文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう、一人一人の人権意識
‐思いやりの心・かけがえのない命を大切に‐ここからメニューです
人権イメージキャラクター
人KENまもる君
人KENあゆみちゃん

ホーム >

ここから本文です

お知らせ

「第40回全国中学生人権作文コンテスト」の実施延期について

本コンテストについては,新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い,令和3年度に延期になりました。

「新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ」

まず,冒頭,人と人との接触を8割削減するとの目標の実現に向けて,外出自粛の要請に応えてくださっている国民の皆様に改めて感謝申し上げます。また,新型コロナウイルス感染症に関連して,昼夜を問わず,最前線で検査や治療などにご尽力されている医療従事者の方々に心からの敬意を表したいと思います。さらに,生活物資の輸送など社会機能の維持に貢献してくださっている方々にも心から謝意を申し上げます。

しかしながら,これらの方々やその御家族が不当な差別的取扱いを受けるなど悲しい事例も報道されています。国民が一丸となって感染の拡大に立ち向かうべきときに,こうした方々を傷付けるような不当な差別や偏見は決してあってはなりません。感染者やその属する施設・機関あるいは、我が国に居住する外国人の方々等に対する誤解や偏見に基づく差別もあってはならないものです。一方で,休業や外出の自粛が要請されている中で,DVや虐待の増加も大きな心配です。私たちは,皆さんの助けになりたいと考えています。

法務省の人権擁護機関では,差別や虐待等の様々な人権問題について,電話やインターネットで相談を受け付けています。配偶者やパートナーからのDVにお悩みの方は,「みんなの人権110番」や「女性の人権ホットライン」に電話してください。インターネットによるメール相談も御利用ください。児童生徒の皆さんは,フリーダイヤル「子どもの人権110番」やスマートフォンからも利用可能な「子どもの人権SOS−eメール」を活用してください。そして,DVや虐待を見聞きした方も,どうぞ私たちにご連絡ください。秘密は守ります。安心してください。一人で悩まずに,どうぞ,ご相談ください。

番号

住民の皆さまへ
みんなの力で差別をなくしましょう

「じんけん自己診断〜こんなときどうする?」を公開しました

 日常生活における何気ない行動や発言が相手の心を傷つけることがないかを考える「じんけん自己診断〜こんなときどうする?」を作成しました。
 それぞれの場面で「自分ならどうするか」を選択し,身近な「人権問題」について一緒に考えてみましょう。

※「じんけん自己診断」特設サイトについては,下記をご覧ください。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/SHINDAN/index.html


このページの先頭へ