳守されます。

予約不要

このページの先頭へ

人権相談所

福岡法務局人権擁護部

場所
福岡市中央区舞鶴三丁目5番25号 福岡第1法務総合庁舎3階
電話
0570-003-110(全国共通人権相談ダイヤル)
日時
土曜・日曜・休日以外の8時30分〜17時15分、それ以外の時間は留守番電話です。
相談方法
面接、電話

(注)10時〜15時は、人権擁護委員が相談に応じます。

福岡法務局人権擁護部(人権相談所)案内図(福岡第1法務総合庁舎3階)

案内図

福岡法務局筑紫支局

場所
筑紫野市二日市中央5-14-7
電話
092-922-2881
日時
土曜・日曜・休日以外の8時30分〜17時15分
相談方法
面接、電話

特設人権相談所市町別開設一覧表

このページの先頭へ

福岡・筑紫地域人権啓発活動ネットワーク協議会


地域人権啓発活動活性化事業について

活性化事業とは、一定の地域において、住民に親しみやすくかつ参加しやすい要素を取り入れつつ、地域に密着した多様な人権啓発活動を実施することにより、人権尊重の理念に関する正しい理解と人権尊重思想の普及高揚を図ることを目的としています。


平成28年度地域人権啓発活動活性化事業の結果について

人権フェスティバル

「人権の花」運動


ハートフルフェスタ福岡2016

ポスター;ハートフルフェスタ福岡2016
ハートフルフェスタ ステージの様子

人権擁護委員のブース

人権擁護委員のブースでの啓発活動
(人権クイズ&アンケート実施)

平成28年10月2日(日曜)、福岡市役所西側ふれあい広場をメイン会場として、ハートフルフェスタ福岡実行委員会主催の「ハートフルフェスタ福岡2016」が開催されました。

同フェスタは、地域人権啓発活動活性化事業として行われており、ステージイベント、参加団体の交流ブースやふれあいマーケット(障害者施設の物品販売&フリーマーケット)等が開催されました。



福岡人権擁護委員協議会は、人権擁護委員制度の周知パネル展示、各種啓発冊子・物品の配布を行いました。

人KENまもる君&あゆみちゃんと写真撮影
		(左:大分県応援団“鳥”「めじろん」右:国東市マスコットキャラクター「さ吉」)

人KENまもる君&あゆみちゃんと写真撮影
(左:大分県応援団“鳥”「めじろん」/
右:国東市マスコットキャラクター「さ吉」)


「人権の花」運動(主催 福岡・筑紫地域人権ネットワーク協議会)

この運動は、主に小学生を対象として、子どもたちが協力し合って花を栽培することにより、命を大切にする心、やさしい思いやりの心などを体得してもらうことを目的に実施しています。

花は“ひまわり”としていますが、“ひまわり”の花言葉(献身)が『人権』のイメージに合っていて、太陽に向かって成長していくところが子どもの心身の成長の姿と合致するという理由でこの花が選ばれています。また、開花後は種子が多く採れ、次の年の人権の花実施校に贈り、子どもたちの心のリレーをしています。

小学生たちの純真な心を通して描かれた「観察日記」、「写生」、「感想文」などの作品は、地域住民の目に留まるよう、様々な機会を捉えて展示され、地域の人権啓発にも役立っています。

この運動を通して、人権擁護委員制度や人権擁護機関についての理解・関心を深めていただく良い機会にしていただければ、啓発活動として更に意義深いものになると考えています。

児童による種まきの様子

児童による種まきの様子

大きく成長した人権の花“ひまわり”

大きく成長した人権の花“ひまわり”

「人権の花」運動の実施校
市町村平成28年度平成29年度
筑紫野市山口小学校二日市北小学校
春日市春日北小学校春日東小学校
大野城市下大利小学校御笠の森小学校
太宰府市国分小学校太宰府西小学校
県立特別支援学校県立特別支援学校
那珂川町岩戸小学校岩戸北小学校

活動紹介 福岡法務局筑紫支局及び筑紫人権擁護委員協議会

中学生人権作文コンテスト及び同作文集

人権教室

「人権の花」運動

人権擁護委員の日

その他啓発活動

人権擁護委員協議会の活動


中学生人権作文集「ねがい」を発行!

中学生人権作文集「ねがい」は、全国中学生作文コンテストに応募された作品の中から、筑紫地区の中学生を対象に25編を選定し、筑紫地域の中学生の皆さんに配布しております。

中学生人権作文集「ねがい」

どの作品も、中学生の豊かな感覚で、自分の身近な出来事や経験したこと、各種報道等を通して知り得た情報などを、自分自身の問題として真剣に考えていこうとする意欲的な作品ばかりです。

この作文集は、次代を担う中学生に、普段の家庭や学校生活の中で得た体験など、身近なことから人権について考え、理解を深めるとともに、豊かな人権感覚を身につけてもらうことをねがい、発行したものです。是非、ご一読下さい。

*作文集についてのお問合せ先

〒818-8567
筑紫野市二日市中央5丁目14番7号
福岡法務局筑紫支局内
筑紫人権擁護委員協議会事務局
(TEL 092-922-2881)

全国中学生人権作文コンテスト(主催 法務省・全国人権擁護委員連合会)

中学生に対して、作文を書くことを通じて、人権尊重の重要性、必要性について理解を深めてもらうとともに豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的として、全国中学生人権作文コンテストを実施しています。

この理念に基づき、平成28年度も第36回全国中学生人権作文コンテスト福岡県大会が実施され、このコンテストに筑紫地域の中学生から、25校、7,174編にも上る応募をしていただきました。

