本文へジャンプメニューへジャンプ
岐阜県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 事業計画‐岐阜地方法務局 >

ここから本文です

平成29年度「全国中学生人権作文コンテスト」岐阜県大会 募集要領

【はじめに】

法務省と全国人権擁護委員連合会では,人権尊重思想の普及高揚を図るために様々な啓発活動を行っていますが,その活動の一環として,次代を担う中学生の皆さんが,人権問題をテーマとした作文を書くことによって,人権尊重の重要性,必要性についての理解を深めるとともに,豊かな人権感覚を身に付けてもらうことを目的として,全国中学生人権作文コンテストを実施しています。

それを受け,岐阜県においても岐阜地方法務局・岐阜県人権擁護委員連合会が主催して岐阜県大会を実施します。平成28年度は,県下168の中学校から,11,893編という多数の作文が寄せられました。


【応募規定】
1 応募資格

岐阜県内の中学校に在学する生徒(外国人学校に在学する者で中学生に準ずる生徒を含む。)及び特別支援学校の中等部に在学する生徒

2 作文の内容
  中学生の皆さんが,日常の家庭生活,学校生活,グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験等を通じて,基本的人権を守ることの重要性,必要性について気付いたこと,考えたことを題材としてください。題材は自由です。
  具体的な題材例としては次のとおりです。

「女性に関する問題」
「子どもに関する問題(いじめ,虐待など)」
「高齢者問題」
「障害のある人に関する問題」
「同和問題」
「アイヌの人々に関する問題」
「外国人の人権問題」
「HIV感染者・ハンセン病患者等に関する問題」
「犯罪被害者等に関する問題」
「性的指向・性同一性障害に関する問題」
「差別問題一般」
「戦争や平和」
「環境問題」
「プライバシー問題」
「東日本大震災に起因する人権問題」
「その他人権の尊重に関すること」

3 原稿の枚数等

題名,学校名,学年,氏名は原稿用紙の欄外に明記して,本文のみで400字詰原稿用紙5枚以内。1人1編でお願いします。

外国語で作文を作成した場合又は視覚障害のため,点字若しくは録音テープで作文を作成した場合には,それぞれ400字詰原稿用紙5枚以内の翻訳文,墨字又は反訳文とします。5枚を超えた作文は,審査の対象とならないので注意してください。

4 作文の送付方法及び問合せ先等

(1) 作文は,所属の中学校に提出して下さい。

(2) 作文は,学校単位で取りまとめの上,「送付基準表」に従い,「総応募数内容別内訳調べ」と共に市町村管轄の法務局(支局)へ,選出した作品のみを送付願います。

〈送付基準〉
50編未満 2編
50編以上, 100編未満 3編
100編以上, 300編未満 5編
300編以上, 500編未満 7編
500編以上, 1,000編未満 13編
1,000編以上 17編

(3) 送付先法務局及び問い合わせ先は,次のとおりです。

岐阜地方法務局 人権擁護課
管轄 岐阜市,各務原市,山県市,関市,美濃市,羽島市,羽島郡,瑞穂市,本巣市,本巣郡
 〒500-8729 岐阜市金竜町5丁目13  TEL 058(245)3181

同  八幡支局  管轄 郡上市
〒501-4235 郡上市八幡町有坂1209の2  TEL 0575(67)1411

同  大垣支局  管轄 大垣市,海津市,安八郡,不破郡,養老郡,揖斐郡
〒503-0888 大垣市丸の内1丁目19  TEL 0584(78)3347

同  美濃加茂支局  管轄 美濃加茂市,可児市,加茂郡,可児郡
〒505-0027 美濃加茂市本郷町7丁目4の16  TEL 0574(25)2400

同  多治見支局  管轄 多治見市,土岐市,瑞浪市
〒507-0041 多治見市太平町5丁目33  TEL 0572(22)1002

同  中津川支局  管轄 中津川市,恵那市
〒508-0045 中津川市かやの木町4の3  TEL 0573(66)1554

同  高山支局  管轄 高山市,飛騨市,下呂市,大野郡
〒506-0009 高山市花岡町2丁目55の16  TEL 0577(32)0915

5 法務局への応募締切日
   岐阜地方法務局高山支局管内…………………平成29年9月 4日(月)
   岐阜地方法務局高山支局管内以外……………平成29年9月11日(月)

6 賞の授与
  最優秀賞2編(岐阜地方法務局長賞,岐阜県人権擁護委員連合会長賞),優秀賞2編,岐阜県教育委員会賞1編,中日新聞賞1編,岐阜新聞・ぎふチャン賞1編,NHK岐阜放送局賞1編,FC岐阜賞1編,審査員特別賞若干編,入選若干編,入賞者には表彰状及び副賞を授与します。また,応募者全員に参加賞を贈呈します。
  なお,最優秀賞受賞作品(応募数により1編又は2編)は,全国中学生人権作文コンテスト中央大会に推薦します。中央大会では,内閣総理大臣賞・法務大臣賞・文部科学大臣賞・法務副大臣賞・法務大臣政務官賞・全国人権擁護委員連合会会長賞・一般社団法人日本新聞協会会長賞・日本放送協会会長賞各1編,法務事務次官賞3編,法務省人権擁護局長賞25編,奨励賞若干編の表彰があります。

7 入賞発表
    平成29年11月に入賞者の学校宛てに通知します。
8 表彰式
   平成29年12月に行う予定です。詳細につきましては,入賞者の学校を通じて連絡します。

9 応募された作文について
  (1) 応募作文は,未発表のものに限ります。
  (2) 応募作文は,返却しません。
  (3) 応募作文の著作権は,主催者に帰属するものとします。
  (4) 優秀作品は,応募者の学校名及び氏名及び応募作品の題名を一般に公表す る(作文集の発行,報道機関,法務省ホームページ,地方公共団体の広報誌等)とともに,作文の内容を公表します。また,その他の推薦作品の内容についても,公表することがあります。なお,作文の公表に当たっては,作者の承諾の上,作品の趣旨を損なわない範囲で一部修正することがあります。
  (5) 岐阜県大会における優秀作文は,「平成29年度全国中学生人権作文コンテスト岐阜県大会作文集」に収録し,県内中学校等関係諸機関に配布します。

10 個人情報の使用について
    このコンテストの応募作文に記載の個人情報は,このコンテストの運営に必要な範囲内で利用します。応募者の同意なく,利用目的を超えて利用することはありません。

【応募チラシ】
   岐阜地方法務局高山支局以外
   岐阜地方法務局高山支局

【原稿用紙】
   原稿用紙