本文へジャンプメニューへジャンプ
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会 育てよう一人一人の人権意識
ホーム >
ここからメニューです トップページへ
当協議会の紹介
主な活動
これからの活動予定
人権擁護委員とは?
人権相談所
人権啓発ビデオ目録
リンク
宮城県内の地域人権啓発活動ネットワーク協議会
仙台協議会 大河原協議会
大崎・栗原協議会 南三陸協議会
ここから本文です

南三陸人権啓発活動地域ネットワーク協議会

 

市町村においても人権啓発活動を効果的に推進していくため、仙台法務局石巻支局、仙台法務局登米支局及び仙台法務局気仙沼支局の管轄市町村を対象として、平成15年10月9日、南三陸人権啓発活動地域ネットワーク協議会を設置しました。
構成員は次のとおりです。


仙台法務局石巻支局 仙台法務局登米支局 仙台法務局気仙沼支局
石巻市 東松島市 登米市 気仙沼市
女川町 南三陸町
石巻人権擁護委員協議会 登米人権擁護委員協議会 気仙沼人権擁護委員協議会

オブザーバー
宮城県登米保健福祉事務所 宮城県石巻保健福祉事務所 宮城県気仙沼保健福祉事務所

【事務局】
仙台法務局石巻支局
〒986-0861 石巻市恵み野六丁目5-6
Tel:0225-22-6188 Fax:0225-22-6189

地方委託事業実施予定

地方委託事業実施状況

人権の花運動(石巻市,東松島市,女川町)を実施しました。(石巻人権擁護委員協議会)

10月4日 石巻市立前谷地小学校
10月4日 石巻市立前谷地小学校
10月18日 石巻市立渡波小学校
10月18日 石巻市立渡波小学校
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
10月19日 石巻市立寄磯小学校 
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
6月7日 東松島市立鳴瀬桜華小学校
9月30日 女川町立女川小学校)
9月30日 女川町立女川小学校
介護施設への贈呈式
介護施設への贈呈式
 平成28年度石巻地域の「人権の花」運動は,6月7日東松島市立鳴瀬桜華小学校での実施を始まりに,石巻市立前谷地小学校,同渡波小学校,同寄磯小学校及び女川町立女川小学校まで順次,各市・町の準備の基で実施されました。それぞれの小学校では,校長先生から人権の花を育てることを通して,命の尊さ,優しさ,思いやりの心をしっかり身につけて欲しいとのお話がありました。また,参加した人権擁護擁護委員と児童とが全員で「種をまこう」の詩を朗読し,人権について学びを深めました。そして,子どもたちは人権擁護委員からの植え付け手順の説明のとおり,球根などをていねいに植え付け,最後に,子どもたちから「一生懸命,大事に育てます」という言葉がありました。また,鳴瀬桜華小学校と女川小学校では,育てた花を老人介護施設に贈呈し,施設入所者の皆さんから感謝の気持ちが伝えられると,子どもたちはたいへん喜んでいました。

「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)

人KENまもる君と人KENあゆみちゃんも参加しました。
人KENまもる君と人KENあゆみちゃんも参加しました。
創作コーナー「親子で作って遊ぼう」
 創作コーナー「親子で作って遊ぼう」
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
パネル展示
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
  親子で楽しむステージイベント
 平成28年10月30日(日)午前11時30分から午後2時15分まで,イオンモール石巻(石巻市茜平四丁目104番地)の緑の広場において,未就学児を子育て中の市民を対象とした「楽しさいっぱいこども展」を開催しました。
 また,2階通路では,10月25日(月)から30日(日)まで「幼稚園・保育所・こども園ってどんなところ?」,「子どもと人権」について,パネル展示を行いました。
 開催当日は,幼稚園教諭及び保育所保育士が,会場に来た親子と一緒になって,遊びをとおして幼児教育を考えることを目的とした手作りおもちゃの創作をしたり,親子で一緒に楽しむステージイベントが行われました。
 人KENまもるくんや人KENあゆみちゃんも参加しましたが,子ども達がたくさん集まり,啓発グッズをもらったり写真を撮ったり楽しそうでした。
 人権擁護委員による人権啓発のほか,市職員による各種子育て支援制度の紹介も行われ,多くの人に啓発物品やパンフレット,周知チラシを配ることができました。

「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)