今年度は、昨年度に引き続き「いじめ」をテーマとした作品が多数よせられました。中学生にとって、いじめが身近な問題であることがうかがえます。「いじめ」に続いては、「戦争や平和」をテーマとした作品や「障害のある人」や「高齢者」の人権問題、差別問題等をテーマとした作品が多数よせられました。

以下その応募校などを紹介します。

なお、平成29年度も第37回大会が予定されていますので、中学生のみなさんの心にしみる作品、お待ちしています。


第36回全国中学生人権作文コンテスト福岡県大会

筑紫協議会応募校

市町村学校名
筑紫野市 筑紫野市立二日市中学校
筑紫野市立筑山中学校
筑紫野市立筑紫野中学校
筑紫野市立天拝中学校
筑紫野市立筑紫野南中学校
福岡県立福岡視覚特別支援学校
春日市 春日市立春日中学校
春日市立春日東中学校
春日市立春日西中学校
春日市立春日北中学校
春日市立春日南中学校
春日市立春日野中学校
大野城市 大野城市立大野中学校
大野城市立大野東中学校
大野城市立大利中学校
大野城市立御陵中学校
大野城市立平野中学校
大宰府市 大宰府市立学業院中学校
大宰府市立大宰府中学校
大宰府市立大宰府西中学校
大宰府市立大宰府東中学校
筑陽学園中学校
那珂川町 那珂川町立那珂川中学校
那珂川町立那珂川北中学校
那珂川町立那珂川南中学校

審査結果について

第36回「全国中学校人権作文コンテスト福岡県大会」結果
 指名学校名学年
最優秀賞 大塚雄兵 大野城市立大野中学校 1
西日本新聞社賞 井手風歌 筑紫野市立筑紫野南中学校 3
NHK福岡放送局賞 村里友弥 大野城市立平野中学校 2
優秀賞 中山陽喜 大野城市立平野中学校 1
優秀賞 井筒葵 筑紫野市立天拝中学校 2
奨励賞 野口樹毅 福岡県立福岡視覚特別支援学校 1
奨励賞 大塚千嘉 筑紫野市立筑紫野南中学校 1
奨励賞 吉百桃佳 春日市立春日西中学校 2
奨励賞 皿良千晴 太宰府市立学業院中学校 2

(敬称略)


みなさん、おめでとうございます。


全国中学生人権作文コンテストの結果は、下記の法務省ホームページの「全国中学生人権作文コンテスト」でご覧ください。


全国中学生人権作文コンテスト入賞作文集


小学校で「人権教室」を開催!

 筑紫人権擁護委員協議会では、筑紫地区の小学校において人権啓発ビデオ「プレゼント」を使用した人権教室を開催しております。このビデオは2004年優秀映像教材選奨において、学校教育部門小学校向文部科学大臣賞を受賞した作品です。子どもたちに「いじめ」について考えてもらうことにより、自分の人権の大切さ、さらに自分と同様に他の人の人権の大切さに気づいてもらうために作られました。

人権教室

 平成28年度は、筑紫野市立二日市小学校、春日市立春日小学校、大野城市立大野南小学校、太宰府市立国分小学校、県立特別支援学校及び那珂川町立岩戸小学校の6校で開催いたしました。

 「プレゼント」は、小学4年生の女の子がクラスの子からいじわるを受けるのですが、ある出来事がきっかけになり仲直りしていく姿をアニメーションで描いています。このアニメを見ながら、人権擁護委員が講師となり、子ども達に「おもいやり」、「ゆうき」、「やさしさ」を一緒になって考えてみようという、いわば課外授業のような構成です。

 ビデオを見て自分で考え、友達の意見を聞いて自分では気づかなかったことに気づき、子ども達は他人を思いやる気持ちがどんなに大切なことでであるかを学びました。この気持ちを忘れずに、楽しい学校生活を送ってほしいと願っています。

 筑紫人権擁護委員協議会では、本年度は、筑紫野市立二日市東小学校、春日市立春日北小学校、大野城市立大野東小学校、太宰府市立太宰府西小学校、県立特別支援学校及び那珂川町立岩戸北小学校の6校において、この「人権教室」に取り組んでいきます。

人権教室


「人権擁護委員の日」の人権擁護委員制度周知及び全国一斉特設人権相談所周知のための街頭啓発を実施しました。

 6月1日の「人権擁護委員の日」に先立ち、筑紫人権擁護委員協議会の人権擁護委員、各市町及び福岡法務局筑紫支局の職員が、駅やスーパー前において、人権擁護委員制度及び相談所開設周知のための街頭啓発を実施しました。

太宰府市内のスーパーの前
太宰府市内のスーパーの前

春日市西鉄春日原駅付近
春日市西鉄春日原駅付近

大野城市西鉄下大利駅前
大野城市西鉄下大利駅前

筑紫野市西鉄二日市駅前
筑紫野市西鉄二日市駅前


「白杖シグナル運動」の取組について

筑紫人権擁護委員協議会では、福岡県盲人協会が進めている、視覚障害者が街角で困ったときに、白杖を頭上に掲げる「白杖シグナル運動」の啓発・普及活動に積極的に取り組むことを決め、平成25年度から小・中学校等を訪問し、ポスターの掲出や児童生徒らに直接語りかけるなどの取組を行っています。

「白杖シグナル運動」

【西日本新聞/平成25年5月1日朝刊掲載】

福岡県人権啓発活動ネットワーク協議会