本文へジャンプメニューへジャンプ
神奈川県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会

横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会は、横浜市内の人権啓発活動に関わる機関等が連携・協力し、総合的かつ効果的な活動を推進することを目的として平成12年9月1日に設立されました。

横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会の構成員

横浜地方法務局
横浜市
横浜人権擁護委員協議会
横浜市人権擁護委員会

協議会事務局

〒231-8411
横浜市中区北仲通5丁目57番地
横浜第2合同庁舎
横浜地方法務局人権擁護課
Tel:045-641-7926(ダイヤルイン)

過去の行事のご報告

横浜市内の区民まつりにおける人権啓発活動

 横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会
(横浜地方法務局人権擁護課)

 横浜市では,毎年各区ごとに区民まつりという地域振興イベントを開催しており,地元の人権擁護委員が中心となって人権啓発活動を行っています。平成29年7月22日(土)23日(日)の2日間に渡り蒔田公園で開催された南区の区民まつり,南まつりで人権啓発活動を行いましたので紹介します。
 区民まつりでの啓発活動ですが,区民まつりには地元の子どもたちがたくさん来場するため,親子連れを対象に人権イメージキャラクターの人KENまもる君と人KENあゆみちゃんのぬり絵コーナーを設けました。
 当日は,たくさんの子どもたちが啓発物品のクレヨンを使って熱心にぬり絵を楽しんでくれました。子どもたちがぬり絵に夢中になっている間,保護者の方には人権クイズにチャレンジしてもらったり,人権パネルを見てもらい,様々な人権問題について考えてもらいました。 
 横浜市内の他の区では,これから10月から11月上旬にかけて区民まつりが開催されます。あわせて人権啓発活動も行う区民まつりもたくさんありますので,お近くの方はぜひ足を運んでいただきたいと思います。

Jリーグと連携した啓発活動@日産スタジアム

今年で42回目となる南まつり
入り口では,子ども絵どうろうが夏の夜を幻想的に彩ります。

Jリーグと連携した啓発活動@日産スタジアム

 横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会
(横浜地方法務局人権擁護課)

 6月4日(日)に横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会の活動として,日産スタジアムで行われたJ1リーグの横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦で人権啓発活動を行いました。
 今年初の神奈川ダービーということもあり,今季ホームゲーム最高の42,483名もの大観衆が詰めかけたようで,キックオフ前からスタジアム周辺は沢山のサポーターで賑わっていました。
 啓発活動の内容は,試合前のマスコットリレーレースと,ハーフタイムの時間を利用した横断幕を掲げたデモンストレーションの2つです。
 マスコットリレーでは,人KENまもる君とあゆみちゃんを含めた総勢30体の横浜市にゆかりのあるキャラクターたちが3チームに分かれ,マンオブザマッチ表彰参加権利をかけて真剣勝負をしました。
 まもる君とあゆみちゃんはそれぞれ4番,5番走者を担当し,先頭を走る大活躍でしたが,後続が抜かれてしまい,惜しくも昨年と同じ2位という結果に。最後は全員そろって記念撮影をしてスタジアムを盛り上げました。
 横断幕を掲げたデモンストレーションでは,ハーフタイム中に,まもる君あゆみちゃんと一緒に人権擁護委員の方たちが「みんなでなろう『人権サポーター』」「心をひとつに みんなの力をあわせよう」と書かれた横断幕を掲げながらフィールドを一周して人権尊重のアピールをしました。
 また,当日行われていたキャラクター人気投票の結果発表もこのタイミングでされましたが,新横浜のマスコットキャラクター「かもねくん」が昨年に続き1位を獲得したようです。まもる君とあゆみちゃんもみんなに愛される人権イメージキャラクターとして,今後もますます大活躍してもらいたいと思います。

Jリーグと連携した啓発活動@日産スタジアム

このページの先頭へ

横浜地方法務局 人権擁護課
Homeへ戻る