本文へジャンプ メニューへジャンプ
F
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会 育てよう一人一人の人権意識
ホーム >
ここからメニューですトップページへ
当協議会の紹介
主な活動
人権啓発ビデオ目録
リンク
宮城県内の地域人権啓発活動ネットワーク協議会
仙台協議会 大河原協議会
大崎・栗原協議会 南三陸協議会
ここから本文です

大河原人権啓発活動地域ネットワーク協議会

 

市町村においても人権啓発活動を効果的に推進していくため、仙台法務局大河原支局の管轄市町を対象として、平成14年5月23日、大河原人権啓発活動地域ネットワーク協議会を設置しました。
構成員は次のとおりです。



【事務局】
仙台法務局大河原支局総務課
〒989-1217 柴田郡大河原町字錦町1-1
Tel:0224-52-6053 Fax:0224-52-6082

地方委託事業実施予定

実施予定はありません。

地方委託事業実施状況

人権講演会を実施しました(村田町)

村田町では,9月17日(木):村田第一中学校及び10月2日(金):村田第二中学校で,仙台市を拠点として活動する車椅子バスケットボールチーム『宮城マックス』(現在,是日本選手権7連覇中)の岩佐義明監督による人権講演会を開催しました。
なお,講演会には,全日本のメンバーにもなっている所属選手も帯同し,生徒と一緒になって心地よい汗を流していました。

村田第一中学校では,鈴木人権擁護部長からあいさつをいただき,岩佐監督の人権講演の後,全校生徒210名が選手が実際に使用した車椅子に乗ってバスケットボールコートを1周し,シュートをするなど車椅子と車椅子バスケの体験をしました。
また,村田第二中学校では,全校生徒71名が車椅子体験をした後,選手と各学年代表(4チーム)とのミニゲームを行いました。
両中学校の生徒たちは,車椅子体験を通じて障がい者への理解を深めるとともに,全日本のメンバーにも選ばれている選手の技術と力強いプレーを目の当たりにして,目を輝かせていました。

平成27年9月17日:村田第一中学校

花運動の様子1

鈴木人権擁護部長あいさつ

花運動の様子2

右から岩佐監督 椎名選手 豊島選手 藤井選手

花運動の様子3

車椅子体験

平成27年10月2日:村田第二中学校

花運動の様子1

車椅子体験 藤本選手

花運動の様子2

車椅子バスケット体験 豊島選手

花運動の様子3

ミニゲーム

人権の花運動を実施しました(村田町)

村田町では,6月3日及び24日の2日間,町内の小学校2校,114名の児童が参加して人権の花運動を実施しました。

はじめに人権擁護委員が「思いやりの心」や「命の大切さ」についてのお話をした後,「種をまこう」の詩を朗読しました。その後,児童たちと一緒にアンゲロニアやペチュニアの苗をプランター等に植栽しました。

植栽式には村田町のゆるキャラ「くらりん」も参加し,人KENまもる君と人KENあゆみちゃんとの夢のコラボも実現。子どもたちは大喜びし,一緒に記念撮影をしました。

その後は,児童たちが毎日の水やりなどの管理を行い,大切に育ててくれています。

花運動の様子1
花運動の様子2
花運動の様子3

「人権ミニコンサート」(川崎町)を実施しました。

8月30日(土)午前10時から,川崎町健康福祉センターにおいて,人権ミニコンサートを実施しました。これは川崎町で毎年実施している「ボランティアフェスタ」のふれあいコンサートの一環として実施したもので,川崎町出身の声楽家である丹野茅鶴氏からミュージカル・マイフェアレディの「踊りあかそう」や坂本九の「見上げてごらん夜の星を」など10曲が披露されました。当日は用意していた椅子が足りなくなり,会場の後ろで立ち見をするほどの来場者がありました。その中で丹野氏の美しく豊かな声が会場いっぱいに響き渡り,来場者はその素晴らしさに感動していました。

また,会場内に人権コーナーのブースを設置し,人権についてのパネル展示や人権まもる君や人権あゆみちゃんとのジャンケン大会を行い,会場に来たたくさんの子どもたち等が列をつくってジャンケンするなど,ここでも人権まもる君,人権あゆみちゃんは大人気でした。また,ジャンケンとともに簡単な人権クイズをやっていただいたことで,地域住民に人権について考えていただく機会にもなりました。

人権ミニコンサートの様子1

人権ミニコンサートの丹野氏です。

人権ミニコンサートの様子2

人権コーナーのジャンケン大会の様子です。

人権ミニコンサートの様子3

人権クイズは難しかったかな?

人権ミニコンサートの様子4

人権コーナーで展示したパネルです。

「SNSの正しい活用講習会」(丸森町)を実施しました。

7月16日(木)午前11時45分から,丸森町立丸森中学校において,中学生でも気軽に利用することができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の正しい活用法を学び、誤った利用の仕方に起因する「いじめ」や依存による「コミュニケーション不足」の発生を抑制することを目的として「SNSの正しい活用講演会」を実施しました。当日は,丸森中学校の2,3年生242名が参加し,講師である晋山孝善氏(ジェットインターネット株式会社・代表取締役)から,スマートフォンの不正アプリによる個人情報流出の危険性やネットによる犯罪被害,いじめや依存症等の事例の紹介があり,その上で個人情報を安易にネットに掲載しないよう参加者に対して呼びかけを行いました。

「SNSの正しい活用講習会」
  宮城県人権啓発活動
ネットワーク協議会

事務局
仙台法務局人権擁護部
〒980-8601
仙台市青葉区春日町7番25号
仙台第3法務総合庁舎
Tel:022-225-5743
Fax:022-225-6071

 
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会