文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
新潟県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
各機関のイベント案内
人権擁護委員について
人権擁護委員名簿
人権相談窓口のご案内
活動の予定
新潟県人権擁護委員連合会
人権講演会
子供の人権委員会
人権啓発 フイルムライブラリー
啓発活動の紹介
地域ネットワーク協議会
リンク

ホーム > 子どもの人権委員会

ここから本文です

子どもの人権委員会

新潟県人権擁護委員連合会の委員会として「子どもの人権委員会」があり、各協議会から選出された14名の委員が活動しています。

新潟県では,子どもの自殺や「いじめ」など深刻な問題が多発しています。貧困児童による教育格差,児童虐待など子どもを取り巻く環境は厳しくなっています。子どもの人権委員会では,すべての子どもが幸せな生活を送れるよう「子どもの人権相談」(子どもの人権110番:0120−007−110),SOSミニレターなどに取り組んでいます。

機関誌「にいがた子どもの人権だより」の発行

活動の一端として、毎年1回、「子どもの人権たより」を発行しています。各号県内の小中学校など関係機関に配布しています。内容は子どもの人権を取り巻く各種情報を掲載しています。 最近の機関誌を掲載しております。

小学校6年生には「人権のしおり」をプレゼント

人権のしおり1 人権のしおり2

卒業を控えた2月に、小学6年生を対象に「人権のしおり」をプレゼントしています。
「育てよう やさしい心と思いやり」「つらいとき、ひとりで悩まないで、話してね。」のメッセージと「子どもの人権110番」の電話番号(0120−007−110)を伝えるものです。
中学1年生になったとたん、学習や生活の変化になじめず、不登校やいじめが急増するといった「中1ギャップ」に悩む子どもを支える活動の1つです。


悩みがあったらお電話下さい。一緒に考えましょう。


このページの先頭へ