文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
新潟地域人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
構成員の紹介
地域活性化事業
新潟協議会の活動
新津協議会の活動
三条協議会の活動

ホーム >

ここから本文です

新津協議会の活動

新津協議会

当協議会では,年間を通して様々な啓発活動,委員研修,相談業務等を行っていますが,年度末には全委員でそれらの活動の見直しに取り組んでいます。

法務省は「人権擁護関係予算執行計画策定アクションプラン」によるPDCAサイクルの確立,重点化を図るよう推進しています。当協議会でも活動の実情と問題点を明らかにし,「予算の重点化」「既存事業・活動の見直し」を図り,効果的な活動は更に充実させ,効果の薄い活動については取りやめるなどの措置を行っております。

その一例として,委員による「ピアノと語り人権教室」があります。新津協議会管内の小学校に出向き,ピアノの生演奏の合間に高学年を対象に人権についてさりげなく語りかけるというものです。学校側からも評価され,当協議会のオシ啓発となっています。

また,毎年各小学校で行われる「新一年生保護者会」での通称「鉛筆啓発」と言われる活動があります。祝い品の鉛筆を持ってほぼ全委員が学校に出向き,保護者向けの短い講話をします。内容は人権擁護委員の活動紹介,子育てのアドバイス,いじめ問題について等です。これも当協議会独自の啓発活動です。

当協議会は,新潟市秋葉区,南区,五泉市,阿賀野市,阿賀町から成っています。委員42名(欠員3名)は,何事にも協力的で,チームワークも素晴らしく活動の効果も絶大であることも自慢の一つであると自負しています。

本年度の活動計画
中学生人権作文コンテスト
幼児への啓発
小学校での人権教室
中学生の一日人権擁護委員の活動
街頭啓発
人権キャラバン
人権の花運動
人権週間の活動

平成30年度新津協議会の活動計画

活動計画 実施予定日 主な内容
人権の花運動4月〜9月協議会管内11小学校・2保育園計13箇所で実施
中学生人権作文コンテスト
人権講話
6月〜9月協議会管内21中学校で実施
街頭啓発5月3日(木)阿賀部会「きつねの嫁入り}
(中学生1日人権擁護委員の活動実施)
5月13日(日)五泉部会「ぼたん百種展示園」会場で実施
6月3(日)新津部会「花と遺跡のふるさとフェスタ」会場で実施
6月10日(日)白根部会「白根大凧合戦」会場で実施
6月10日(日)阿賀野部会「瓦ロード,こいのぼり大作戦」会場で実施
幼児人権教室9月4日(火)新津東保育園で実施
9月12日(水)新津第二幼稚園で実施
10月11日(木)五泉市内の保育園で実施
10月中阿賀野市内の保育園で実施
平成31年年1月中白根地区の保育園で実施
小学生人権教室管内小学校の要望で新津協議会管内小学校で
「ピアノと語り人権教室」
人権キャラバン9月28日(金)新潟市立新津第二小学校で実施
新潟市地域活性化事業11月10日(土)「あきは未来フォーラム」
新津文化会館で実施
新潟県地域活性化事業11月23日〜25日阿賀野市「子ども夢フェスタ」
「子ども絵画展」
人権週間の啓発11月25日〜12月10日各部会ごとに活動内容展示
新入学児童保護者向け10月〜平成31年2月協議会管内全小学校で実施
新入学児童に鉛筆贈呈

中学生人権作文コンテスト

平成30年度、新津協議会では22校から3,380編の応募がありました。

新潟地方法務局新津支局・新津人権擁護委員協議会で審査を行い、6編を新潟県大会へ推薦しました。このうち、県立五泉特別支援学校3年山崎葵さんの「私の居場所」が NHK 新潟放送局長を受賞しました。長峰類さん、加藤凜さん、土田咲希さん、小山心結さん、藤木真子さんの作品は優良賞を受賞しました。


氏名学校名学年題名
山崎 葵新潟県立五泉特別支援学校3私の居場所
長峰 類阿賀町立三川中学校3過去の体験を未来につなぐ
加藤 凜新潟市立小合中学校3生きてるだけで百点満点
土田 咲希新潟市立新津第五中学校3私のお姉ちゃん
小山 心結阿賀野私立水原中学校2広まるいじめ
藤木 真子五泉市立村松小学校1いじめは絶対に許されないこと

