本文へジャンプ

高梁・新見地域人権啓発活動ネットワーク協議会みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜

ここから本文です

Question高梁・新見地域人権啓発活動ネットワーク協議会とは?

Answer

平成17年3月1日に岡山地方法務局高梁支局管内に所在する人権啓発活動にかかわる機関等が,連携・協力関係を確立し,同地域内における各種人権啓発活動を総合的,効果的かつ効率的に実施することを目的に発足しました。

Questionどのような機関で構成しているの?

Answer

平成29年4月1日現在の構成員は,下記のとおりです。

  • 岡山地方法務局高梁支局
  • 高梁市
  • 新見市
  • 高梁人権擁護委員協議会
高梁・新見地域人権啓発活動ネットワーク協議会管轄地図

Questionどのような活動をしているの?

Answer
  • 地域に密着した人権啓発活動を実施するための意見交換及び情報交換
  • 岡山県人権啓発活動ネットワーク協議会への情報等の提供と活動への協力
  • 地域人権啓発活動活性化事業を行う市町への支援

などです。


Question平成29年度の地域人権啓発活動活性化事業は?

Answer

【人権スポーツふれあい教室の実施】
①平成29年6月16日,新見市立新見南小学校で岡山シーガルズの選手による人権スポーツふれあい教室を開催しました。
シーガルズの選手によるデモンストレーションから始まり,5,6年生との円陣になってのパス回しや,試合形式のゲームを行いました。選手の皆さんからは,仲間の大切さ,相手の気持ちを考えることが必要など体験談を交えた話があり,チームワークの大切さを学びました。児童から,たくさんの質問がありましたが,すべてに回答をいただき,児童たちは大満足でした。
最後に,人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが登場すると,児童の皆さんは喜んで迎えてくれ,記念撮影をし無事終了となりました。

第22回人権フェスティバル岡山

②平成29年10月16日,高梁市立津川小学校で吉備国際大学シャルム岡山高梁の選手による人権スポーツふれあい教室を開催しました。
まず,児童から選手への歌のプレゼントがあり,とてもすてきな合唱でした。
選手の皆さんからは,キャプテンとしてチームをまとめることの大変さ,チームではお互いを思いやる気持ちが大切なことなど,熱いメッセージが伝えられました。
また,質問タイムでは,好きな食べ物からサッカーが上手くなる秘けつまでたくさんの質問がありました。その後,華麗なリフティングを披露してもらい,ミニゲームを行う中で,児童の皆さんは助け合うとはどういうことか,励まし合うとは何なのかなどを感じたことと思います。
ここでも,人KENまもる君と人KENあゆみちゃんは人気者で,登場すると児童の皆さんは「わあぁ」といって迎えてくれ,記念撮影をして終了となりました。

第22回人権フェスティバル岡山

【人権の花運動】
高梁・新見地域人権啓発活動ネットワーク協議会では,児童が花の種子を,協力しながら育成することを通して,協力,感謝することの大切さを学ぶとともに,やさしい思いやりの心を体得させ人権思想をはぐくむことを目的に「人権の花」運動を実施しています。
平成29年度は,高梁市立津川小学校,新見市立新見南小学校の児童にサルビア,マリーゴールドなどの種子を手渡し,大切に育ててもらうことをお願いしました。
きれいな花を咲かせてくれ,夏休み期間中は地元企業,郵便局等に贈呈するなどし,地域の人々とのコミュニケーションを強め,地域の人々にとっても人権尊重意識を高めるきっかけとなっています。

第22回人権フェスティバル岡山 第22回人権フェスティバル岡山

【人権啓発講演会】
平成29年12月3日まなび広場にいみ大ホールで,三味線談義師の市川聖山さんを講師に迎えて,人権啓発講演会を開催しました。
聖山氏は,三味線談義の創設者です。三味線談義とは,歌と三味線,台詞を自由に操る一人芝居。題材は平安時代の鬼退治から江戸時代の怪談,明治・大正・昭和の人情話,平成の世を風刺した平成笑談義などがあります。
今回の講演では,古来,差別や迫害の象徴であった「鬼」をテーマにして,人を許す心の大切さ,人を信じる心の尊さなどについて話されました。
参加者は,三味線の響きに合わせた臨場感あふれる演出に引き込まれ,大きな拍手を送っていました。


このページの先頭へ

岡山県人権啓発活動ネットワーク協議会