本文へジャンプメニューへジャンプ
兵庫県人権啓発活動ネットワーク協議会ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

活動紹介

スポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動

兵庫県人権啓発活動ネットワーク協議会では、健全な青少年の育成を図ることを目的として、スポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動に取り組んでいます。

阪神甲子園球場における啓発活動

平成28年6月30日(木曜)阪神甲子園球場において,阪神タイガース対DeNAベイスターズ公式試合前に「ヘイトスピーチ,許さない。」のスポット映像を放映しました。

また,試合の観戦に訪れた来場者に対し,「ヘイトスピーチ,許さない。」のバナー広告及び人権相談窓口の電話番号等を掲載したクリアファイルを配布しました。

スポット映像放映

スポット映像放映

クリアファイルの配布

クリアファイルの配布

「子ども人権サッカー教室」

平成28年10月8日(土曜)ノエビアスタジアム神戸芝生広場において,「子ども人権サッカー教室」を開催しました。

当日は,兵庫県内の保育園・幼稚園の年長〜小学6年生25名が参加し,INAC神戸レオネッサの三宅史織選手,

野口彩佳選手のコーチのもと,「思いやりの大切さ」「助け合うことの大切さ」など,サッカープレーを通じて「人権」について学んでもらいました。

参加者全員で記念写真撮影

参加者全員で記念写真撮影

INAC神戸レオネッサの選手とサッカーを通じて思いやりの心の大切さを学びました

INAC神戸レオネッサの選手(左から 平野里菜選手(FW) 野口彩佳選手(MF) 守屋都弥選手(DF)伊藤美紀選手(MF) 三宅史織選手(DF))

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

平成28年8月20日(土曜)、赤穂市文化会館及び赤穂市総合福祉会館において、兵庫県人権啓発活動ネットワーク協議会ほか10団体が主催するフェスティバルが開催されました。以下にその様子をご紹介します。

オープニング

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

・兵庫県理事

・赤穂市長

・神戸地方法務局長


「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

・ひょうご人権大使

 伊藤浩司 氏

 ビデオメッセージ


人権啓発パネル展示(法務局・龍野人権擁護委員協議会)

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

ぬり絵コーナー(法務局・龍野人権擁護委員協議会行事分)

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

会場の様子

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう

「ひょうご・ヒューマンフェスティバル」2016 in あこう


このページの先頭へ

「東日本大震災に伴う風評被害について」

ハンセン病を正しく理解するために

ハンセン病について正しく理解し、患者・元患者のみなさんに対する偏見や差別をなくしましょう!

私たち一人一人が、ハンセン病についての正しい知識と理解をもつことがこれまで長く続いてきた偏見や差別を解消するための第一歩です。

1.ハンセン病は治る病気です

ハンセン病の かつての病名は「らい」でした。しかし、長い間人々が「らい」に対して抱いてきた偏見や差別 を解消し、正しい知識をもってほしいという願いから、らい菌の発見者であるノルウェーの医学者ハンセン博士の名をとってハンセン病と改められました。

  • 伝染力の極めて弱い病原菌による感染症です。
  • ほとんど発病の危険性はありません。
  • 菌は治療により数日で伝染性を失い、軽快した患者と接触しても感染することはありません。
  • 不治の病気ではなく、完治する病気です。
  • 早期に治療すれば、身体に障害が残ることはありません。

2.どんな治療があるかごぞんじですか?

1940年代プロミンを始めとして、リファンピシン、DDSなどのすぐれた治療薬が開発されました。そして、それまで不治の病と思われていたハンセン病は、完治する病気の仲間入りをしたのです。

3.ハンセン病の現状について

我が国では、平成15年末現在、13か所の国立ハンセン病療養所及び2か所の私立療養所において3,622人の方が入所療養していますが、ほとんどの入所者がハンセン病自体は治癒しています。しかし、ハンセン病の特効薬ができる以前に病気が進行した人たちの中には、失明や顔や手足に残る障害などの後遺症が重いこと、後遺症が軽くても高齢であること、長期間にわたって社会との交流がない生活を余儀なくされたことなどのために、地域社会への復帰が困難な方がいます。
このほか、わが国の社会に残っている偏見や差別も、地域社会への復帰や地域の人々との交流を妨げる一因となっています。

(以上の記述は財団法人藤楓協会発行「平成15年度藤楓だより」を参考にしました )


ハンセン病の患者・元患者のみなさんに関する人権問題について、私たち一人一人が、自らの問題として理解を深め、基本的人権が尊重される、偏見や差別のない社会を作っていくことが大切です。

このページの先頭へ