本文へジャンプメニューへジャンプ
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会 育てよう一人一人の人権意識
ホーム >
ここからメニューですトップページへ
当協議会の紹介
主な活動
これからの活動予定
人権擁護委員とは?
人権相談所
人権啓発ビデオ目録
リンク
宮城県内の地域人権啓発活動ネットワーク協議会
仙台協議会 大河原協議会
大崎・栗原協議会 南三陸協議会
ここから本文です

大崎・栗原人権啓発活動地域ネットワーク協議会

 

市町村においても人権啓発活動を効果的に推進していくため、仙台法務局古川支局及び仙台法務局築館支局の管轄市町を対象として、平成15年10月17日、大崎・栗原人権啓発活動地域ネットワーク協議会を設置しました。
構成員は次のとおりです。

仙台法務局古川支局
大崎市 栗原市
加美町 色麻町
涌谷町 美里町
古川人権擁護委員協議会

オブザーバー
大崎保健福祉事務所 栗原保健福祉事務所

【事務局】
仙台法務局古川支局総務課
〒989-6117 大崎市古川旭六丁目3-1
Tel:0229-22-0510 Fax:0229-22-1535

地方委託事業実施予定

地方委託事業実施状況

人権の花運動を実施しました(古川人権擁護委員協議会)

涌谷町立箟岳白山小学校

5月10日 涌谷町立箟岳白山小学校

涌谷町立月将館小学校

5月26日 涌谷町立月将館小学校

9月26日 栗原市立一迫小学校

9月26日 栗原市立一迫小学校

平成29年度,当支局管内の「人権の花運動」は,涌谷町立箟岳白山小学校及び同月将館小学校,栗原市立一迫小学校の各小学校で実施されました。それぞれの小学校では,始めに人権擁護委員が,花を育てることで優しさや思いやりの心をしっかりと身につけてほしいと話したり,人権擁護委員と児童全員で「種をまこう」の詩を朗読したりしました。子どもたちは,マリーゴールドやサルビアなどの苗をていねいに植えました。箟岳白山小学校の様子は,河北新報や大崎タイムスにも取り上げられ,記事には,子どもたちからの「すくすく育つようにしっかり世話をしたい。」という言葉も掲載されました。

人権フェスティバル2015in大崎」(大崎市)を実施しました。

 平成27年11月8日(日)午後1時から大崎市民会館において,「人権フェスティバル2015in大崎」を開催しました。
 フェスティバルの内容は二部構成となっており,以下のとおりです。

【第一部】 第35回全国中学生人権作文コンテスト大崎・栗原地区大会表彰式

 上記大会の表彰式を行い,以下の方の作品が表彰されました。

 最優秀賞 「ホームの彼女」
   宮城県古川黎明中学校 3年  梶 原 里 恩

 大崎タイムス社賞 「私が伝えられること」
   宮城県古川黎明中学校 1年  伏 見   愛

 審査員長賞 「いつか差別がなくなることを信じて」
   大崎市立古川北中学校 3年 佐 藤 彩 香

 審査員長賞    「かっこいい仕事」
   宮城県古川黎明中学校 2年  阿 部 颯 希

 優秀賞      「差別と平等」
   栗原市立志波姫中学校 3年  佐々木 陽 菜

 奨励賞 「本当の美しさ」
   加美町立小野田中学校 3年  山 城 真 緒

 表彰後,代表して最優秀賞を受賞した梶原里恩さんと大崎タイムス社賞を受賞した伏見愛さんから作品発表を行い,審査員長である大崎地区教育研究会国語部会長の中川美津子氏から応募作品全般についての講評がありました。

【第二部】 水谷 修 氏 講演会「あした,笑顔になあれ」

「夜回り先生」でおなじみの,水谷修氏による講演会「あした,笑顔になあれ」〜夜回り先生からのメッセージ〜を実施しました。 当日は,雨が降るあいにくの天気でしたが,会場にはたくさんの方にお越しいただき,盛況を得ました。

講演会は,水谷さんが関わってきた子どもたちとの経験談を,ときにはユーモラスに,ときには聴衆の涙を誘うなど,聞く者の心に訴えるすばらしい内容でした。

作文コンテスト表彰式の様子です。

作文コンテスト表彰式の様子です。

水谷修氏による講演会の模様です。

水谷修氏による講演会の模様です。


  宮城県人権啓発活動
ネットワーク協議会

事務局
仙台法務局人権擁護部
〒980-8601
仙台市青葉区春日町
7番25号
仙台第3法務総合庁舎
Tel:022-225-5743
Fax:022-225-6071

 
宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会