ここからメニューです
ここから本文です

宮崎県人権啓発活動ネットワーク協議会の活動結果

平成29年度に実施した宮崎県人権啓発活動ネットワーク協議会並びにその構成員の 主な人権啓発活動をご紹介します。

トップページに戻る

スポーツ組織と連携・協力した啓発活動

スポーツ組織と連携・協力した啓発活動として,12月に,青島太平洋マラソンの大会会場において宮崎県が指定する人権啓発イメージキャラクターの「ジンケンジャー」や宮崎県のシンボルキャラクターである「みやざき犬(けん)」と共に参加者や応援にいらした方に対して啓発活動を行いました。

@スポーツ組織と連携・協力

 

Aスポーツ組織と連携・協力

 

人権に関する作品募集

人権に関する作品募集は、宮崎県が定めた人権啓発強調月間(8月)の啓発事業の一環として、未来を担う児童・生徒が、人権に関する作品の制作・応募を通じて人権を尊重することの大切さについて理解を深め、豊かな人権感覚を身につけるとともに、募集した作品を人権啓発資料として活用することにより、広く県民の人権意識の普及高揚を図ることを目的として実施しています。

平成29年度は、作文8,932編、図画・ポスター4,449点、合計13,381作品の応募がありました。

なお、小学生4年生以上の部の人権に関するポスターについては、「小学生人権ポスターコンテスト」(主催 宮崎地方法務局及び宮崎県人権擁護委員連合会)の募集を兼ねています。

1 主催
宮崎県・宮崎県教育委員会・宮崎地方法務局・宮崎県人権擁護委員連合会・宮崎県人権啓発推進協議会
2 平成29年度人権に関する作品募集の応募状況
区分作文図画・ポスター
応募校数応募作品数応募校数応募作品数
小学生3年生以下の部 48 84 98 846
4年生以上の部 100 273 156 1,483
中学生の部
(作文は全国中学生人権作文コンテスト宮崎県大会分)
84 8,024 44 1,994
高校生の部 551 126
合計 240 8,932   302 4,449
このページの先頭へ

全国中学生人権作文コンテスト宮崎県大会

全国中学生人権作文コンテスト宮崎県大会は、法務省と全国人権擁護委員連合会が昭和56年度から実施している「全国中学生人権作文コンテスト」の宮崎県大会として、次代を担う中学生に、人権をテーマとした作文を書くことを通じて、人権尊重の必要性及び重要性についての理解を深めることを目的として実施しています。

1 主催

宮崎地方法務局 宮崎県人権擁護委員連合会 宮崎県 宮崎県教育委員会 宮崎県人権啓発推進協議会

2 審査結果

賞名 作品名 中学校名 学年 氏名
最優秀賞
(中央大会・奨励賞)
「生きてるだけで百点満点。」 宮崎市立久峰中学校 3 田代紗友里さん
宮崎日日新聞社賞
(中央大会・法務事務次官賞)
「同じ空の下で」 宮崎第一中学校 2 仲本愛さん
優秀賞 「通級教室に通うようになって」 都城市立西中学校 1 山口夢叶さん
優秀賞 たくさんの笑顔のために 日南学園中学校 2 吉田鈴奈さん
奨励賞 家族としての存在 宮崎大学教育学部付属中学校 2 串間政斗さん
奨励賞 私が「外国人」だったころ 都城市立祝吉中学校 1 永友莉子さん
奨励賞 かわいそうと思わないで 宮崎日本大学中学校 3 川越紀佳さん
奨励賞 共生社会を目指して 宮崎市立大塚中学校 2 小坂麗乃さん
奨励賞 いじめについて 都城市立山田中学校 2 志々目さくらさん

このページの先頭へ

人権啓発強調月間(8月)

宮崎県では、平成3年度から、夏休みで家族をはじめ人とのふれあいの機会が多くなる8月を人権啓発強調月間と定め、集中的に啓発を行うことにより、県民が、身近な人々と人権尊重の大切さについて話し合い、人権問題を自らの問題としてとらえ、さらに解決に努めてもらおうというものです。

 

月間内の主な事業

人権に関する作品募集

夏休みふれあい映画祭
民間団体と連携して実施するイベント


ジンケンジャーのプロフィール

ジンケンジャーの正体、それは私たち自身です。ジンケンジャーは、私たちだれもが持っている3つの心を表しています。

ジンケンピンク  : すべてのものを愛する心(愛情)

ジンケングリーン : 友だちを大切にする心(友情)

ジンケンブルー  : 困難なことに立ち向かう心(勇気)

「ジンケンジャー」は、宮崎県が指定する人権啓発イメージキャラクターです。

夏休みふれあい映画祭

8月の人権強調月間行事の一環として人権に関する映画鑑賞会「夏休みふれあい映画祭」を開催することにより,家族や友人とともに人権問題について考える機会を提供し,人権意識の普及高揚を図ることを目的として開催しているものです。
平成29年度は20市町村で開催されました。


人権週間(12月4日〜10日)

平成29年度の人権週間行事として、法務局、宮崎県、各市町村及び人権擁護委員が協力し、各地域で街頭啓発や人権相談所の開設など様々な取組を実施しました。

人権週間に先立ち、12月3日には、宮崎市内にあるイオンモール宮崎店の協力を得て、法務局職員、人権擁護委員、宮崎県職員などが参加し、人権作品表彰式、一日人権擁護委員委嘱式、啓発物品配布、じんけんクイズやジンケンジャーなどを実施しました。

イオンモール宮崎での啓発風景

B人権週間・フェスティバルの風景

人権フェスティバルの風景

ジンケンジャーショーの様子

ジンケンジャーショーの様子

一日人権擁護委員委嘱式の様子

一日人権擁護委員委嘱式の様子

街頭啓発の様子

街頭啓発の様子

このページの先頭へ

「人権の花」運動

「人権の花」運動は、小・中学生を対象とした啓発運動で、昭和57年度から実施されています。その内容は、配布された花の種子、球根などを、児童等が協力しながら育成することを通して、協力、感謝することの大切さを学ぶとともに、情操を豊かにし、やさしい思いやりの心を体得させ人権思想をはぐくむことを目的としたものです。

平成29年度の本運動は、宮崎県内の10校の小・中学校において実施しました。

【「人権の花」運動実施校】
西都市立妻南小学校 同都於郡中学校 西米良村立村所小学校 同西米良中学校 高原町立広原小学校 同後川内小学校
延岡市立緑ヶ丘小学校 同北方学園小中学校 日向市立財光寺南小学校 高千穂町立岩戸小学校
F人権の花・妻南小

西都市立妻南小学校

高鍋町立高鍋西小学校

西米良村立西米良中学校

人KENまもる君人KENあゆみちゃん
トップページに戻る