本文へジャンプメニューへジャンプ
長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう,一人一人の人権意識
‐思いやりの心・かけがえのない命を大切に‐ここからメニューです
人権イメージキャラクター
人KENまもる君
人KENあゆみちゃん

ホーム > 主な人権問題 >

ここから本文です
主な人権問題

子ども

いじめや体罰を理由に児童・生徒が自殺,親の養育放棄で乳幼児が衰弱死,児童ポルノをインターネットで販売した男性を逮捕・・・。子どもが被害者である報道の一部ですが,このように痛ましい事案が後を絶ちません。子どもも一人の人間として最大限に尊重され,守られなければなりません。

平成元年(1989年)の国連総会で,子どもの人権や自由を尊重し,子どもに対する保護と援助を進めることを目的とした「児童の権利に関する条約」が採択され,我が国も平成6年(1994年)4月に,この条約を批准しました。

また,社会問題化しているいじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進することを目的として,平成25年9月に「いじめ防止対策推進法」が成立されました。

いじめ

最近の子どものいじめは,多様化が進み,情報通信機器の介在により,いじめが一層見えにくくなっている実態も見られます。

また,いじめはささいな行為から危険を伴う行為へつながることも少なくないことから,人権の観点からも重視すべき課題となっています。

いじめをする子どもやいじめを見て見ぬふりをする子どもが生じる原因や背景には,子どもを取り巻く学校,家庭や社会環境等が複雑に絡み合った問題がありますが,その根底には,他人に対する思いやりやいたわりといった人権尊重意識の希薄さがあると思われます。この問題を解決するためには,お互いの異なる点を個性として尊重するなどの人権意識を養っていくことが重要です。

体罰

教育職員による体罰については,「学校教育法」第11条ただし書で明確に禁止されているところですが,体罰による人権侵犯事件は依然として後を絶たない状況にあります。

体罰は,児童・生徒の心身に深刻な悪影響を与え,力による解決の志向を助長し,いじめや暴力行為等の土壌を生むおそれがあります。

児童虐待・児童買春・児童ポルノ問題

昨今,幼児や児童を,親などが虐待し,中には死に至らしめるという痛ましい事件が多発しています。また,性的虐待の問題や児童買春,インターネット上における児童ポルノの氾濫等,児童を性的に商売の道具にする商業的性的搾取さくしゅの問題が世界的に深刻になっています。

これらの問題の解決に向けて,平成11年11月には,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が施行され(平成26年7月施行の改正法により,題名が「児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」に改められ,罰則が拡充・強化),また,平成12年11月には,「児童虐待の防止等に関する法律」が施行され(累次の改正あり),積極的な取組が行われています。

法務省の取組

学校におけるいじめの事案は,依然として数多く発生しており,家庭内における児童虐待の事案も増加し,中には死に至る深刻なケースも生じるなど,大きな社会問題となっています。

これらの事案は,事柄の性質上,周囲の目に付きにくいところで起こり,被害者である子どもは身近な人に相談することをためらうことが多いことから,重大な結果に至って初めて表面化するという例が少なくありません。

法務省の人権擁護機関では,これらの問題に対する施策として,平成18年度から,全国の小・中学校の児童・生徒に「子どもの人権SOSミニレター」(便箋兼封筒)を配布しています。このレターを通じて教師や保護者にも相談できない子どもの悩みごとを的確に把握し,学校や関係機関とも連携を図りながら,様々な人権問題の解決に当たっています。

また,全国50か所の法務局・地方法務局にフリーダイヤルの専用相談電話「子どもの人権110番」を設置し,人権擁護委員や法務局職員が子どもからの相談に応じ,子どもが相談しやすい体制をとるとともに,調査救済活動や,いじめ等について考えてもらう「人権教室」の開催や啓発冊子の配布等の啓発活動に取り組んでいます。  

さらに,インターネットでも人権相談を受け付けています。相談フォームに氏名,住所,年齢,相談内容等を記入して送信すると,最寄りの法務局から後日,メール,電話又は面談によりお答えします。


子どもの人権110番 インターネット人権相談

子どもの人権SOSミニレター

メッセージ

〜いじめ問題に関する再度の緊急メッセージ〜

メッセージ

平成27年度の子ども・若者白書では,小学生の二人に一人がいじめ被害を受けたことがあるとされています。「いじめ防止対策推進法」が平成25年から施行され,いじめ防止基本方針の作成が国,自治体及び学校に義務づけられました。学校でも早期発見に努めています。しかし,児童生徒間のいじめはより潜在化しており,教員が発見することがますます難しくなっています。インターネットを使った学外でのいじめの場合はなおさらです。痛ましい出来事も後を絶ちません。そこで,改めて緊急メッセージを発信させていただきたいと思います。

いじめをしている人は,ストレスの解消のつもり,遊び半分でやっているのかもしれません。しかし,相手の人を死に追いやりかねません。自分の人生も取り返しのつかないものにしかねません。絶対にしないでください。している人はすぐにやめてください。

いじめを受けている人,いじめを見た人,聞いた人は,私たち,人権擁護委員に連絡してください。

小中学校を通して全国の小中学生に配布した「子どもの人権SOSミニレター」を使って連絡しても,全国共通・無料の「子どもの人権110番」(0120-007-110)に電話してもかまいません。メールも受け付けています。秘密は必ず守ります。

私たち人権擁護委員は,「人権」を取り戻すための仕事に取り組んでいます。いじめを,そして,仕返しをストップさせるために,全国1万4千人の人権擁護委員が全力を尽くします。どうか声をあげて,私たちに助けを求めてください。

保護者の方も,お子さんを護るために,人権擁護委員を御活用ください。

子どもの未来は人類の未来なのです。この未来を希望に満ちたものにしたい。これが私たちの願いです。

平成27年7月24日 全国人権擁護委員連合会

学校等における体罰問題に関するメッセージ

メッセージ

殴る,蹴る,長時間の正座を強いて苦痛を与える等の体罰は,法律で禁止されています。愛のムチ,指導のつもりで行う人もいるのかもしれませんが,人間の尊厳を損ない,ときに身体に重大な障害を与えるだけでなく,子どもの成長発達に悪影響を及ぼし,精神的に追い詰めることにもなりかねません。生涯,消えることのないトラウマを残し,暴力容認の風潮を助長することにもなります。

体罰は絶対にしないでください。体罰を受けている人,体罰を見た人,聞いた人は,私たち,人権擁護委員に連絡してください。秘密は必ず守ります。

小中学校を通して全国の小中学生に配布した「子どもの人権S0Sミニレター」を使って連絡しても,全国共通・無料の「子どもの人権110番」(0120−007−110)に電話してもかまいません。メールも受け付けています。

私たち人権擁護委員は,「人権」を取り戻すための仕事に取り組んでいます。体罰をストップさせるために,全国1万4千人の人権擁護委員が全力を尽くします。どうか声をあげて,私たちに助けを求めてください。

保護者の方も,お子さんを護るために,人権擁護委員を御活用ください。

子どもの未来は人類の未来なのです。この未来を希望に満ちたものにしたい。これが私たちの願いです。

平成25年7月19日 全国人権擁護委員連合会

子ども人権110番

このページの先頭へ