幼児への啓発

新津部会の活動

平成30年9月4日(火)新津東保育園、9月12日(水)新津第二幼稚園で幼児人権教室を実施しました。

みんななかよし「なかよし劇団」と銘打って、まずは委員全員でのペープサート。出し物は「虹色の魚」です。演者の熱意が伝わり、子どもたちはどんどん話に引き込まれていきます。「お友達と仲よくする」「けんかしない」等々、感じたままを言葉にする子どもたち。小さいけれど、優しい気持ちの種が一人一人の心に芽吹いたように思いました。

人KENまもる君・あゆみちゃんが登場すると大きな歓声が上がり、今日一番の盛り上がりの中、子どもたちは順番にプレゼントをもらい、握手やお礼の言葉で交流が続きます。きっと人KENまもる君・あゆみちゃんのマスコット人形を手にするとき、「みんななかよし」を思い出してくれることでしょう。


新津東保育園


新津第二幼稚園


五泉部会の活動

平成30年10月11日、五泉市立第一幼稚園で、初めての人権教室を開きました。出し物は3つです。

五泉部会全員での素人劇団の演技と声に子どもたちはしっかりと心と耳を傾けてくれました。最初の出し物は「どこがかっこいいのかな」の人形劇。「にわとりがいいよね。」など自由に発言。結局は「みんな違ってみんないいよね。」で幕を閉じました。

次は「子ねこのしろちゃん」の紙芝居です。特に、お母さん猫が子猫に子守歌を歌っている場面では、身じろぎもせずに聞き入っているのが印象的でした。

最後に「人KENまもる君」が登場すると、大喜びでじっと見つめていました。たくさんの質問が出ました。「ぼくたちと同じ5歳だね。」などと納得顔でした。最後にお土産をもらって記念写真を撮っておしまい。五泉市立第一幼稚園の皆さんと、すてきな時間を過ごすことができました。

写真:五泉部会の活動

阿賀野部会の活動

「幼児人権教室」

平成30年10月22日(月)、阿賀野部会8名の委員全員で出湯保育園にお邪魔しました。出し物は指人形、紙芝居、エプロンシアターです。

僅か1回の事前練習でしたが、愛嬌とアドリブでカバー!子どもたちはきらきらした目で大きな笑い声でお話に引き込まれ「人 KEN まもる君」を見て大歓声。「みんな仲よしですか?」「はーい。」の大きな声を聞いて、私たち委員も嬉しくなりました。

写真:大喜びの出湯保育園児たち
大喜びの出湯保育園児たち


白根部会の活動

平成31年1月29日臼井保育園で、1月30日諏訪木保育園で人権教室を 開催しました。今年は新調された幕が好評でした。カラフルで動植物アップリ ケがかわいくデザインされ、子どもたちの目が輝いていました。「ひとりひと りたいせつなこどもだよ」、「みんななかよし」などをみんなで唱和しました。

出し物の後、「人 KEN まもる君・あゆみちゃん」との会話で盛り上がりまし た。一人ひとりにプレゼントのキーボールチェーン「人 KEN まもる君」を手 渡して終了しました。

私たちが玄関を出ると、園庭で遊んでいた子どもたちが寄ってきて、「あり がとう」と握手してくれました。あったかな気分になりました。


臼井保育園


諏訪木保育園


小学校での人権教室

新津協議会独自の「ピアノと語りの人権教室」が今年度も開かれました。

平成29年11月15日(水)には新潟市立結小学校,11月24日(金)に新潟市立新津第三小学校,そして12月6日(水)に阿賀野市立堀越小学校の3校で実施しました。

山川委員によるピアノミニコンサートは,私たちの身近にあるクラシックの曲を通して児童との距離を縮め,心に響く言葉を語ることから始まります。参加した委員にとっては,小学生の頃,音楽の時間などで聴いたことがあるな,と思う曲ばかりで,懐かしく心にしみてきます。子どもたちには,心を優しく明るくしてくれるメロディが流れます。

「世界地図」をみせて「地図の中の日本はどの方向から見ても日本は日本で変わらない。」作曲者の生涯や思いの中から優しい気持ちや苦労を乗り越えた話を語りかけます。クラシックの曲の演奏を通して,子どもたちとの距離を縮め,心に響く言葉を語ります。「うれしい,楽しい,悲しい,ありがとう,ごめんなさい,言葉は心を持っています。」などなど…。

音楽の持つ「力」と子どもたちへの柔らかな「語り」が耳から入り,そして「心」にゆっくりと語りかけます。子どもたちは,山川委員のピアノ演奏と語りを心で受け止めて,いつの間にかピアノ演奏に聴き入り,山川委員の語りにうなずき,心地よさを感じた時間でした。

