香川県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 主な人権課題

ホームレス

ホームレスとなった人々に対して、嫌がらせや暴行を加える事案が発生しています。ホームレスの人権に配慮するとともに、地域社会の理解と協力が必要です。

自立の意欲がありながら、やむを得ない事情でホームレスとなり、健康で文化的な生活ができない人々が多数存在し、嫌がらせや暴行を受けるなど、ホームレスに対する人権侵害の問題が起こっています。そのため、平成14年7月、「ホームレスの自立支援等に関する特別措置法」が制定され、同法に基づき、平成15年7月、「ホームレスの自立支援等に関する基本方針」が作られました。

ホームレスの自立を図るためには様々な取組が必要です。

法務省の人権擁護機関では、近隣住民の人権にも配慮しながら、ホームレスに対する偏見や差別の解消を目指して、啓発活動や相談、調査救済活動に取り組んでいます。