本文へジャンプメニューへジャンプ
南北海道人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

主な活動

イラスト:マイちゃん

第34回全国中学生人権作文コンテスト函館地方大会作品募集

函館地方法務局,函館人権擁護委員連合会及び北海道は,次代を担う中学生が人権問題について作文を書くことによって,人権尊重の重要性・必要性についての理解を深めるとともに,豊かな人権感覚を身につけること,及び入賞作品を国民に周知広報することによって,広く一般に人権意識の普及高揚を図ることを目的として,この作文コンテストを実施しています。

第37回全国中学生人権作文コンテスト函館地方大会実施要領

このページの先頭へ

平成年26度小学生・中学生人権ポスターコンテスト作品募集

私たちの周りには,男女差別・障がいのある人への差別など様々な人権問題が存在している。また,最近では,自分の「人権」だけを主張し,他人の「人権」を軽視する風潮が見られ,それに伴って様々な人権侵犯事象が発生し,人権問題はなお深刻な状況にある。小学生・中学生の身近な問題としても,友人関係をめぐり,いわゆる「いじめ」の問題が大きな社会問題となっていることから,次代を担う小学生・中学生に「すべての人間は,生まれながらにして自由であり,平等である。」とする人権尊重の理念を理解し,一人一人が改めて人権について考えていただき,豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的に啓発活動の一つとして,このポスターコンテストを実施しています。

平成29年度小学生人権ポスターコンテスト実施要領

平成29年度中学生人権ポスターコンテスト実施要領

このページの先頭へ

人権週間(12月4日〜12月10日)

国際連合は、1948年12月10日第3回総会において世界人権宣言を採択しました。さらに1950年12月4日第5回総会では、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー(Human Rights)」と定め、加盟国及び関係機関に対し、人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請しています。

これを受けて我が国でも法務省と全国人権擁護委員連合会とが、「人権デー」を最終日とする1週間(12月4日〜12月10日)を「人権週間」と定め、世界人権宣言の意義を周知するとともに、自由人権思想の普及高揚を目的として、全国で各種の人権啓発行事を行っています。

函館地方法務局と函館人権擁護委員連合会では、各地域において人権ポスターコンテスト作品展示会や街頭啓発、特設相談所の開設等を行っています。また、次代を担う小学生の皆さんに人権の大切さを理解してもらうため、管内の小学校を対象に「人権学習会」を開催するなど、子どもを対象とした啓発活動も行っております。

平成28年12月の特設相談所開設日・開設場所はこちらです。

第68回人権週間

このページの先頭へ

人権の花運動

函館地方法務局と函館人権擁護委員連合会では、「心身が共に健全に育成されるべき幼児及び青少年期に、子どもたちが相互に協力しあいながら花を栽培することによって情操をより豊かにし、命の大切さと思いやりというような基本的人権を身につけてもらう」ことを目的として『人権の花』運動を毎年実施しています。

北斗市立茂辺地小学校
北斗市立茂辺地小学校
 
奥尻町立奥尻小学校
奥尻町立奥尻小学校
(「人権の樹」運動も実施)
八雲町立八雲小学校
八雲町立八雲小学校
森町立さわら小学校
森町立さわら小学校

このページの先頭へ

「子どもの人権110番」

「いじめ」など子どもの人権問題に関する電話です。

法務局の職員、又は、人権擁護委員が、皆さんのお話を聞いて、どうしたらいいか一緒に考えたいと思います。一人で悩まずに、私たちにお電話下さい。相談は無料、相談内容の秘密は守ります。難しい手続きも不要です。

このページの先頭へ

女性の人権ホットライン

「セクシュアルハラスメント」や「ドメスティックバイオレンス」など女性の 人権問題に関する電話です。

法務局の職員又は人権擁護委員が,皆さんのお話を聞いて,どうしたら良いか一緒に考えたいと思います。

一人で悩まずに私たちにお電話下さい。相談は無料,相談内容の秘密は守ります。難しい手続も不要です。

全国中学生人権作文コンテスト

法務省及び全国人権擁護委員連合会では、次代を担う中学生の皆さんに人権問題についての作文を書いてもらうことで、人権尊重の重要性・必要性についての理解を深め、豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的として、昭和56年から「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しております。

