水戸・鹿嶋地域人権啓発活動ネットワーク協議会
みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう相手の気持ち 育てよう思いやりの心〜

〜水戸黄門まつりにて『啓発うちわ」配布〜

平成28年8月5日(金),水戸駅南口ペデストリアンデッキにて,水戸市の人権擁護委員と法務局職員が『啓発うちわ』を配布しました。

〜水戸黄門まつりにて『啓発うちわ」配布〜
〜水戸黄門まつりにて『啓発うちわ」配布〜

千波湖で「水戸黄門まつり」の花火大会が開催されることもあり,浴衣姿の人たちもたくさん来場し,水戸駅はとても賑わっていました。

夏真っ盛りの日ざしのなか,人権キャラクターの『人KENまもる君』と『人KENあゆみちゃん』が描かれた可愛い啓発うちわは皆様にも好評で,用意した約500本のうちわはあっという間に終了となりました。

小学生の皆さんがつむぎ出した,人権標語のやさしいことばが,夏の思い出のひとつとして人々の心に残ったのではと思います。

〜水戸黄門まつりにて『啓発うちわ」配布〜

【うちわには,小学生の皆さんが作成した人権標語が掲載されています】

イジメはね きみの勇気で 止められる
ありがとう そのひとことで つながる心
だいじょうぶ きみにはみんな ついている
育てよう 優しい心と 勇気の種
ありがとう 今度はぼくが 助けるよ
思いやり みんなが笑顔に なるまほう
こまってる 人に一言 どうしたの
やさしさの 心の花を いま持とう

啓発活動トップへ

このページの先頭へ

茨城県人権啓発活動ネットワーク協議会へ