本文へジャンプメニューへジャンプ
新潟地域人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
構成員の紹介
地域活性化事業
新潟協議会の活動
新津協議会の活動
三条協議会の活動

ホーム >

ここから本文です

その他の市町村の活性化事業

平成29年度の活性化事業は,阿賀町,新津人権委員協議会,新潟地方法務局新津支局の協力で実施されました。

平成30年度は燕市,三条人権擁護委員協議会,新潟地方法務局三条支局で実施の予定です。

平成29年度阿賀町人権啓発地域活性化事業実施報

1)中学生による人権標語作品募集

入選作品一覧(応募数:142名、247点)

「思いやり つながれ、ひろがれ こころの輪」
 
阿賀町立阿賀津川中学校2年 齋藤 亜実 さん

「育てよう 個性を認める やさしい心」
 
新潟県立阿賀黎明中学校3年 杉崎 あみ さん

【優秀賞】6名

【入 選】8名

*参加賞として全員に啓発ボールペンを配布

2)人権のつどい

・名称

「阿賀町人権のつどい」
①中学生による人権標語入選作品表彰式
②人権講演会
 講師 新潟産業大学経済学部準教授 蓮池 薫 氏

・期日

平成29年10月15日(日)13:30から

・会場 

阿賀町文化福祉会館 大ホール

・対象

一般町民

・内容

会場では、冒頭、町内中学生から募集した「人権標語」入選作品の表彰式が行われ、最優秀作品をはじめとした代表2名の生徒が表彰されました。

引き続き行われた人権講演会では、現在、新潟産業大学経済学部準教授の蓮池薫氏を講師に招き「北朝鮮による拉致の真相と解決への道」と題して講演。拉致によって24年間にわたり北朝鮮での生活を余儀なくされた悲痛な想い、また今後、北朝鮮に対しどういった取り組みをしなければならないかを聴衆に訴えました。

終了後に行ったアンケートでは、今回の講演会で「人権問題への関心や理解が深まった」という回答が約87%という結果となったことからも、人権意識の高揚について一定の効果が得られました。

拉致問題について講演する蓮池 薫 氏
(写真)講演する蓮池薫 氏

3)人権啓発パネル展

「人権のつどい」開催にあわせて開催されました。

(写真)人権啓発パネル展
拉致問題パネルをみつめる来場者

このページの先頭へ

新潟県人権啓発活動ネットワーク協議会