本文へジャンプメニューへジャンプ
長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう,一人一人の人権意識
‐思いやりの心・かけがえのない命を大切に‐ここからメニューです
人権イメージキャラクター
人KENまもる君
人KENあゆみちゃん

ホーム >

ここから本文です

ネットワーク協議会とは?


人権擁護活動シンボルマーク

 人権啓発活動は,これまで法務省の人権擁護機関,都道府県,市区町村など多様な実施主体によって,それぞれ独自に実施されてきましたが,人権問題が複雑化・国際化している今日,啓発活動を一層,総合的・効果的に推進するため,これからの啓発活動を実施機関がお互いに連携・協力して行うため,各都道府県に人権啓発活動ネットワーク協議会が置かれています。

 長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会は平成10年8月27日発足し,現在,長崎地方法務局,長崎県人権擁護委員連合会,長崎県長崎市長崎市教育委員会で構成し,活動しています。

 さらに,この県単位のネットワーク協議会に加え,より地域に密着した啓発活動を実施するため,地域人権啓発活動ネットワーク協議会を設置し,現在5つの地域人権啓発活動ネットワーク協議会(長崎地域人権啓発活動ネットワーク協議会諫早・島原地域人権啓発活動ネットワーク協議会佐世保・平戸地域人権啓発活動ネットワーク協議会対馬・壱岐地域人権啓発活動ネットワーク協議会五島地域人権啓発活動ネットワーク協議会)が活動しています。

このページの先頭へ