文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
香川県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 啓発活動紹介

人権教室

人権教室は、人権啓発活動の一環として、児童・生徒の人権感覚、人権意識の高揚を図ることを目的として、児童・生徒の意見を聞き、児童・生徒に質問し、児童・生徒の質問に答える形で行われています。

人権教室でテーマとする題材は、主として、いじめ、不登校、校則等児童・生徒の人権に関する問題についてであり、実施校の一室等を利用して開催し、司会進行については、人権擁護委員が担当する場合と、児童・生徒の代表に司会をお願いする場合もあり、児童・生徒が意見発表する方法などを取っています。



【スマホ・ケータイ安全教室のご案内】

高松法務局においては,香川県人権擁護委員連合会及びNTTドコモ四国支社と連携して,同社の実施する「スマホ・ケータイ安全教室」と合わせて「人権教室」を実施しています。

この教室では,スマホ等に特化して,その操作や正しい利用方法について最新情報を学ぶとともに,これらを通じて行われるいじめが人権侵害であることを認識していただき,いじめを受けた場合の早期対策の必要性やその対策方法等について,児童・生徒や保護者・先生への周知を図り,いじめの発生防止及びいじめ事案への適切な対処を促進するものです。

「スマホ・ケータイ安全教室」の開催を希望する場合には,下の「スマホ・ケータイ安全教室」申込用紙に記載の上,NTTドコモ宛てお申し込みください。

詳しくは下のチラシを御覧ください。

人権教室「スマホ・ケータイ安全教室」申込用紙


【香川県内の学校関係者の方々へ】

人権教室の開催希望又は開催に関するご質問等がありましたら、高松法務局又はその支局若しくは地域人権擁護委員までお問い合わせください。

豊中中学校で人権教室を実施しました

平成31年2月1日(金),三豊市立豊中中学校において,1〜3年生を対象 として「外国人の人権」について人権教室を実施しました。

当日は,全国中学生人権作文コンテスト香川県大会の表彰式も行われ,プロサッカーチーム,カマタマーレ讃岐のペ・スヨン選手と赤星雄祐選手が,「カマタマーレ讃岐賞」を受賞した2年生の平井萌花さんに表彰状と副賞を授与しました。

その後,生徒代表とカマタマーレ讃岐選手によるサッカー交流も行われ,プロの技を披露した選手や生徒代表への歓声で会場は盛り上がりました。人権教室では,全員で「外国人の人権」についてDVDを視聴した後,平井さんを含む3名の中学生代表とカマタマーレ讃岐選手2名,人権擁護委員4名が外国人の人権についてディスカッションを行いました。

身近に感じた外国人の人権問題や外国人と良い関係を築くにはどうすればいいのか様々な意見が交わされ,カマタマーレ讃岐のペ・スヨン選手からは初めて日本に来た時の御苦労,また,赤星選手からはチーム内での外国人選手とのコミュニケーションなどを御紹介いただきました。中学生からは大人も考えさせられるようなしっかりとした意見が出され,次代を担う子ども達の中に人権意識がしっかりと根付いていることを心強く感じました。

【作文コンテストの表彰式】

【カマタマーレ讃岐選手とのサッカー交流】

【外国人の人権についてのディスカッション(生徒代表)】

【外国人の人権についてのディスカッション(カマタマーレ選手)】

【外国人の人権についてのディスカッション(人権擁護委員)】