水戸・鹿嶋地域人権啓発活動ネットワーク協議会
みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう相手の気持ち 育てよう思いやりの心〜

水戸・鹿嶋地域人権啓発活動ネットワーク協議会 活動紹介

Jリーグと連携した啓発活動

プロスポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動として,サッカーJリーグチームのホームゲームにて,人権尊重思想の更なる普及を図り,いじめなどのない社会を実現することを目的として,来場者の皆様に対する人権啓発活動を実施します。

平成29年度の日程

水戸ホーリーホックと連携した啓発活動

9月9日(土)及び11月12日(日)
ケーズデンキスタジアム水戸

鹿島アントラーズと連携した啓発活動

10月14日(土)
カシマサッカースタジアム

これまでの活動

最新の活動はこちらをご覧ください。


茨城県内にあるJリーグのサッカークラブ「鹿島アントラーズ」及び「水戸ホーリーホック」と連携した啓発活動を実施しました。

水戸ホーリーホックとは平成25年10月20日(日),ケーズデンキスタジアム水戸において,「親子サッカー教室」と,人権擁護委員による「いじめをなくそう,いじめは悪い」というテーマの「ミニミニ人権教室」を行い,その後,水戸ホーリーホックの試合のハーフタイムに,横断幕を掲げて人KENまもる君・あゆみちゃん,茨城県人権啓発キャラクターのココロちゃんとともに場内を行進するなどの啓発活動を行う予定でした。残念ながら,この日は天候に恵まれず,親子サッカー教室とミニミニ人権教室の開講はできませんでしたが,ハーフタイムでの行進を通じ,啓発活動を行いました。

鹿島アントラーズとは平成25年11月23日(土),カシマサッカースタジアムでの試合のハーフタイムに,横断幕を掲げて人KENまもる君・あゆみちゃん,茨城県人権啓発キャラクターのココロちゃんとともに場内を行進するなどの啓発活動を行いました。

Jリーグと連携した啓発活動:カシマサッカースタジアム

カシマサッカースタジアムでの啓発活動

Jリーグと連携した啓発活動:ケーズデンキスタジアム水戸

ケーズデンキスタジアム水戸での啓発活動

啓発活動トップへ

このページの先頭へ

茨城県人権啓発活動ネットワーク協議会へ