本文へジャンプメニューへジャンプ
岡山県人権啓発活動ネットワーク協議会みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

啓発活動・各種行事

岡山湯郷ベルと連携・協力した啓発活動について

津山支局

平成23年11月13日、津山地域人権啓発活動ネットワーク協議会と岡山県人権啓発活動ネットワーク協議会は、なでしこリーグ「岡山湯郷ベル」に御協力いただき、岡山県美作ラグビー・サッカー場で開催された「岡山湯郷ベルVS福岡J・アンクラス」戦において、人権啓発活動イベントを実施しました。

以下に、当日のイベント内容を紹介します。

サッカー場入口
啓発物品の配布
「人権サポーター宣言」の実施

この日は、試合前に岡山湯郷ベル育成組織である、U-15の選手2名による「人権サポーター宣言」を実施しました。

相手の気持ちを考え、思いやりの心を持った「人権サポーター」になることを、元気な声で宣誓してくれました。

「人権サポーター」宣言
横断幕

人権擁護委員や法務局職員が、横断幕を持って、ピッチを行進しました。人権擁護機関の取組をアピールすることができました。

人KENまもるくんとあゆみちゃん
スコアボード

観客の皆様から非常に好評だった選手の顔写真・サイン入りのハートフルメッセージの掲示です。

ハートフルメッセージ

このページの先頭へ