「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
人KENまもる君と人KENあゆみちゃんも参加しました。
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
  創作コーナー「親子で作って遊ぼう」
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
パネル展示
「楽しさいっぱいこども展」を開催しました(石巻人権擁護委員協議会)
  親子で楽しむステージイベント
平成27年10月18日(日)午前11時から午後2時45分まで,イオンモール石巻(石巻市茜平四丁目104番地)の海の広場・緑の広場において,未就学児を子育て中の市民を対象とした「楽しさいっぱいこども展」を開催しました。
 また,2階「けやき」前では,10月1日(木)から18日(日)まで「幼稚園・保育所・こども園ってどんなところ?」,「子どもと人権」について,パネル展示を行いました。
 開催当日は,幼稚園教諭及び保育所保育士が会場に来た親子と一緒になって,遊びをとおして幼児教育を考えることを目的とした手作りおもちゃの創作をしたり,「そらとぶクレヨン」等による親子で一緒に楽しむステージイベントが行われましたが,参加した親子からは,「おもちゃを買い与えるのではなく,親子で作って遊ぶのも大事だと思った」「子どもが楽しく参加できて良かった」等の意見が寄せられました。
 人KENまもる君や人KENあゆみちゃんも参加しましたが,子ども達がたくさん集まり,啓発グッズをもらったり写真を撮ったり楽しそうでした。
 人権擁護委員による人権啓発のほか,市職員による各種子育て支援制度の紹介も行われ,多くの人に啓発物品やパンフレット,周知チラシを配ることができました。

人権を考える講演会を開催しました(登米市)

10月5日(月)から6日(火)の2日間で,登米市立東和中学校・津山中学校・登米中学校の3校において,「人権を考える講演会」として,宮本延春氏から「オール1の落ちこぼれ,教師になる〜いじめ,引きこもり,天涯孤独の絶望を乗り越えて〜」と題した講演を行いました。
 宮本氏からは,「自分で自分をあきらめることなく,困難に立ち向かい逆境を克服し,大きな夢を持てば,夢は叶う。」という話がありました。
 経済的にも社会的にも自立していない子どもたちにとって,自らの手で自分自身の人権を守ることは,とても困難なことであり,いじめ・虐待・体罰などが社会問題化されていても,それらがなくなることはなく,尊い命を落としてしまう事件も相次いで報じられていますが,今回の講演を聴いたことで,子どもたちの今後の生きる力の助けとなったことと思います。
人権を考える講演会を開催しました(登米市)
人権を考える講演会を開催しました(登米市)

人権の花運動を実施しました(登米市)

登米市では,市内の小学校5校で人権の花運動を実施しました。
その内,石森小学校・中津山小学校では,はじめに仙台法務局登米支局長から,「人権とは差別されずに生きる権利のこと。生きている花を育て,命の大切さも分かってほしい」とお話しした後,苗を育てた登米総合産業高校の生徒と一緒にサルビアやマリーゴールドなどの苗をプランター等に植栽しました。
人権の花運動を実施しました(登米市)
人権の花運動を実施しました(登米市)

「多文化共生シンポジウムin気仙沼」(宮城県)を開催しました。

 11月9日(日)午後1時から,気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階大ホールにおいて,「多文化共生シンポジウムin気仙沼」を開催しました。
 二部構成で行われ,内容は以下のとおりでした。
【第一部】 現状報告と基調講演
 (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長の大野昌枝氏から「宮城県の多文化共生の現状について」の報告がありました。宮城県に暮らす海外出身者の特徴や震災後の宮城県の外国人の動向等の説明があり,震災後は定住外国人の社会における活躍の場が広がってきているとのことでした。また,NPO法人宮城ミャンマー友好協会理事のスーザ・ミョータン氏から「定住外国人が活躍できる地域づくり」をテーマとした基調講演があり,講師自身と宮城県とのつながりや現在の仕事の内容の説明などがあり,会社の中には外国人がいないと困る場面が出てきているなどの話がありました。
【第二部】 パネルディスカッション
 以下のメンバーで「みんなでつくる多文化共生社会〜求められる就労支援とは〜」をテーマとしてパネルディスカッションを行いました。外国人が就労面で苦労していることとしては,大震災によって今まで携わっていた仕事がなくなったため,介護の仕事をするために資格取得の勉強を現在していることや,仕事に就くためには日本語の勉強が必要だという意見がありました。また,登米市で会社を経営している工藤健二氏からは外国人を雇用したところ,仕事の飲み込みが早く,前向きで勉強熱心であるという報告がありました。
コーディネーター:
(公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長
大村昌枝氏
コメンテーター:
NPO法人宮城ミャンマー友好協会理事 スーザ・ミョータン氏
パネリスト:
主任介護支援専門員・介護福祉士 加藤千惠美氏
クチナシ製作所社長 工藤健二氏
春圃苑デイサービスセンター介護職 紺野クリスティーナ氏
気仙沼市教育委員会非常勤講師 佐藤ジャスミン氏
飲食店従業員 タランガ・ヘラト氏
第一部のスーザ・ミョータン氏による講演の様子です。

第一部のスーザ・ミョータン氏による講演の様子です。

第二部のパネルディスカッションの様子です。

第二部のパネルディスカッションの様子です。

  宮城県人権啓発活動
ネットワーク協議会

事務局
仙台法務局人権擁護部
〒980-8601
仙台市青葉区春日町
7番25号
仙台第3法務総合庁舎
Tel:022-225-5743
Fax:022-225-6071

 
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会