新潟市立結小学校で
新潟市立結小学校で

新潟市立新津第三小学校で
新潟市立新津第三小学校で



阿賀野市立堀越小学校で

阿賀野市立堀越小学校で


小学校入学児童保護者に対する人権啓発活動

小学校入学児童保護者に対する人権啓発活動

メッセージ入りの鉛筆

新津協議会では設立当初から毎年、管内全小学校の新入学児童に、「なかよし2本組鉛筆セット」にメッセージカードを添えて贈っています。これは、設立当時の常務委員と事務局が、特色ある事業を模索する中で生まれたアイディアです。

配布時には、担当の人権擁護委員が学校に出向き、子育てのヒント、子どもの人権などについて保護者向けに工夫した短い講話を行っています。今では「鉛筆啓発」と呼んで、すっかり定着しています。


中学生の一日人権擁護委員の活動

阿賀町「狐の嫁入り」での啓発活動

平成30年5月3日、阿賀町を挙げての一大イベント「狐の嫁入り行列」が催されました。あいにくの荒れ模様でしたが、8人の中学生への一日人権擁護委員委嘱状を伝達しました。

荒天にも負けず参加していただいた筋金入りの皆さんは、喜んで啓発物品を受け取ってくださいました。中学生も1時間ずっと笑顔で物品を配ってくれました。悪天候でも参加者全員の熱意で充実した啓発活動を行うことができました。

写真:阿賀町「狐の嫁入り」での啓発活動

街頭啓発

「ぼたん百種展示園」での啓発

今年の五泉部会の啓発活動はぼたん園で行ってみましょう。」との計画で平成30年5月13日(日)の午前中に実施しました。当日はあいにくの曇天で、時折雨の落ちる肌寒い日でした。

しかし、五泉市花シリーズの最後を飾る日なので,お子様を連れての若いご夫婦連れの方、熟年のご夫婦連れ、お母様を連れて親子でいらした方、愛犬を連れた方、どの方も快く「はい、ありがとう。」と啓発物品を受け取って下さいました。「人権」を意識していただけたと思います。何事も積み重ねが大切かと感じました。

五泉市ぼたん園入り口での啓発


「花と遺跡のふるさとフェスタ」での街頭啓発

平成30年6月3日(日)に県立植物園で人KENまもる君、人権擁護委員、法務局職員で街頭啓発を行いました。太陽が照りつけてとても暑い日、会場は多くの親子連れで盛り上がりを見せていました。「啓発物品を渡すときは、人権を大切にする言葉を添えてね。」と言われ、人混みの中に入っていきました。笑顔で受け取ってくれる人に会うと気持ちもたかぶります。受け取らない親がいるとその子どもも受け取ってくれません。でも、人権は大切にしてもらえるものと思い、初めての街頭啓発を終えることが出来ました。

新潟市新津植物園での啓発


「瓦ロードフェスティバル」と「こいのぼり大作戦」での啓発

阿賀野市は安田瓦の生産地で有名なところです。それにちなんで「やすだ瓦ロードフェスティバル」と白鳥の飛来湖として名高い瓢湖での「こいのぼり大作戦」が平成30年6月10日(日)に開催されました。当日は知事選と重なり、人権擁護委員4名が投票所での選挙立会人に借り出され、人権擁護委員2名での啓発活動となりました。

最初は「瓦ロードフェスティバル」でのタオルハンカチと啓発用チラシの配布を行い、皆さんから気持ちよく受け取ってもらいました。途中から瓢湖での「こいのぼり大作戦」へ移動して再びタオルハンカチの配布を行いました。終わった後は2人とも汗びっしょりで、お互い労をねぎらい合いました。天候にも恵まれた良い一日でした。


「白根大凧合戦」での啓発活動

伝統300年の白根大凧合戦が平成30年6月7日〜11日に開催されました。

写真:「白根大凧合戦」での啓発活動

期間中延べ約21万人の来場者をカウントしました。

平成30年6月10日にお祭り広場で、白根部会委員が啓発活動を行いました。

毎年委嘱している中学生の一日人権擁護委員は、事情により参加してもらえず、残念でした。

開会式の後、部会長が掲げる桃太郎旗を先頭に「人権擁護委員です。人権尊重、よろしくお願いしま〜す。」の声掛けと啓発物品を配布。

当日は蒸し暑かったこともあり、お客様から「ご苦労様です。うちわをください。」の声がかかり、大盛況でした。


このページの先頭へ

新潟県人権啓発活動ネットワーク協議会