本文へジャンプメニューへジャンプ
高知地域人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
構成員名簿
年間事業計画
人権啓発活動のお知らせ
四万十地域人権啓発活動ネットワーク協議会
安芸・香美地域人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム >

ここから本文です

人権啓発活動のお知らせ

ここから本文です

人権の花運動NEW

平成30年1月23日(火)

高知市立一宮小学校において「人権の花」運動を実施しました。

写真1)一宮小学校「人権の花」運動写真2)一宮小学校「人権の花」運動写真3)一宮小学校「人権の花」運動
写真4)一宮小学校「人権の花」運動写真5)一宮小学校「人権の花」運動写真6)一宮小学校「人権の花」運動

スポーツ組織と連携した人権啓発活動NEW

平成29年12月26日(火),高知市立昭和小学校において,地元サッカーチームの高知ユナイテッドSC,(公財)高知県人権啓発センター及び高知地方法務局が県内の小学生約75名を対象に「人権サッカー教室」を実施しました。

写真1)高知市立昭和小学校「人権サッカー教室」写真2)高知市立昭和小学校「人権サッカー教室」
写真3)高知市立昭和小学校「人権サッカー教室」 写真4)高知市立昭和小学校「人権サッカー教室」

スポーツ組織と連携した人権啓発活動

平成29年12月17日(日),高知市立江陽小学校において,地元サッカーチームの高知ユナイテッドSC,(公財)高知県人権啓発センター及び高知地方法務局が県内の小学生約75名を対象に「人権サッカー教室」を実施しました。

当日は天気にも恵まれ,サッカー指導のみならず,人権○×クイズを実施しました。

参加した選手から児童に,「仲間と助け合うことが大切です。」,「何事にも感謝の気持ちを忘れないようにしよう。」などのメッセージがおくられ,人権について考えるよい機会になったと思われます。

スポーツ組織と連携した人権啓発活動-01 スポーツ組織と連携した人権啓発活動-02
スポーツ組織と連携した人権啓発活動-03 スポーツ組織と連携した人権啓発活動-04
スポーツ組織と連携した人権啓発活動-05 スポーツ組織と連携した人権啓発活動-06

人権の花運動

平成29年12月14日(木)

高知市立十津小学校において「人権の花」運動を実施しました。

人権の花運動-01 人権の花運動-02 人権の花運動-03
人権の花運動-04 人権の花運動-05 人権の花運動-06

人権の花運動とは・・・

人権の花運動は,主に小学生に対する啓発活動として,昭和57年度から実施しています。

この運動は,配布された花の種子,球根等を,児童が協力して育てることによって,生命の尊さを実感し,その中で,豊かな心を育み,優しさと思いやりの心を体得することを目的とするものです。育てた花を社会福祉施設等に贈ったり,写生会,鑑賞会を開くことで,地域の人々とのコミュニケーションを強め,地域の人々にとっても人権尊重思想を高めてもらうきっかけとなっています。


人権着ぐるみ劇「人KENまもる君・あゆみちゃんとどうぶつ村のなかまたち」

劇のあらすじ

ここは,どうぶつ村のなかよし小学校。今日も元気にどうぶつの子どもたちが登校してきました。今日は,みんなで音楽会のリコーダーに挑戦です。いつもの仲良し四人組も挑戦しますが,リコーダーの苦手なおおじろうくんが,「できないもん」と言ってとうとう泣き出してしまいます。他の三人の子どもたちは一生懸命励ますのですが,やっぱりだめでした。

暑い暑い夏休みが終わり,真っ黒に日焼けしたどうぶつ村の子どもたちは,校庭で鬼ごっこや,かけっこ,ボール遊びに夢中です。くま子先生が子どもたちに,秋の音楽発表会が開かれることを知らせています。「できないもん」が口癖のおおじろうくんは,また「できないもん」と言っています。そんなおおじろうくんと同じ練習グループになると,きっと失敗してしまうにちがいありません。さすがの仲良しの友だちも,ちょっと困ってしまいます。

その時,ぴょんこちゃんが,すばらしい解決策を考えました。

仲間の弱さを受け入れる勇気と,自分の弱さを乗り越えようとする勇気。おおじろうくんの心の成長と,友だちのやさしさを通して,勇気をもって自立する喜びを伝えるお話しになっています。

