本文へジャンプメニューへジャンプ
茨城県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

啓発活動

人権尊重の思想を広める活動として,年間を通して以下の活動を行っています。

これからの活動予定は?

平成29年度の人権啓発活動の年間予定
実施予定年月日人権啓発活動の内容
4月〜12月 「人権の花」運動実施
5月から9月 第37回中学生人権作文コンテスト茨城県大会作品募集
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
6月26日〜7月2日 全国一斉「子どもの人権110番」強化週間
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
6月から10月 人権メッセージの募集
9月4日〜10日 全国一斉「高齢者・障害者の人権あんしん相談」強化週間
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
10月〜11月 子どもの人権SOSミニレター配布
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
9月11日,
11月12日
Jリーグ(水戸ホーリーホック)と連携した人権啓発活動
10月14日 Jリーグ(鹿島アントラーズ)と連携した人権啓発活動
11月13日〜19日 全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
12月9日 人権週間記念フェスタの開催
12月上旬 人権週間における各種啓発活動
通年 人権教室
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
通年 特設人権相談所の開設
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
各市町村で行っておりますので,日時・場所等は市町村役場にお問い合わせください
通年 社会福祉施設等における特設人権相談所の開設
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
通年 企業における人権啓発活動(研修会・講演会等)
(水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員連合会)
未定 人権啓発講演会等の開催

人権の花運動

懸垂幕、のぼり、ポスターの掲出

人権週間、憲法週間、人権擁護委員の日等に懸垂幕などの掲示をしています。

街頭啓発活動

人権週間,憲法週間,人権擁護委員の日を中心に駅頭や各種イベント会場において,啓発物品を配布し,地域住民の方に制度及び人権尊重の大切さを訴えた啓発活動を実施しています。プロスポーツ組織と連携・協力した人権啓発事業も行っています。

パンフレット、リーフレットの作成・配布やテレビ、ラジオ、新聞、広報紙を利用した広報

講演会等の開催

毎年「人権週間」における啓発活動の一環として,県民のみなさまを対象とした講演会を開催しています。その他の講演会等も随時開催しています。

人権啓発DVD・ビデオの貸出

水戸地方法務局・茨城県人権擁護委員会連合会では、人権思想の普及高揚を図るため各種の啓発活動を展開しています。その一環として、人権啓発DVD及びビデオの無料貸出しを行っています。

これらのビデオ等を人権に関する講演会・研修会・座談会等にあわせて上映することは、その啓発効果を高めるための有効な手段です。

水戸地方法務局では、別表人権啓発ビデオライブラリーのとおりビデオ等を備え付けていますので、貸出しを希望される場合は、下記連絡先までお申し出ください。

なお,ビデオ等の貸出しの際は、別紙人権啓発ビデオ使用申込書に必要事項を記入し提出いただきます。

クリックすると新規ウィンドウが開きます。

別紙(人権啓発ビデオ使用申込書) (PDF:2.5KB)
  (注)クリックすると新規ウィンドウが開きます。
  別表(人権啓発ビデオライブラリー)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには,Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし、Adobe Readerをダウンロードしてください。

(注)クリックすると新規ウィンドウが開きます。

連絡先
〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-1-42
水戸地方法務局人権擁護課
Tel:029-227-9919
Fax:029-231-5536

人権作文等各種コンテスト

法務省と全国人権擁護委員連合会では、昭和56年度から毎年「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しています。この作文コンテストは、次世代を担う中学生に、作文を書くことを通して人権尊重思想の重要性、必要性について理解を深めてもらうとともに、豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的としたものです。

水戸地方法務局と茨城県人権擁護委員連合会においても、毎年「中学生人権作文コンテスト茨城県大会」を実施しています。応募作品は、中学生にとって身近な問題である「いじめ」をテーマとして取り上げた作品や知的障害者や身体障害者、高齢者との関わりについて、自分の体験を通して感じたことを書いた作品が多くなっています。また、児童虐待問題や社会の国際化に伴う人権問題、ハンセン病患者の人権を取り上げた作品も見られ、いずれも中学生としての生活体験のなかから人権について感じたことが取り上げられており、中学生らしい純粋な感覚で物事を捉え、真剣に考えていこうとする意欲が伺える作品ばかりで、非常に心強く感じるとともに深い感銘を与える作品となっています。

なお、水戸地方法務局と茨城県人権擁護委員連合会では、このコンテストに応募された作品のうち、数次にわたる審査を経て入選した数編について毎年人権作文集を作成し、広く配布しているところです。ご希望の方は、水戸地方法務局人権擁護課もしくは最寄りの法務局の支局総務係にお問合せください。

第37回(平成29年度)茨城県大会応募要領

対   象
茨城県内の中学生

作文の内容
日常の家庭生活,学校生活,グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験等を通じて,基本的人権の重要性,必要性について考えたことなどを題材としてください。

応募原稿

1 原稿の枚数 400字詰原稿用紙5枚以内とします。5枚を超えた場合は,審査の対象とならないので注意してください。
2 提出先 学校の担任の先生に提出してください。
3 その他 題名の次に,学校名,学年,氏名を必ず書いてください。

審査・表彰

1  最優秀賞2編・優秀特別賞5編・優秀賞8編・優良賞10編・奨励賞若干編とし,賞状と副賞を贈呈します。
2  審査結果は11月上旬に学校にお知らせします。
3  上位入賞者は,12月上旬に開催される「人権フェスタ」で表彰式を行います。
4  上位優秀作文は,中央大会(全国大会)へ推薦します。
5  優秀作文は一般に公表することを予定しています
(作文集の発行,報道機関・ホームページ等)。
ここから本文です
中学生人権作文コンテスト茨城県大会への応募状況
第28回大会(平成20年度) 219校 16,680編
第29回大会(平成21年度) 216校 16,543編
第30回大会(平成22年度) 221校 18,068編
第31回大会(平成23年度) 229校 18,293編
第32回大会(平成24年度) 223校 18,421編
第33回大会(平成25年度) 227校 18,944編
第34回大会(平成26年度) 221校 18,391編
第35回大会(平成27年度) 入賞者一覧表 220校 18,762編
第36回大会(平成28年度) 入賞者一覧表 225校 18,243編

第34回中学生人権作文コンテスト茨城県大会最優秀賞作文の紹介

第35回中学生人権作文コンテスト茨城県大会最優秀賞作文の紹介

第36回中学生人権作文コンテスト茨城県大会最優秀賞作文の紹介

人権教室等の実施

人権擁護委員が小学校及び中学校等を訪問し,人権についての講話,ビデオ上映,紙芝居などを通じて,児童や生徒たちに「いじめのない楽しい学校生活を送るためにはどうすればよいか」について一緒に考えてもらうことにより,友達を差別して悲しませてはいけないという人権思想の基本的な考え方を理解してもらうことを目的に『人権教室』を実施しています。
人権教室の実施を希望する学校等がありましたら,水戸地方法務局人権擁護課またはお近くの支局にお問い合わせください。

このページの先頭へ