大阪人権啓発活動ネットワーク協議会

大阪法務局・大阪府人権擁護委員連合会の活動

平成23年度の活動結果

第59回(平成23年度)中学生人権作文コンテスト結果

大阪法務局・大阪府人権擁護委員連合会では,次代を担う中学生の皆さんに,豊かな人権感覚を身につけていただくことを目的として,中学生人権作文コンテストを実施しております。
 このコンテストは,昭和27年から実施しており,平成23年度で59回目を数えております。
 本年度は,大阪府内の中学校のうち,152校から26,265編もの応募をいただき,そのうち最優秀賞に5編,優秀賞に7編が選ばれました。
 たくさんの御応募,ありがとうございました。

入賞作品一覧

最優秀賞(5編)
 ※最優秀賞については,作品名をクリックすると,全文が表示されます。

●大阪法務局長賞
八尾市立志紀中学校 3年 トラン・ミ・キム 『私の名前はトラン・ミ・キムです
●大阪府人権擁護委員連合会長賞
八尾市立南高安中学校 2年 赤井 初音 『一生忘れないこと
●NHK大阪放送局長賞
大阪狭山市立狭山中学校 2年 田嶋 日菜子 『私が受けとったもの
●産經新聞社賞
金蘭千里中学校 2年 石原 明日香 『つなげる人権保障
●関西テレビ放送賞
八尾市立東中学校 3年 三栖 桃香 『思いやりのこころ

優秀賞(7編)

富田林市立第一中学校 2年 上角 祐人 戦争をのり越えた友情
 八尾市立八尾中学校 3年 橋本 詩歩 生まれてきて良かった
 大阪府立岸和田支援学校中学部 3年 北原 秀臣 「思いやり」と「尊重」
 富田林市立第一中学校 1年 岡本 大輔 ぼくが思う事
 羽曳野市立誉田中学校 2年 上本 敦司 差別の本当の意味
 柏原市立国分中学校 3年 前川 紗彩 笑顔が増えるといいな
 八尾市立志紀中学校 3年 はま邊 毅 人権

※ 作文を地方自治体等の広報誌(誌)等に掲載を希望される場合や,学校の教材として使用される場合等には,下記に御連絡願います。

〒560-8544
 大阪市中央区谷町二丁目1番17号
 大阪法務局人権擁護部第三課
 Tel:06-6942-9492

「人権擁護委員の日」街頭啓発

実施日:平成23年6月1日(水曜)
場所:京阪電車「天満橋」駅前

大阪府人権擁護委員連合会と大阪法務局は,「人権擁護委員の日」である平成23年6月1日(水曜),京阪電車「天満橋」駅前において街頭啓発を行い,人権擁護委員制度の周知とともに,人権尊重意識の普及高揚を呼びかけました。

当日は,午前中から雨が降り続き,用意した啓発物品を配布できるかどうか心配でしたが,街頭啓発が始まる前に雨はやみました。啓発事業実行委員会の榊原孝司委員長のあいさつ後,啓発活動を始めました。


人KENまもる君,人KENあゆみちゃんのウォークバルーンも登場しました。人KENまもる君,人KENあゆみちゃんの周りには人が集まり,子どもたちと一緒に写真を撮ったりしました。


人権擁護委員の皆さんが,通行中の人に声をかけ,積極的に啓発物品の配布を行った結果,用意していた2,000セットの啓発物品(人KENまもる君・人KENあゆみちゃんストラップ,人権擁護委員周知カード,ナビダイヤル周知カード,東日本大震災に関するチラシ)は,1時間ほどですべてなくなり,多くの方に,人権擁護委員の活動について知ってもらうことができました。


オリックス・バファローズと連携・協力した啓発活動

実施日:平成23年8月13日(土曜)
場所:京セラドーム大阪
入場者:25,133人

大阪府人権擁護員連合会と大阪法務局は,「オリックス・バファローズ」に御協力をいただき,京セラドーム大阪で開催された対埼玉西武ライオンズとの公式試合において啓発活動を実施しました。そこで,ドームに集まった多くの人に人権擁護機関の取組をアピールすることができました。

以下にその内容をご紹介します。

当日は,太陽が照りつける天気となりましたが,人権のブースはドームの陰に入ったこともあり,少し暑さが和らぐ中で啓発活動を行うことができました。

また,入場ゲートそばに設置したブースの前も大勢の人でにぎわいました。


お盆の最中であったこともあって,多くの家族連れや子どもたちが野球観戦に訪れました。

用意していた,子どもの人権110番等の内容を掲載した啓発物品のうちわ5,000枚は,1時間ほどでなくなり,多くの人が,外で試合開始を待っている間にうちわであおいでいました。


途中,人KENまもる君,人KENあゆみちゃんのウォークバルーンが登場すると多くの子どもたちが集まってきました。

人KENまもる君,人KENあゆみちゃんと手をつないで,写真撮影をする光景も見られました。


節電がうたわれる中,ドームの観客席でもうちわは大活躍しました。

あちらこちらでうちわであおいでいる光景が見られました。


ほかにも,試合中には,ドーム内のサイドビジョンで「子どもの人権110番」の周知CMを放映しました!

このCMは,8月12日,14日の公式試合でも放映され,3日間で合計75,755人の観客の皆さんに御覧いただきました。


(表)

また,試合観戦者に配られるパンフレット「BsTIME」の裏表紙に,「子どもの人権110番」の周知広告が掲載されました!

(裏)

このパンフレットは,8月12日 〜8月14日までの間,オリックス の公式試合において,合計65,000部が配布されました!


さらに,今回の啓発活動について,大阪日日新聞に取材していただき,翌日の新聞に,啓発活動に関する記事が掲載されました。

新聞報道を通じて,より多くの人に,子どもの人権について考えてもらえるようになりました。



(C) 大阪人権啓発活動ネットワーク協議会