文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
奈良県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > これまでの活動 > 人権週間

ここから本文です

人権週間

人権週間とは

国連は、昭和23年(1948年)の第3回総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し、昭和25年(1950年)12月4日の第5回総会において、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー」と定め、加盟国などにこれを記念する行事を実施するように呼び掛けています。我が国では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年から、毎年12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定め、全国的な啓発活動を展開しています。

第69回人権週間行事
 −中学生人権作文表彰式と人権を考えるつどいin五條−

平成29年12月10日(日)に五條市市民会館において,第69回人権週間行事「中学生人権作文表彰式と人権を考えるつどいin五條」を開催し,380名の方々に来場いただきました。

オープニングとして,五條小学校シンボルキャラクター「五夢りん」及び五條市マスコットキャラクター「ゴーカスター」の歌とダンス,五條児童合唱団の歌が披露されました。また,一日人権擁護委員を委嘱した落語家の桂雀太さんによる講演,中学生人権作文の表彰式及び朗読に続いて,五條市立五條西中学校生徒による吹奏楽演奏と,盛りだくさんの内容でした。

当日実施したアンケート調査では,人権の理解を深めるのに「とても役立った」「役立った」と多くの方にお答えいただいたほか,「作文の発表を聞いて,中学生の考え方の素晴らしさを感じました。」「もっと開催してほしい。」などの感想をいただきました。

今回の行事は,一人一人が持っている人権の大切さを広く伝え,感動を残す大変有意義なものになったのではないかと思います。

写真:オープニング

オープニング
ゴーカスター,五夢りんのダンス披露

写真:五條児童合唱団による歌

五條児童合唱団による歌

写真:一日人権擁護委員

一日人権擁護委員
落語家 桂雀太さんの講演

写真:人権作文コンテスト入賞者の記念写真

人権作文コンテスト入賞者の記念写真

写真:五條西中学校生徒による吹奏楽演奏

五條西中学校生徒による吹奏楽演奏

写真:人権イメージキャラクター人KENまもる君 人KENあゆみちゃんも参加しました!

人権イメージキャラクター人KENまもる君
人KENあゆみちゃんも参加しました!

写真:当日は人権擁護委員の活動が展示されました

当日は人権擁護委員の活動が展示されました


このページの先頭へ