香川県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 主な人権課題

人身取引(トラフィッキング)

性的搾取、強制労働等を目的とした人身取引(トラフィッキング)は、重大な犯罪であり、基本的人権を侵害する深刻な問題です。

我が国では、平成16年4月、内閣に「人身取引対策に関する関係省庁連絡会議」が設置され、同年12月、同会議において、人身取引の撲滅、防止、人身取引被害者の保護等を目的とする「人身取引対策行動計画」が取りまとめられました。

また、人身取引をめぐる近年の情勢を踏まえ、政府一体となった人身取引対策を引き続き推進していくため、平成21年12月、犯罪対策閣僚会議において、「人身取引対策行動計画2009」が策定されました。

この問題について関係省庁が協力して取り組んでおり、法務省の人権擁護機関としても、啓発活動や相談、調査救済活動に取り組んでいます。