函館地方法務局及び函館人権擁護委員連合会では、全国コンテストに先駆けて函館地方大会を実施しており、平成28年度においては、管内27校から537作品の応募があり、最優秀賞1点、優秀賞9点が選ばれ、平成28年12月3日、函館市亀田福祉センターにおいて表彰式が行われました。また,表彰式において,一日人権擁護委員として北海道日本ハムファイターズの鍵谷陽平選手が登場しました。賞状授与での副賞の贈呈のほか,「人KEN★おもいやりトークライブ」では受賞者の質問に答えたり,人権について熱く語っていただきました。

受賞作品の一覧は以下のとおりです。

学校名・学年氏名題名
最優秀賞 (函館地方法務局長賞)八雲町立熊石第一中学校1年西田圭伸にしだけいしん身近にある「人権」
優秀賞 (北海道知事賞)函館市立潮見中学校3年永井仁奈ながいにな今日を笑顔で生きられるように
優秀賞 (北海道教育委員会教育長賞)乙部町立乙部中学校2年敦賀  想つるが  こころあなたと笑えるその日まで
優秀賞 (北海道PTA連合会長賞)今金町立今金中学校3年大谷陽和おおたにひより人=『1』
優秀賞 (北海道新聞社賞)森町立砂原中学校2年梶谷凜夏かじやりんか高齢者を大切に
優秀賞 (函館新聞社賞)松前町立松前中学校1年森田桜次郎もりたおうじろう人として大切なこと
優秀賞 (NHK函館放送局長賞)函館市立桔梗中学校2年及川夕摩おいかわゆうま広島から未来にむけて
優秀賞 (NCV函館センター長賞)北海道教育大学 附属函館中学校3年古川涼子ふるかわりょうこ誰もが幸せに生きる権利
優秀賞 (FMいるか賞)函館市立亀田中学校3年木下柚伽きのしたゆずか世界の人権差別問題
優秀賞 (函館人権擁護委員連合会長賞)乙部町立乙部中学校2年石山亜夕いしやまあゆかべ

最優秀賞については、作品名をクリックすると読むことができます。

このページの先頭へ

小学生・中学生人権ポスターコンテスト

函館地方法務局及び函館人権擁護委員連合会では、次代を担う小学生・中学生の皆さんに「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、平等である。」とする人権尊重の理念を理解し、一人一人が改めて人権について考えていただき、豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的として、平成9年から「小学生人権ポスターコンテスト」を実施し、平成14年から「小学生・中学生人権ポスターコンテスト」を実施しております。

平成28年度においては、「小学生人権ポスターコンテスト」に管内27校から188点の応募があり、最優秀賞3点、優秀賞6点、奨励賞9点が選ばれました。また、「中学生人権ポスターコンテスト」には管内15校から198点の応募があり、最優秀賞3点、優秀賞6点、奨励賞9点が選ばれ、平成28年12月3日、函館市亀田福祉センターにおいて表彰式が行われました。

なお、各学年ごとの最優秀賞作品につきましては、以下のとおりとなっております。

<平成28年度小学生人権ポスターコンテスト>

小学4年生の部 最優秀賞
「地球のみんなにやさしく」
北斗市立谷川小学校  西里 遥伽 にしさと はるか
小学5年生の部 最優秀賞
「一人じゃないみんな仲間」
函館市中の沢小学校  内田 梗貴 うちだ こうき
小学6年生の部 最優秀賞
「どうしてぼくなの?」 
森町立駒ヶ岳小学校 日影舘 瀬梨菜  ひかげだて せりな