〜高知市立鴨田小学校での様子〜平成29年12月7日
人権着ぐるみ劇-01 人権着ぐるみ劇-02 人権着ぐるみ劇-03
人権着ぐるみ劇-04 人権着ぐるみ劇-05 人権着ぐるみ劇-06
人権着ぐるみ劇-07 人権着ぐるみ劇-08 人権着ぐるみ劇-09
〜高知市立十津小学校での様子〜平成29年12月4日
人権着ぐるみ劇-01 人権着ぐるみ劇-02 人権着ぐるみ劇-03
人権着ぐるみ劇-04 人権着ぐるみ劇-05 人権着ぐるみ劇-06
人権着ぐるみ劇-07 人権着ぐるみ劇-08 人権着ぐるみ劇-09

人権着ぐるみ劇とは・・・

手作りの着ぐるみ劇「人KENまもる君・あゆみちゃんとどうぶつ村のなかまたち」は,札幌法務局滝川支局の指人形及び函館地方法務局の手作り着ぐるみを参考に企画し,高知地方法務局と高知人権擁護委員協議会が独自に実施している人権啓発活動です。

この劇は,子どもたちがより親しみやすく,また,たくさんの方々に支えられ生きていることを学んでもらうため,着ぐるみ,大道具等の作成から実施にいたるまで,たくさんの方々に協力していただいています。

今回も,劇の実施については,学校法人龍馬学園 龍馬看護ふくし専門学校子ども未来学科・福祉保育学科の学生にボランティアとして参加していただきました。


スポーツ組織と連携した人権啓発活動

平成29年9月10日(日)

四国アイランドリーグplus所属の地元チーム「高知ファイティングドッグス」と「香川オリーブガイナーズ」の試合において,スポーツチームと連携した人権啓発活動を高知市総合運動場(高知球場)で実施しました。

スポーツ組織と連携した人権啓発活動の様子-01 スポーツ組織と連携した人権啓発活動の様子-02
スポーツ組織と連携した人権啓発活動の様子-03 スポーツ組織と連携した人権啓発活動の様子-04

グラウンドでは,試合開始前と5回終了時に,人KENまもる君・あゆみちゃんとともに「子どもの人権110番 0120−007-110」,「考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心」の横断幕を掲げ,人権の大切さをアピールしました。


人権七夕飾り付け

平成29年7月3日(月)

須崎人権擁護委員協議会では,当協議会独自の啓発活動として「人権七夕」を行っています。

笹の葉に飾る短冊には,高知地方法務局須崎支局管内の全中学校生徒らにより,人権メッセージや人権イラストが思い思いに書かれています。今年の人権メッセージは,総数1,189枚となりました。

人権七夕飾り付けの様子01 人権七夕飾り付けの様子02

その人権メッセージ1つ1つを,同管内の保育園児32名が,長さ4m超ある笹に飾ります。人権メッセージの内容を人権擁護委員に訊く園児もいれば,大きくなったら人権メッセージを自分も書くんだと憧れの瞳で見つめる園児,中学生の願いが天に届きますようにと大切そうにしっかり結ぶ園児もいます。

人権七夕飾り付けの様子03 人権七夕飾り付けの様子04

全てのメッセージを飾り終えて,笹の葉に載せた七夕の歌を園児が披露すると,その歌声に誘われて人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが会いに来てくれました。
中学生が書いた人権メッセージは,約1ヶ月間,同庁舎入口に飾られ,来庁者の心に語りかけています。

人権七夕飾り付けの様子05 人権七夕飾り付けの様子06

スポーツ組織と連携した人権啓発活動

平成29年7月2日(日),高知市営球場において,地元野球チームの高知ファイティングドッグス,(公財)高知県人権啓発センター及び高知地方法務局が県内の野球チーム所属の小学生約120名を対象に「人権野球教室」を実施しました。

当日は天気に恵まれ,暑い中での実施でしたが,無事に終えることができました。

参加児童たちにとっては,野球指導のみならず,人権○×クイズや駒田監督の人権スピーチなどを通じて人権について考えるよい機会になったと思われます。

パレードの様子04 パレードの様子05
パレードの様子06 パレードの様子07
パレードの様子08 パレードの様子09

スマホ・ケータイ安全教室

平成29年5月8日(月)

高知市立一宮中学校において「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しました。

《スマホ・ケータイ安全教室とは・・・》
本事業は,子どもの人権課題に取り組むために,高知地方法務局と株式会社ドコモCS四国とが事業提携し,高知県内で初めて官民一体となって実施するものです。
児童,生徒,保護者及び教職員などを対象とし,スマートフォンやインターネット上などでのトラブルやリスクを説明し,安全な利用方法などの啓発を行うとともに,SNSを用いた「いじめ」などの子どもの人権問題の解決を図ることを目的として実施しています

スマホ教室01 スマホ教室02 スマホ教室03

高知県人権啓発活動ネットワーク協議会

©Copyright 2001. Kochi Directory Consultative Assembly of Network for Human Rights Enlightenment Activities.