文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
新発田・村上地域人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
構成員の紹介
地域人権啓発活動ネットワーク協議会とは
地域活性化事業
新発田協議会の活動
村上協議会の活動

ホーム >

ここから本文です

新発田協議会の活動

令和2年度 新発田協議会の啓発予定

行事名開催日場所内容
人権の花運動 5月11日(月)
   〜
11月くらいまで
新発田市立猿橋小学校
他 5校に依頼
新発田農業高校の教師、生徒、人権擁護委員が猿橋小学校の児童と一緒に花の苗を植える→中止
人権啓発キャラバン隊の訪問 9月29日(火) 新発田市立藤塚小学校 小学生を対象とした,人権啓発及び人権ハート回収等→中止
こども園向け啓発活動 コロナ感染症拡大防止のため活動予定なし   園児を対象とした指人形劇、園児参加型の手遊びなどの啓発活動
なでしこリーグ・アルビレディースと連携した啓発 5月31日(日) 新発田市
五十公野公園
陸上競技場
来場者に対する啓発物品の配布及びハーフタイムを利用した啓発活動→中止
高齢者向け啓発活動 @12月3日(木)
A11月〜12月
@胎内市産業文化会館
 (やまぼうし大学)
A高齢者福祉施設5か所
@高齢者学級において講話による啓発活動
A花苗配布
一般向け啓発活動 @10月10日(土)
A12月13日(日)
B11月7日(土)
@新発田市カルチャーセンター
A新発田市生涯学習センター
Bいくとぴあ食花
@新発田市ボランティアフェステバル開催時に指人形劇等→中止
A「しばた人権フェステバル」開催時に人権標語・作文の発表・表彰式等→発表・表彰式は中止
B県民のつどい時に活動報告(掲示)→中止
街頭啓発活動 @6月
A7月,10月
@聖籠町さくらんぼ祭り
A胎内市保育園夕涼み会
 胎内市ボランティアフェスティバル
イベントの参加者にうちわ等の啓発物品を配布しての啓発→中止
リーフレット配布啓発活動 9月中 市内の高等学校,敬和学園大学,職業短大,新発田市商工会議所,各地域の商工会 「デートDVって何?」リーフレット配布の依頼

アルビレックス新潟レディースと連携した人権啓発

【今年度はコロナ禍の影響により、残念ながら中止となりました。来年度こそは、従来のように楽しく啓発活動を実施できればよいと考えています。
 以下は、従来の活動風景の紹介です。】

ときに小雨が降る日ではありましたが、新発田市グリーンスタジアムしばたにおいて、11名の人権擁護委員と法務局職員を入れ計14名で啓発活動を行いました。来場者に啓発物品(クリアファイル)を手渡しながら人権擁護のPRをしました。また、午前には人KENまもる君、あゆみちゃんとサポーターとのじゃんけんゲームを行い、これにはレディースの4人の選手も加わり、とても和やかなひとときでした。ハーフタイム時には横断幕「〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜」を掲出し訴えました。もちろん、まもる君、あゆみちゃんも一緒です。
試合は新潟が4対1でマイナビベガルタ仙台レディースに勝利し、ホーム最終戦を飾ってくれました。来年も期待し、大いに応援しましょう。

協議会の人権キャラバン

【今年度はコロナ禍の影響により、残念ながら中止となりました。来年度こそは、従来のように楽しく啓発活動を実施できればよいと考えています。
 以下は、従来の活動風景の紹介です。】

 

人権啓発キャラバンが新発田市立中浦小学校で行われました。

人KENまもる君、あゆみちゃんは子ども達には大人気!ハートのピースは「自分のことも友だちのことも考えて行動しよう」がコンセプトになっていて、無事にハートにはめ込み完了しました。

いじめゼロルールの唱和の後、各学級からの「いじめゼロ宣言の紹介」、全校合唱「世界が一つになるまで」を歌い終了しました。

人権の花運動

新発田協議会管内の小学校7校で5月に人権の花運動を実施しました。今年度はコロナウイルス感染拡大予防の観点から、人権擁護委員が訪問しての植栽はできませんでしたが、児童の皆さんには協力し合って花を育ててもらいました。

啓発活動

人権を大切にする県民のつどい

【今年度はコロナ禍の影響により、残念ながら中止となりました。来年度こそは、従来のように楽しく啓発活動を実施できればよいと考えています。
 以下は、従来の活動風景の紹介です。】

イオンモール新潟南マリンコートで開催された「人権を大切にする県民のつどい」に新発田人権擁護委員協議会は指人形「泣いた赤鬼」で参加しました。会場を訪れた人々に人権を大切にしようと訴えました。会場は大勢のお客さんでにぎわい、館内のいろいろな音声が飛び交っていましたが、音響設備がよかったので、台詞の声がとてもよく聴き取れ、会場の人々にはよく伝わったと思われました。

10月のしばたボランティアフェスティバルのときはマイクを使えず、大変残念な思いをしたので、今回は本当に充実したものとなりほっとしました。指人形の終了後には啓発委員長の高橋委員が新発田協議会の啓発活動の紹介をしました。

人権教室(種をまこう)

令和2年8月26日(水)に胎内市立胎内小学校の4年生50名を対象に実施しました。いじめを題材にした「プレゼント」のDVDを視聴した後、子ども達は登場人物のそれぞれの気持ちを考えることを通して、他人への思いやりの心を持つことの大切さを学びました。

ボッチャ体験

令和2年11月5日(木)に胎内市立黒川小学校で、クラブ活動の一環として 4年生から6年生の児童12名がボッチャの体験をしました。

地元の人権擁護委員がボッチャについての説明の後、二組に分かれて試合をしました。

子ども達は初めて行う競技なので戸惑いながらも、すぐに慣れて歓声を上げ ながら楽しんでいました。

このページの先頭へ

新潟県人権啓発活動ネットワーク協議会