本文へジャンプメニューへジャンプ
石川県人権啓発活動ネットワーク協議会-身近なことから人権を考えてみませんか-

ホーム > 各種行事 >

ここから本文です

「平成29年度全国中学生人権作文コンテスト石川県大会」の 審査結果について

法務省と全国人権擁護委員連合会は、次代を担う中学生が人権問題について作文を書くことによって、人権尊重の重要性、必要性についての理解を深めるとともに豊かな人権感覚を身につけることを目的として「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しております。

金沢地方法務局と石川県人権擁護委員連合会では、石川県教育委員会、株式会社北國新聞社、NHK金沢放送局、株式会社テレビ金沢及び北陸放送株式会社の御後援を得て、平成29年度石川県大会を実施しました。

本年度も多数の作品が寄せられました。御応募いただいた中学生の皆さん、御指導に当たられた先生方、ありがとうございました。


平成29年度全国中学生人権作文コンテスト石川県大会入賞作品一覧
題名 学校名 学年 氏名
◎ 最優秀賞 2編
金沢地方法務局長賞
「女だから」「男だから」 能登町立小木中学校 3年 坂口  歩
石川県人権擁護委員連合会長賞
私のお父さん 小松市立板津中学校 1年 北沢 梨々愛
◎ 特別優秀賞 5編
石川県教育委員会賞
大きな一歩は小さな勇気から 小松市立芦城中学校 3年 中田 晴登
北國新聞社賞
お年寄りとの関わりからもらう元気 金沢市立小将町中学校 3年 安藤 友香
NHK金沢放送局長賞
差別のない世の中にするために 小松市立国府中学校 3年 松本 響揮
テレビ金沢賞
ひなたとかげ 白山市立松任中学校 3年 菅本 駿介
北陸放送賞
男女共同参画のありかた 志賀町立志賀中学校 2年 上野 綺音
◎ 優秀賞 13編
いじめられること 金沢市立高岡中学校 2年 関根 帆那
自分で切り開いた未来 金沢市立浅野川中学校 1年 唐島 実生
小さな世界 金沢市立西南部中学校 3年 多田ひかる
笑顔を引き出す関わり方 金沢市立森本中学校 3年 奥村 穂乃果
障がい者と共存する社会へ 津幡町立津幡中学校 3年 北村 早弥
大舞台での正義から かほく市立宇ノ気中学校 2年 最上 和々
思いやりの社会を実現させるために 小松市立芦城中学校 2年 村中 志帆
私の経験した人種差別から思うこと 志賀町立志賀中学校 2年 今井 陽香
人権と介護 志賀町立富来中学校 1年 広白 千晶
心の中の境界線 羽咋市立羽咋中学校 1年 宮嵜 千鈴
弟から学んだこと 能登町立柳田中学校 3年 木原 航志
人種差別 輪島市立東陽中学校 3年 南  さくら
ストーリー 珠洲市立緑丘中学校 1年 宮元 凛
◎ 入選 15編
臆病な私が陥った人権侵害の罠 石川県立金沢錦丘中学校 2年 中田 はるひ
障がいという差別 石川県立金沢錦丘中学校 1年 針谷 柚月
障害者の人権 白山市立光野中学校 2年 佐藤 優華
なくしたいもの かほく市立宇ノ気中学校 2年 御舘 爽華
勇気を出して行動を 小松市立南部中学校 2年 丸山 さくら
たった一つの大きな輪 小松市立松東中学校 2年 城下 凜太朗
曾祖母と接することができないのか 加賀市立東和中学校 1年 山口 真歩
車いす生活を通して 能美市立寺井中学校 3年 宮島 菜々子
笑顔が見たくて,僕はがんばる 能美市立寺井中学校 3年 中野 雄太
通じ合う手と心 能美市立辰口中学校 2年 水島 七海
自分の生きる道 能美市立辰口中学校 2年 山口 柚朱
純真な心 宝達志水町立宝達中学校 2年 上本 心潤
こんな自分になりたい 志賀町立志賀中学校 1年 白井 沙月
在り方 七尾市立能登香島中学校 2年 M田 花音
こえを聴くこと 穴水町立穴水中学校 2年 鈴木 彩花

作文についてのお問い合わせは、Tel 076-292-7804までお願いします。

このページの先頭へ