本文へジャンプメニューへジャンプ
熊本県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

人権擁護委員について

人権をイメージした男の子のキャラクター。やなせたかし作

人権イメージキャラクター

人KENまもる君

人権擁護委員はこんな人

人権擁護委員とは、地域住民で人格識見が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある人を市町村長が推薦し、法務大臣が委嘱した方々です。

人権擁護委員は、人々の間に正しい人権の考え方を広め、自由人権思想の啓発に努めることはもちろん、皆さんの人権が侵されないよう監視したり、もし人権が侵された人がいた場合には、相談相手になって救済する仕事をしています。

人権擁護委員は、熊本県内すべての市町村に336名(平成28年10月1日現在)が配置されています。

日常生活の中で、人権問題や法律上のことで困っていることがありましたら、お気軽に人権擁護委員または法務局にご相談ください。

詳しくはお近くの法務局(支局)へお問い合わせください。

このページの先頭へ