みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜

ホーム > 人権擁護委員とは > 子ども人権委員

ここから本文です

子ども人権委員

いじめは、大人の目につきにくいところで行なわれることが多く、自殺など重大な結果に至って初めて気がつくという例が少なくありません。

そのほかにも、教師による体罰や親による子どもの虐待など子どもの人権問題が数多く発生しています。

そこで、岡山県人権擁護委員連合会では子どもの人権にかかわる問題を専門に扱う「子ども人権委員」を設置しています。

子ども人権委員は、アンケート調査や「子どもの人権相談所」の開設により、常に子どもの人権に関する情報の収集に努めるとともに、PTA、子ども会、婦人会等との連携を深め、子どもが発信する人権SOSをいち早くキャッチし、その解決に努めます。

子ども人権委員名簿一覧
氏名 所属協議会 協議会の連絡先
長吉 鈴子 岡山 086-224-5761
山下 佶子 岡山 086-224-5761
内田 惠子 岡山 086-224-5761
藤原 斌 岡山 086-224-5761
井上 和也 岡山 086-224-5761
真𡽶 貴美子 備前 0869-64-2770
馬場 克子 備前 0869-64-2770
田中 良 倉敷 086-422-1260
能登原 裕子 倉敷 086-422-1260
白神 千加子 倉敷 086-422-1260
片山 典子 倉敷 086-422-1260
守屋 加代子 笠岡 0865-62-5295
伊達 佳枝 笠岡 0865-62-5295
前原 英之 高梁 0866-22-2318
川井 正敏 高梁 0866-22-2318
角野 一女 津山 0868-22-9157
廣P 和子 津山 0868-22-9157
松山 幸雄 津山 0868-22-9157
瀬島 ミチル 津山 0868-22-9157
片岡 知徳 津山 0868-22-9157

詳しくはお電話にてお問い合わせください。

児童の権利に関する条約

条約の主な内容

  1. 18歳未満のすべての子どもを対象とします。
  2. 子どもが人種、性、出身などで差別されてはいけません。
  3. 子どもの成長のために何が最も大切か考慮しましょう。
  4. 両親は子どもを守り、指導する責任があります。
  5. 両親の意思に反して子どもを両親から引き離してはいけません。
  6. 子どもが、自分のことについて自由に意見を述べ、自分を自由に表現し、自由に集いをもつことが認められるべきです。しかし、そのためには、子どもも、ほかのみんなのことをよく考え、道徳を守っていくことが必要です。
  7. 子どもは暴力や虐待(むごい扱い)といった、不当な扱いから守られるべきです。
子どもの権利に関する条約と子どもの人権