本文へジャンプメニューへジャンプ
高知県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
協議会のご紹介
人権問題とは
人権相談所
人権擁護のしくみ
啓発活動の様子
人権研修への講師派遣
啓発ビデオご紹介
リンク

ホーム > 法務省の人権擁護機関のご紹介 > 法務局はどんなことをしているの?

ここから本文です

法務局はどんなことをしているの?

法務局では、いろいろなご相談(法律相談や悩み相談など)をお受けしています。

私たちは、常に幸せで平穏な日々を過ごしたいと願っています。しかし、多くの人たちは日常生活の中でいろいろな悩みや心配ごとを持っていますし、時には、何かのトラブルに巻き込まれることもあります。

そんなときに、誰かに気軽に相談し、アドバイスを受けたり、悩みを聞いてもらうことができれば、みんな心の平和を取り戻すことができるのではないでしょうか。

法務局の仕事の第一の目的は、このような悩みや心配ごとの相談に乗り、相談者本人が自主的に問題を解決できるよう援助する仕事(人権相談)を行っています。

また、第二の目的としては、相談を受けた悩みや心配ごと、困りごとの中から、人権問題を発見し、その解決を図ることを目的としています。法務局が人権問題を発見した場合には、その問題を解決するため、必要に応じて人権侵犯事件として取り上げ、当事者に対する啓発・説得を重ねて問題の解決を図っています。

これらの人権相談を通じて、相談者やその関係者に人権の大切さを広める活動も重要な法務局の役割です。

このページの先頭へ

高知県人権啓発活動ネットワーク協議会

©Copyright 2000. Kochi Consultative Assembly of Network for Human Rights Enlightenment Activities.