みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜

ホーム > 啓発活動について > 人権週間・人権デー

ここから本文です

人権週間・人権デー

ポスター:人権週間・人権デー

国際連合は、昭和25年12月4日の第5回総会で、世界人権宣言採択日である12月10日を「人権デー」(Human Rights Day)と定めて、すべての加盟国及び関係機関が、人権擁護活動を推進するための行事を行うことを採択しました。
 我が国では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年から毎年12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定めて、関係機関などとの協力により、広く国民に人権尊重思想の高揚を呼びかけています。

世界人権宣言とは

写真:世界人権宣言パネル

「世界人権宣言」は、人権尊重における「すべての人民とすべての国が達成すべき共通の基準」として、1948年12月10日、第3回国連総会の決議として宣言されました。

世界人権宣言は、基本的人権尊重の原則を定めたものであり、それ自体は法的な拘束力をもつことはありませんが、世界の人々にとって希望と励みの源となっており、この宣言により、人権をも守る動きは大きく進んでいます。