本文へジャンプメニューへジャンプ
新潟地域人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
構成員の紹介
地域活性化事業
新潟協議会の活動
新津協議会の活動
三条協議会の活動

ホーム >

ここから本文です

その他の市町村の活性化事業

平成29年度の活性化事業は,阿賀町,新津人権委員協議会,新潟地方法務局新津支局の協力で実施されます。

平成30年度は燕市,三条人権擁護委員協議会,新潟地方法務局三条支局で実施の予定です。

阿賀町の実施計画

①新津協議会の「中学生一日人権擁護委員の日活動」に協力。

②人権標語募集

目的人権標語を通じて次の世代を担う中学生に人権の尊重の重要性,必要性について理解を深めてもらい,豊かな人権感覚を養う。
対象町内中学校在籍の生徒
表彰優秀作品は,10月開催の「人権講演会」時に表彰する。

③人権パネル展示

④人権講演会

開催日時平成29年10月15日(日)午後1時〜
会  場阿賀町文化福祉会館大ホール
講  師蓮池 薫さん(新潟産業大学経済学部准教授)
演  題「北朝鮮による拉致の真相と解決への道」

⑤人権教育・啓発学習

平成28年度の三条市の地域活性化事業計画

1 人権講演会(一般市民向け)

平成28年11月12日(土)三条市総合福祉センター多目的ホールにおいて,株式会社アイエスエフネットライフの代表である渡邉幸義さんを講師に招き,「人権尊重の職場づくり〜真の障がい者雇用とは〜」と題した講演会を開催しました。講師自身が会社経営において,障がいを持つ方を多く雇用することに取り組まれていることから,参加者からは,「実例に基づいており,非常にわかりやすく,よい講演だった。」という感想が寄せられました。

また,同会場には,拉致問題,人権擁護委員活動紹介等のパネル展示が行われ,人権課題等についてあらためて考えさせられる機会となりました。

写真:渡邉幸義さんの講演の様子

渡邉幸義さんの講演

写真:護委員活動の紹介パネル

人権擁護委員活動紹介

写真:問題パネル

拉致問題パネル

2 中学校人権教育講演会

テーマ
インターネットと人権〜中学校でのSNS・LINEの現状〜
講  師
敬和学園大学 人文学部 国際文化学科 一戸信哉教授
開催日時・会場
 
開催日時・会場










生徒数
2,611人
その他
全生徒に啓発物品としてボールペンを配布

3 発達障がい講演会(一般市民向け)

テーマ
発達障がい児が発達障がいの特性を持ちながらも生き生きと暮らせる地域づくりを目指し、保育・教育関係者、市民に対し、発達障がい児及びその保護者への理解を深める。
講  師
調整中
開催日時
10〜11月予定
会  場
三条市役所栄庁舎 3階 教育センターホール
定  員
概ね50名

このページの先頭へ

新潟県人権啓発活動ネットワーク協議会