本文へジャンプメニューへジャンプ
群馬県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
  • ホーム
  • 人権相談
  • 人権擁護委員とは
  • 協議会紹介
  • ビデオ貸出
  • ハンセン病を正しく理解しましょう!
  • イベントほか
  • 活動報告
  • リンク

ホーム >

ここから本文です

人権擁護委員とは

人権擁護委員制度スポットCM

人権の意識をテーマに、前橋・敷島を舞台に制作された市民協働型の映画、「クラッチヒッターみなみ」において、人権擁護委員役を演じられた花田景子さんにご出演いただき、人権擁護委員制度を広く皆さんに知っていただくために制作したスポットCMです。

人権擁護委員は、地域の皆さんから人権相談を受け、問題解決のお手伝いをしたり、人権侵害の被害者の救済に携わったり、人権尊重の大切さを伝える啓発活動などを行っています。

画像をクリックすると 法務省チャンネル−YouTube動画サイトへ移動します

cmimg01

人権擁護委員制度スポットCM(60秒)

cmimg02

人権擁護委員制度スポットCM(30秒)

どんな人?

人権擁護委員は、法務大臣が委嘱した民間の人たちです。

この制度は、様々な分野の人たちが、地域の中で人権思想を広め、住民の人権が侵害されないように配慮し、人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられました。

何しているの?

人権擁護委員の主な活動は3つ。

  1. 地域の皆さんからの人権相談に応じ、問題解決のお手伝いをします。
  2. 法務局の職員と協力して人権侵害による被害者を救済します。
  3. 地域の皆さんが人権について関心を持ってもらえるような啓発活動を行います。

現在、260余名の人権擁護委員が群馬県内の各市町村に配置され、積極的な活動を行っています。

ひとりで悩まないで

人権問題でお困りの方は、お気軽にお近くの人権相談所にご相談ください。

「ひとりで悩まずにご相談ください」(ここをクリックすると法務省のページへリンクします)

人権擁護委員〜あなたの街の相談パートナー〜

このページの先頭へ