本文へジャンプメニューへジャンプ
岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会 ここからメニューです
ホーム >トピックス&ニュース >
ここから本文です

TOPICS & NEWS

J3リーグ・グルージャ盛岡と連携した人権サッカー教室を開催しました。

平成28年10月30日(日)二戸市立福岡中学校において,岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会主催の「人権サッカー教室」が開催され,二戸市立福岡中学校,軽米町立軽米中学校,岩手県立福岡高校の生徒約50人が参加しました。
 グルージャ盛岡からは,トップチームから小林亮太選手(#3),土井良太選手(#7),谷村憲一選手(#10),工藤光輝選手(#13),井上丈選手(#20),横山卓司選手(#21),守田創選手(#23),土館賢人選手(#25),飯山悠吾選手(#28),郡大夢(#31),小川コーチの計11名が指導をしてくれました。

グルージャ盛岡の選手と記念撮影
グルージャ盛岡の選手との試合
ポジションごとに別れてのトレーニング

ポジションごとに別れてのトレーニング


3名の選手から人権メッセージを伝えてもらいました。

【いじめについて】

Jリーグでは「いじめや暴力のない世界を」というバナー広告を掲出しながら試合をしている。

サッカーはミスの多いスポーツと言われている。ミスや失敗をした選手をいじめたり,責めたりするのではなく,助け合いの心を持って日々の生活を送って欲しい。

選手から人権メッセージ


選手から人権メッセージ

【外国人について】

サッカー界の中には,数多くの外国人が所属している。言葉の壁,生活習慣の違いなどで苦しんでいる外国人選手の姿を見てきた。

これからの生活で,外国人と触れ合う機会もあると思うので,是非,勇気を持って声をかけ,差別のない世界を作っていきましょう。



【障害者について】

今年はオリンピック・パラリンピックが行われました。

障害を持っている方が困っている場面を見た際は声をかけましょう。

スポーツを通じて,いじめ,差別のない世界を作っていきましょう。

選手から人権メッセージ



サッカーをする人KENまもる君
サッカーをする人KENまもる君
サッカーをする人KENまもる君と人KENあゆみちゃん

サッカーをする人KENまもる君と人KENあゆみちゃん


人権擁護委員による人権教室

二戸市の人権擁護委員による人権教室

「みんなの人権が守られ,誰一人として

人権が侵害されることのないよう,お互いに,思いやりの心を持って,仲良く,楽しい学校生活を送りましょう。」

人権擁護委員による人権教室



選手一人一人とハイタッチをして,終了
選手一人一人とハイタッチをして,終了

選手一人一人とハイタッチをして,終了しました。




人KENまもる君

このページの先頭へ

岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会