<平成28年度中学生人権ポスターコンテスト>

中学1年生の部 最優秀賞
「大切な友達大切な笑顔」
森町立森中学校  三澤 美和 みさわ みわ
中学2年生の部 最優秀賞
「居場所は必ずある」
北斗市立上磯中学校  佐藤 美花 さとう みか
中学3年生の部 最優秀賞
「あなたの手で救ってあげて」
黒松内町立黒松内中学校 川上 智成 かわかみ ともなり

このページの先頭へ

人権教室

函館地方法務局と函館人権擁護委員連合会では、主に小・中学生や園児を対象に、学校における総合的な学習の時間等を利用して、子どもたちに人権感覚を身につけてもらうことを目的として「人権教室」を実施しています。

人権教室では、各種ビデオや人権擁護委員が手作りした紙芝居などを使った啓発のほか、当局オリジナルの人権マスコット「ユウちゃん・マイちゃん」が参加して寸劇を行ったり人権擁護委員の講演を行ったりしています。

今後も積極的に実施していきたいと考えておりますので、実施を希望される学校がございましたら、ぜひ当局人権擁護課へご連絡いただきますようお願いいたします。(TEL:0138-23-9528)

函館市立石崎小学校
函館市立石崎小学校
函館市立北星小学校
函館市立北星小学校
厚沢部町立鶉中学校
厚沢部町立鶉中学校
 
江差町立美和小学校江差町立美和小学校
(江差町の正覚院にて実施)

このページの先頭へ

高齢者に対する啓発活動

函館地方法務局と函館人権擁護委員連合会では、高齢者施設等の施設に出向いて、人権問題に関するビデオ上映や寸劇を行ったり、当局オリジナルの人権マスコット「ユウちゃん・マイちゃん」が参加して入所者と交流を図っています。

今後も積極的に実施していきたいと考えておりますので、実施を希望される施設がございましたら、ぜひ当局人権擁護課へご連絡いただきますようお願いいたします。(TEL:0138-23-9528)


このページの先頭へ

企業等における啓発活動

函館地方法務局と函館人権擁護委員連合会では、広く国民の皆様に人権について知っていただくための活動の一環として、一般企業の従業員に向けて啓発活動を行っています。

企業における啓発活動では、人権擁護委員が人権についての講演を行ったり、各種人権問題に関するビデオ上映等を行っています。

今後も積極的に実施していきたいと考えておりますので、実施を希望される企業がございましたら、ぜひ当局人権擁護課へご連絡いただきますようお願いいたします。(TEL:0138-23-9528)

このページの先頭へ

その他の啓発活動

北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ戦(午後1時30分開始)が開催された函館市千代台公園野球場において、本年、うちわやミニタオルを配布し、啓発活動に関するアンケート調査を実施しました。(アンケート結果

また、札幌法務局人権擁護部の協力のもと、ウォークバルーン式「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」による啓発活動を実施しました。

また,平成28年5月30日,千田有代委員が函館山ロープウェイ株式会社FMいるか放送局様のご協力を得て、「人権擁護委員の日」及び特設人権相談所開設の広報を行いました。

平成28年12月4日,無料電車人権号にて,人権週間及び人権ポスターコンテスト受賞作品の広報を行いました。

このページの先頭へ

年間活動予定


実施予定年月日活動内容
平成28年5月〜6月中 人権の花運動
平成28年6月1日 人権擁護委員の日
平成28年6月1日〜6月7日 全国一斉「人権擁護委員の日」特設相談所開設
平成28年6月27日〜7月3日 全国一斉「子どもの人権110番」強化週間
平成28年9月5日〜9月11日 全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間
平成28年11月14日〜11月20日 全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間
平成28年12月4日〜12月10日 第68回人権週間
特設人権相談所開設(管内各市町村)
平成28年12月上旬 第36回全国中学生人権作文コンテスト函館地方大会表彰式
平成28年度小学生・中学生人権ポスターコンテスト表彰式
通年 人権教室・講演会・出前講座

このページの先頭へ